menu

【私の履歴書】現時点(2017.2)におけるキャリア総括

連載で私の過去を振り返る「履歴書」シリーズ。
これまで学生時代から会社員時代までを、キャリアの面で振り返ってきました。
独立後のキャリアについては「こちら(独立後の軌跡)」で書いていますので、ここらで一度、総括してみたいと思います。

 

自分は何者になりたいのか?という大問題

大学院に行くことを諦め、就職を考え始めた学生の頃から、現在に至るまで、
私にとってのキャリアの悩みを一言では「何者になりたいのか?」に尽きると思います。

会社勤めを始めたばかりのとき、転職したとき、管理職になったとき、
中小企業診断士を取得したとき、社内異動したとき、独立したとき、etc

後になればなるほど、この悩みは強くなってきたのでした。
今も悩んでいないわけではありませんが、一定の方向性は見えてきたように感じています。

また、最近強く実感していることは「知らない世界は想像できない」という当たり前の事実です。
私が子どもの頃、データサイエンティストなんて仕事はありませんでした。
そんな概念がない以上、「データサイエンティストになりたい!」という子どもがいないのは当然です。

現在の私も、知らない仕事・知らない世界はたくさんあります。
と言うよりも、知らないことの方が圧倒的に多いのです。
ですから「やりたいことが見つからない」という問題に対しては、
「見つかるまで動き続けるしかない」というシンプルな答えに至りました。

そういう意味で最近は行動量が多少は増えてきましたし、
それに伴ってキャリアの方向性も一定の方向性が見えてきたのです。

 

目の前の問題に対応し続けて、今がある

大きな方向性も定まらないままに、何となくの興味・関心で独立までしてしまいました。
それでも何とか生きているのは、目の前の問題にちゃんと対応し続けてきたからだと思っています。

ある意味での最初の挫折は管理職にされてしまったときです。
技術者として技術を極めるために転職した会社で、技術者としての道を閉ざされれてしまったのですから。

いかにして組織のパフォーマンスを上げるか?
どうやって働きたい・働きやすい職場が作れるか?
という命題に、正面から立ち向かいました。

個人商店の集合体だった組織に標準化の考え方を取り入れ、
プロジェクトマネジメントの文化を取り入れました。
組織を強くするためには経営の基礎を知らなければならない、と感じて診断士を取得しました。

マーケティング部門に異動後は、IT業界・技術全般を俯瞰する必要に迫られて、
ガッツリと学びました。

このように目の前に問題が現れるたびに、
新しいスキルを身に着けながら、必死に対応してきました。
そして気付けば、少しずつ自分の理想とする働き方に近づいているのです。

 

専門性と全体俯瞰のバランス

このように1つ1つの問題に対応しながらキャリアアップしてきたのですが、
もう1つの大きな悩みが専門性を高めるのと、全体俯瞰をすることのバランスです。

「これが専門!」と言い切れるほどの強みが欲しいと心から願う一方で、
ビジネスをする上でのバランス感、全体俯瞰は絶対に失いたくないと考える。
常に綱引きが行われています。

今、もう一度、ITを中心とした技術を基礎から学び直したいと考えています。
しかし、技術に偏り過ぎたくもない。
そういう葛藤があるから、何を?どのくらい?どうやって?学ぶかを迷ってしまうのです。

ただ、この点に関しても一定の答えは出ています。
自分が負荷を感じるくらい学ばなければ、何も身につけることはできません。
ですから、一度は技術者に戻ったくらいのつもりで学ばなければ、何も残らないのではないだろうか。
逆に言えば、技術者になったつもりで学んだとしても、全体俯瞰したい欲望が、バランスを元に戻してくれるのではないか、と感じています。

ですから、学びもできる限り突っ込む。
各分野の専門性が高まっていけば、全体俯瞰するレベルも結果として上がっていくであろう、と。
また、ドラッカーを学び続けていけば、必然的に全体俯瞰するだろう、と。
今はそのように考えています。

最後に、現時点で絶対にブレないと感じているのは

  • 顧客の売上づくりに直接的に貢献すること
  • 顧客と共に成長し続けること
  • 信頼・尊敬する仲間・顧客とともに仕事をすること

などです。

仕事の内容は、今後も変わり続けると思いますが、
ここがブレなければ、どんな仕事をしても、極論は良いと思っています。

 

過去の記事はこちらです。

学生〜新卒入社まで。

新卒入社〜転職まで。

転職後。

初めての管理職。

プロジェクトマネジメントの実践。

中小企業診断士受験から企画・マーケティング部門への異動。

マーケティング部門への異動後。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日コンサルをした会社。
コンサルを始めた1年半前と比較して月商が6倍になりました。
嬉しい限りです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

「うちのエンジニアは高いですよ」と言えるまでの道

企業に価値を伝える表現方法

関連記事

  1. 手法の前に思考を知る

    水曜日にアジャイル開発の話を聴いてから、そこでの気付きを記事にしてきました。まだ…

  2. 自分は何者か?で目標・行動が変わる

    あいまいな目標では、何事もなされませんよ、ということを書きました。とは言え、やみくも…

  3. 時間密度が明らかに変わってきました

    2月頃から、明らかに時間感覚が変わってきたのを感じています。明らかに詰め込ん…

  4. ハードよりソフトを優先してみたら

    こんばんは、渋屋です。引き続き夏休み中です。今日は徳島県の大歩危を中心に様々な場所を見てきま…

  5. 私が独立以前から悩んできた問題について

    「何によって覚えられたいか?」このブログで何度も書いてきた、ドラッカーの有名な言葉です。…

  6. 経営に必要な両輪[ビジョンとKPI]

    経営をするに当たって、常々必要だなぁ〜と感じるものが2つあります。ビジョンとKPI(Key Pe…

  7. どこを目指しているのか?で結果が変わる

    今日は朝から昼まで友人とお会いし、色んな話をしてきました。独立・起業から始まり、今後のビジネスの…

  8. 技術力は、料理の素材のようなもの

    「当社の強みは技術力です」そう仰る経営者は多いです。私はこのようなコメントをいただいたと…

最近の記事

PAGE TOP