menu

企業に価値を伝える表現方法

コンサルティングなどの企業を支援するサービスを
企業に提示する場合、
鉄板とも言える表現方法があります。


このメルマガをお読みの方は既にご存知!?の通り、
私にはコピーライティングの才能がありません。

本当は気の利いたコメントとか、
目を引くコピーが書けたら嬉しいのですが。

そんな私でも、企業に提案を行い受注できているのは、
この鉄板があるからだと思っています。


それは価値を表現するときに

・Before/After
・PL
・QCD

の要素を入れることです。

Before/Afterは、そのサービスを利用することによって、
前後にどのような変化があるのか?ということ。

PLは損益の変化です。
売上を伸ばす提案なのか?
コストを抑える提案なのか?

QCDは製造業に刺さりやすいメッセージですが、
Q(品質)、C(コスト)、D(納期)を
どのように改善できる提案なのか?ということです。

私のコンサルティングは、基本は売上を伸ばす提案です。
コスト削減は私の領域ではないので、他の方にお任せしています。

ITを導入することでコスト削減や納期短縮に
つながることもありますが・・


企業は組織が大きくなるほど、
意思決定が論理的になっていきます。

逆を言えば、社長の一存(感情)では決まらないということ。

そのようなときには、ここに書いたような切り口で、
誰が協議してもメリット(価値)が伝わるように書く必要があります。

価値が目に見えにくいコンサルティングや研修などのサービスは、
このような切り口を持って、価値を伝えていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

【私の履歴書】現時点(2017.2)におけるキャリア総括

常識人だからこそ、人の常識に振り回されていませんか?

関連記事

  1. 顧客の期待値を超えているか?

    事業を続ける限り、一生、自問し続ける問いです。■コンサルティング、あるいは研修講師や…

  2. スキルを変化させていく力

    士業などの有資格者の弱点の1つに、「スキルへの固執」があると感じています。■皆様も感…

  3. 社長が欲しいのは売上

    中小企業の社長、特に自分で事業を立ち上げた創業社長には、その嗅覚に驚かされることが多々ありました…

  4. スキルアップは仕事ではない

    資格をとってまで勉強する人や、会社以外に大学・大学院・予備校にまで通う人は、本当に勉強熱心で…

  5. 独立して、いくらの売上が必要ですか?

    あなたは、毎月いくらの売上が必要ですか?■セミナーやコンサルティングのときなど、この…

  6. エネルギー枯渇問題

    コンサルティングを続けて、顧客層がより良くなってくるとともにある問題(!?)が発生してきます…

  7. 個別コンサルティングやってます

    先日、「継続の個別コンサルティングやってるんですか!?」と言われてしまいました。すみませ…

  8. 悩みや課題を発見する秘訣

    昨日はお昼と夜、仲間とご飯を食べながら、近況報告や情報交換などをしました。Fさん、Aさん…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP