menu

「雇われない生き方」の次の時代

『フリーエージェント社会の到来』という本があります。


2002年に出た本で、その後、アメリカでは本当に
フリーで働く人が増えたそうです。

日本でも最近はフリーで働く人は増えていて、
その辺りの情報は中小企業白書・小規模企業白書にも
書かれるようになってきました。

いわば、「雇われない生き方」の時代になっているのです。

このメルマガも、見方を変えれば「雇われない生き方」の
実現を支援するメディアとも言えます。
まだまだ「雇われない生き方」を目指す人は増えるでしょう。


ただ、実際にフリーで働いていて感じることなのですが、
そろそろ、「雇われない生き方」の次の時代を
見据えておいても良いのでは、と。

私はチームで動いたときのパワーを知っています。

例えば、先月参加したトライアスロンのレース。
自分ひとりだったら、絶対に途中でリタイアしていました。
仲間がいたからこそ、出し切れたのです。

何か美味しいものを食べたとき、
「ウマっ!!」と皆で感動を分かち合えるのも
周りに仲間がいるからです。
ひとりだったら、そこまでテンションは上がらないでしょう。

感動は、仲間がいれば、それだけ倍増するのです。


そう考えると、「雇われない生き方」が実現した次の時代は、
感動をシェアできる小さなチームの時代が来るのかも。

実際、ひとりでできる仕事には限りがあります。
私自身、各方面の専門家を頼る仕事も多いのです。
ただ、このつながりが専門性だけでなく、
感動のような感情面で、強くなっていくのでは、と感じています。

現実に、凄まじいパフォーマンスを発揮する小さなチームの存在を
目にすることが増えてきたと感じています。
小さな会社の場合もあれば、フリーランスの集まりのときもあります。

7人の侍とか、アベンジャーズのようなイメージでしょうか。

人とつながることによって、ひとりで働くときと比べて、
精神的な自由が損なわれるかもしれません。
その辺りのバランスを取りながら、
時代や個々人は変化していくでしょう。

モノよりもココロの時代だからこそ自己探求を

試験に対する反応で分かる、合格後に活躍する人・しない人

関連記事

  1. 値決めとはセルフイメージとの戦い

    値決めは経営であるとは、稲盛さんの名言だと思います。■さらに付け加えたいのですが、…

  2. 無条件の理想を掲げる

    自分に対しても、顧客に対しても意識していること。■一切の制約条件を抜きにして、ありた…

  3. 勝手にメールを送りつける嫌がらせはしません

    色々なところで人と出会い、名刺交換していると、避けられない「迷惑」があります。■お願…

  4. 先に価値を届けまくる

    事業を始めたばかりの頃は、あまり仕事が多くありません。どちらかと言えば、時間を持て余…

  5. 今日からが新たなスタート

    昨日はフル稼働の1日でした。朝から晩まで、あるイベントの運営。■IT関連企業、製造業…

  6. 価格に自分を合わせて成長させる

    このメルマガでは、自分で顧客を開拓することを提唱しています。他の誰かから仕事をもらうので…

  7. 自分のスキル・経験をカネに変えていく

    このところスキルや経験は本当に大事だと改めて痛感しています。■「スキル」「経験」など…

  8. 年金受給者(年金診断士)とは一緒になりません

    「年金診断士」と呼ばれる人たちがいます。■企業を定年まで勤めた後、中小企業診断士の資…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP