ランニング・トライアスロン

LEZYNE「CLASSIC DRIVE 500」を購入、簡単脱着&明るい

昨日はバイク屋さんまで往復ジョグ。約8km。

先日ロングライドしたとき、トンネルが真っ暗すぎて、めちゃめちゃ怖かったんです。
後ろを走ってた人が私を含めて照らしてくれて「明るいライト必須だなぁ~」と。

私のライトはバイク購入時(2014年末)に買ったものなので、非常に暗い。。
安全面でも大切なものですから、買い替えようと思っていたのです。

<スポンサードリンク>



LEZYNE CLASSIC DRIVE 500を購入

買ったのは、LEZYNE CLASSIC DRIVE 500です。
選んだポイントは以下の通りです。

  1. 昼間しか乗らないので、明るさは 400~600ルーメンくらいで十分
  2. ハンドル上、サイコン・DHバーなどで溢れているので、できる限り小型・細身
  3. エアロ(空気抵抗)などを考慮すると、細身で軽量が良い
  4. USB充電ができるもの(電池タイプは手間とコストが掛かる)
  5. 防水だと嬉しい
  6. 同じ明るさ・価格なら、長時間電池が持つもの

最初は「MICRO DRIVE 600XL」 あたりを考えていましたが、実物を見て、より細身な 「CLASSIC DRIVE 500」にしました。

LEDが1つのタイプなので、夜に広い範囲を照らすような用途には合わないと思います。
私は基本的に日の入りまでには帰宅するので、この点の優先度は下げました。

帰宅後、ハンドル上側にマウントしたところ、予想通りDHバー(の肘を置くところ)と干渉したので、ハンドルの下側に設置するようにしました。

LEZYNEのライトは、ベルトがゴムで伸びるので、どこでも設置しやすいです。
トライアスロンバイクなので、ロードバイクとハンドル形状が異なりますが、ゴムなので不安なしでした。
バイクから離れるときも、サッと外せます。

また防水なので、急に雨が降ってきても慌てなくて済みます。

点灯モードと時間

パッケージによると、点灯モードと耐久時間は以下の通りです。

点灯モード 明るさ・耐久時間
BLAST 500 lm(1時間30分)
ENDURO 200 lm(3時間45分)
ECONOMY 100 lm(8時間)
FEMTO 15 lm(40時間)
FLASH1 50 lm(28時間30分)
FLASH2 50 lm(28時間30分)
PULSE 50 lm(31時間)
DAY FLASH 500 lm(11時間)

8パターンもあるので、狙ったものに合わせるのに苦労しそうです(笑)

良いと感じたのは昼間に利用できるDAY FLASHモード。
最大の明るさ(500ルーメン)を含む点滅モードなので、昼間でも目立ちやすいです。
11時間持てば、ロングライドのときも、つけっぱなしにできます。

個人的には、通常時は DAY FLASHで、トンネルなどで BLAST(最大光量)を利用する感じになると思います。

ちなみに重量は95g、フル充電には3時間かかりました。

これでより安全にバイクに乗れると良いですね。
2週間後くらいに、100km超の練習会が入っているので、そこで試したいと思います。

お読み頂きありがとうございました。
新しいモノはワクワクするよね~と、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SNSはこちらです。

Instagram:@shibuya_triathlon
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck