menu

コンサルティング直後にメモを書く

私はコンサルティング直後にメモを書くようにしています。


最初は、某公的機関での経営指導員の仕事がキッカケでした。
報告書を提出するところまでが仕事の範囲だったからです。

忘れっぽい自分を律するために、
コンサルティングを行った当日中に報告書を提出するようにしました。

すると予想外の効果がありました。


よほど喫緊の課題がない限り、
多くの顧客は、コンサルティングは月に1回の頻度です。

顧客からすれば、コンサルと会っている時間は特別かもしれません。
でも私からすると、数多くの顧客と頻繁に会っているので、
色んな話を聴きすぎて、混乱しそうになることがあります。

そこで事前に報告書を読み返すことを習慣にしました。

前回までの課題は何で、
今回の目標になりそうなことは何か?

そんなことを確認してからコンサルティングに臨むと、
明らかに1回1回の密度が高くなりました。


それ以来、某公的機関のコンサルティングに関わらず、
メモを書くようになりました。

私の個人コンサルティングでは、終了後にメールを送るようにしています。
(サービスとしてフォローアップのメールを送ることを、名言してはいません)

こういうメモを残そうとすることで、
コンサルティングそのものの質も上がりましたし、
上述のように、前回からの流れに、最初から上手く乗れるようになりました。

記憶力の優れた方は、こんなことをしなくても良いのかもしれません。
しかし、書くことによって記憶するタイプの私は、
書くことによって、コンサルティングの質を上げられるようになりました。

顧客と対面している時間以外の活動で
コンサルティングの質を上げられるので、新たに取り組むのも容易です。

なお、備忘録としてありがたい、という顧客からの声をいただいたこともあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

大企業が変わるために提案したい、たった1つのこと

自社(自分)にIoTは関係ないと思っていませんか?

関連記事

  1. 顧客を絞り込むことで期待値を超える

    ここまで数回に渡って、期待値のことについて書いてきました。■まとめますと、顧…

  2. 私の稼動実績(時間の使い方)をシェアします

    毎日、どのくらい働くのが理想ですか?■独立すると、その理想値を決めるのも自分次第です…

  3. 早くも1年の4分の1が終わりますね

    2017年、4分の1が終わろうとしています。年間の目標に、どれだけ近づけているでしょうか?(…

  4. ビジネスの肝は期待値コントロール

    以前、メンターの一人に「ビジネスの肝は何ですか?」と質問したことがあります。…

  5. ノウハウよりも大事なもの

    「渋屋さんのブログとかメルマガって、 具体的なノウハウに行き着く前の内容が多いですよね! 無…

  6. アイデアはなくとも事例は必要

    昨日の記事では、コンサルタントはアイデアを出せなくても良い、と提案をしてみました。…

  7. 仕事分類ごとのメリット・デメリット

    昨日、仕事の分類をご紹介しました。今日はその分類ごとのメリット・デメリットを挙げてみます。…

  8. 商品を作るときの視点

    商品を作るとき、1つ1つの商品に着目することも大切ですが、それ以前にその商品の「位置付け」を…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP