menu

試験に対する反応で分かる、合格後に活躍する人・しない人

一昨日、中小企業診断士 1次試験科目「経営情報システム」に対する問題提起を行ないました。

ちょうど時事ネタだったためか、本ブログにおける1日当たりとしては、過去最高のアクセス数がありました。
それだけ注目している方が多いということでしょう。

一方、試験にて想定外の出来事が起きた後の反応で、
合格した後に活躍する人・しない人が分かってしまうと感じました。

 

想定外の試験に対する反応

「経営情報システム」に関して言えば、とにかく難しすぎると感じました。
詳細は一昨日の記事をお読みいただくとして、
意味のある難しさではなく、方向性を誤った難しさだと思います。

ただ、少なくともITに詳しくない受験生にとっては、
そんな方向性などどうでも良く、「とんでもなく難しかった」という感じでしょう。

そのため、TwitterやFacebookなどを見ていると、
極論言えば、「経営情報システムのおかげで試験に落ちた」、
「だから作問者が悪い」という論調をいくつも見かけました。

ただ、その結論で思考停止に陥ってしまっては、
何の問題解決にもならないのではないでしょうか。

 

試験とは、人が作ったレールの上を走り抜くこと

そもそも論ですが、試験というのは作問者・採点者がいるものです。
士業の場合は、ザックリ言えば、それが国に当たります。
レールを作る側の国と、レールの上を効率良く走ることを求められてる受験生。
この構図が大前提です。

試験に限らず、あらゆる学びは先人達が作った道をトレースすることにより、
効率的に、分かりやすく学ぶことができます。

ですから、試験合格までは作られたレールの上を効率良く走りながら
一定レベルまで達し、合格後は自分で道を切り開きながら、
独自のポジションを確立させていく。
そういう行動が求められているように思います。

私が一昨日のような記事を書いたのは、
既に試験を突破した有資格者(中小企業診断士)であり、
一応、IT関連書籍を出版している、その道の専門家でもあるからです。

作問者に何らかの形でこの記事が目に留まり、
少しでも試験が良い方向に向かえばと思っています。

 

受験生は乗り越えるしかない

私が書いた記事、あるいは別のところでも、上述のような「作問者が悪い」的な
コメントを多々拝見しました。

確かに長年勉強してきた努力が、こんな形で無駄にされるのは、
本当に悔しいでしょうし、腹立たしいでしょう。

しかし、残念ながら受験生は、レールの上を走らなければならない存在です。
問題に文句を言っている時間があったら、
来年、もっと難しくなったとしても対応できるようにするしかありません。

「自責」「他責」という言葉がありますが、
作問者のせいにして(=他責)思考停止になる人は、
仮に合格したところで活躍することはできないでしょう。

活躍する人たちは、皆、自責思考です。
自分の影響力が及ばないところに働きかけても時間の無駄です。
それよりは、自分の影響力が及ぶところ(=勉強する)で対策するしかありません。

「経営情報システム」の他に、今年は「運営管理」「経営法務」が難しかったようです。
3科目もこうなるのが常態化するのであれば、
リスクをさけるためには科目合格者も全7科目を受けた方が良いのかもしれませんね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
アマゾンのKindle Unlimited(読み放題)が危険すぎます。
ついつい余計なものを読みすぎてしまう毎日。。
あ、いや、人のせいにしてはいけないですね(^_^;

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

「雇われない生き方」の次の時代

コンサルティング力と営業力

関連記事

  1. コンサルタントのノウハウをつかむ!『年間報酬3000万円超えが1…

    今回は、経営コンサルタントを目指す方にご紹介したい本についてです。…

  2. これからの企業内診断士にお勧めしたいこと

    私が中小企業診断士の受験を決意したとき、独立することになるとは、夢にも思っていませんでした。受験…

  3. 中小企業診断士の受験勉強、勝負はゴールデンウィークまで!

    1年ほど前に出版した書籍『【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド』昨日、4刷の連絡…

  4. なぜ私が人のキャリア支援を行うのか?

    4月からの私の仕事のテーマの1つが、「キャリア支援」です。なぜ私が人のキャリア支援を行うのか?そ…

  5. 税理士と会計士が消滅した国から学ぶこと

    少し古い記事になりますが、色んな側面から学びを得ることのできる記事があります。大前研一さんの記事…

  6. 受験時代の成績と合格後の活躍は、全く関係ありません

    受験生時代、予備校の教室に入ると、いつも最前列に座っている人たちがいました。いわゆる優等生たちで…

  7. [社長の言葉] コンサルティングの基本

    こんばんは、duckです。先日、とある中小企業の社長とお話しする機会がありました。その企…

  8. 他の中小企業診断士と異なることをしよう

    私は常々、他の中小企業診断士とは異なることをしよう!と考えながら、行動しています。&nbsp…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP