menu

新しい道具を探す楽しさ:道具を更新していますか?

私は、常に新しい道具を探しています。


ここでいう道具は、

カバンやパソコンなどの物理的なものもあれば、

アプリやWebサービス、あるいはコンサルティングのやり方など、
非物理的なものも含みます。

仕事や生活をより良くしてくれるもの全てを指しています。


先日、どのタクシー会社に電話しても、
車がいないと断られまくってしまったことがありました。

早朝4時台。
一番タクシーの少ない時間帯だったので、
いやな予感はしていたのですが。

アメリカや日本の都心ならUberが使えるのになぁ~と
思っていたら、妻が「LINEタクシー使えば?」と。

早速試してみたところ、5分後にタクシーが自宅前に到着。
より良い道具を知っているかどうかで、本当に生活が変わります。

IMG_8667m

私はこの変わった瞬間が好きなのです。


これは仕事においても同じこと。

例えば私は、コンサルティングのやり方は、
大きくいくつかのパターンを持っています。

そのときの顧客の状態に合わせて、使い分けています。

今までより、より良いコンサルティングができたときは
達成感がありますし、もちろん顧客も喜んでくれます。

余談ですが、士業が行なうコンサルティングは
知識偏重のものが多いと感じています。

専門分野を「教える」ことばかりで、
「コンサルティング」というと違和感を感じるほどです。

士業の方は専門分野を掘り下げるだけでなく、

コンサルティングのやり方、
あるいは傾聴やコーチングなど、

人とどう接するか?についても学ぶと良いと感じています。

新しい「道具」を手に入れると、
毎日が楽しくなります♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

今、稼ぐ仕事と、将来への投資のバランス

中小企業診断士がもっと情報発信をすべき理由

関連記事

  1. ライバルを設定することで、成長を加速する

    他者と競争するよりも、過去の自分に打ち勝つこと。自分らしく生きることを追求するなら、それが基…

  2. 直接営業と間接営業

    昨日は、士業には営業力がない、それが致命的だということを書きました。■では、どうやっ…

  3. 自分の時価総額を考えてみる

    企業には時価総額という考え方があります。■その企業が将来生み出す利益を元に、企業の時…

  4. 客数を増やす必要ありますか?

    こちらの記事で売上を伸ばすには、5つの方法があると書きました。■売上=客数×客単…

  5. 仕事は人の間で流れている

    独立を検討していた会社員の頃、ある方から「仕事は同じ層の人たちの中で対流している」…

  6. 先に価値を届けまくる

    事業を始めたばかりの頃は、あまり仕事が多くありません。どちらかと言えば、時間を持て余…

  7. 情報発信でコンテンツ以上に求められるもの

    私たち士業は、情報発信をするときに、ついつい専門分野について書いてしまいます。■もち…

  8. 4ヶ月で凄まじく変化した人たち

    私はこの4ヶ月、自己探求や自己統合について学んでいました。■まずは基本的な理論を身につけ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP