メルマガ:非常識なコンサルタント

士業に欠けているもの

このメルマガを読んで下さる方なので、
既にお気付きのことと思いますが、

士業には致命的な弱点があります。


そうです。営業力が全くないことです。

稼ぐ力とは、

『専門性×営業力』

で現すことができると思います。

専門性は人によって異なります。

税理士・会計士なら、お金のこと。
社労士なら、人のこと。

何れにしても、あなたなりの高い専門性があるでしょう。


ただ、上に示した通り、稼ぐ力は掛け算で表されます。

したがって、営業力がゼロだったら、
どんなに高い専門性を持っていても、稼ぐ力もゼロです。

なかには、ゼロどころかマイナスの人がいます。
士業にはプライドが無駄に高い人が一定数いますから。

顧客が知りたくもないウンチクを長々と語る。
「先生」と呼ばれて、いい気になって偉そうに振る舞う。

気づいていないのは本人だけなのですが、
周りから冷静に見ると、人が徐々に離れていっているのが分かります。
営業力がマイナスといって良いでしょう。

書いていて、私自身、気をつけなければ!と思うのですが、
顧客のためにならない虚栄心は、
さっさと捨て去りたいものです。


話が逸れましたが、上記の掛け算を見てお分かりの通り、
必要なのは営業力です。

既に高い専門性をお持ちの方にとって、
必要なことは専門性を一層高めることではありません。

それも必要ではあるのですが、
ゼロの営業力を少しでも高めた方が、
掛け算が大きくなりますよね。

士業が営業力を身につけると、
さらに良いことがあります。

顧客の営業を支援することができるのです。

士業らしく、科学的なアプローチで顧客の売上を伸ばしていく。
社長は売上を作れる人を最も頼りますから、
あなたへの信頼も、高まることになります。