menu

考えるだけで胸がキュッとするイベントがありますか?

今週末から、3年目のトライアスロンシーズンが始まります。
5月14日の横浜トライアスロン。
6月11日の五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)。
7月2日の福岡トライアスロン。

現時点では、この3レースにエントリーしています。
レースを今週末に迎えて、そのことを考えるだけで胸がキュッとします。
そして、そういうイベントがあることを有難く感じています。

 

大人にも発表会は必要

この胸がキュッとする感覚は、例えるなら子どもの頃の発表会のようなものです。
当日まで練習して、本番を迎えたときの、あのドキドキ感。

運動会のとき、進級テストのとき、試験のとき・・
大人になってからは、重要なプレゼンの日などが、それに当たるのかもしれません。
今は子どもの運動会(去年はリレーのアンカーでした)を見たりするのもドキドキですが。

ただ、子どものときの記憶は遠いもの。
できればいつまでもこのようなイベント、それも自分自身のイベントを持っておきたいものです。
仕事でそういうイベントを持てることも幸せですが、仕事以外のところでも持てると、人生がより充実するように思います。

 

バラモンキングという年に1度のイベント

私にとっては、年に1回の五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)がそれに当たります。
今週末から今年度のレースが始まるので、過去2年のバラモンキングなどの記事を読み返しました。

2015年の記事

2016年の記事

これらを読み返すだけで、あのときの想いや感覚が蘇ってきます。
苦しくて辛くて、自分と戦い続ける時間。
応援してくれる仲間の存在がありがたくて、感謝しかなくなる時間。

1年前に大反省したハズですが、まだまだ実力は伸びていません。
一応、去年よりは苦手なバイクを積み上げてきましたが、
ロングに出るようなツワモノから見れば、底辺であることには変わりません。

今年も苦しいレースになることだけは間違いありません。
そういう自分の限界ギリギリを攻める場があるからこそ、ドキドキとワクワクが入り混じって、
胸がキュッとするのではないかと思います。

イベントそのものの対象は変わっていくかもしれませんが、
いつまでも胸がキュッとするイベントを持ち続けて、人生を充実させられたら、と思います。
若くあり続けるためにも(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
五島の前に、去年リタイアした横浜で頑張らねば!
未だに連休中の疲れが抜けません。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

会社員に戻るという選択肢はあるのか?

99%の見えないことで勝負が決まっている

関連記事

  1. 正しい積み重ねができているのか?神奈川ハーフ惨敗から得られたこと…

    昨日、神奈川マラソン(ハーフ)に参加してきました。このレースの特徴は昨日の記事で紹介しています。…

  2. 初マラソン・トライアスロンに挑戦する方へのメッセージ

    平昌冬季オリンピック、盛り上がってますね。個人的には、人の活躍を喜ぶのもいいことですが、それを見…

  3. 初トライアスロン体験記:久米島トライアスロンの特長

    初めてのトライアスロン挑戦となった沖縄・久米島トライアスロン。(スイム:2km、バイク:66km…

  4. 新宿シティハーフマラソンに参加してきました

    久々のランニング記事です。今朝、新宿シティハーフマラソンに参加してきました。過去に応募したこ…

  5. 東京八峰マウンテントレイル体験記と持参した装備&食料

    先日も書きましたが、初めてトレイルランニングのレースに出てきました。レースから1週間…

  6. 月例ランニング@横浜を行いました

    昨日は初めての試みとなるランニングイベントを行いました。場所は横浜。今回は、中小企業診断…

  7. 自分に負ける悔しさ。惨敗、ハーフマラソン

    こんばんは、渋屋です。今日は多摩川 季節のめぐみマラソンに参加してきました。多摩川沿いのコー…

  8. 私がトライアスロンチーム「ポセイ丼」に入った3つの理由

    妻から、「何でそんなに生き急いでるの?」と言われました。昨年末からトライアスロンを始めたばか…

最近の記事

PAGE TOP