menu

コンサルタントやセミナー講師に必要な自信

昨日の記事で、セミナー講師ができないなら、
まずは司会などで慣れることをお勧めしました。


まずは「やり方」からお伝えしたわけですが、
現実的には、その前の「あり方」の方が大事です。

そのあり方とは「自分はセミナー講師足り得る人材だ」、
という根拠のない自信です。

これはセミナー講師に限らず、
コンサルタントとしても必要なことです。


世の中のコンサルタント、セミナー講師、
どんな有名人だって、「最初の1回」があります。

今の成功した姿からは予想もできない、
しどろもどろな状態だったかもしれません。

私の初回なんて「ひどい」なんて言葉では
表現できないモンでした。
(収録していなかったのがせめてもの救い。。
 今も成長中なのは変わっていませんが)

でも当時から、自分は講師やコンサルになって良い人間だ、
という根拠のない確信だけは持っていました。

提供できる価値の大きさは分かりませんが、

「全力でぶち当たれば、相手に少しはプラスを与えられるはず」

と考えていたからです。 


もう1つ、セミナー講師をやる前に知っておきたいことがあります。

「プレゼンテーションが上手い必要はない」のです。

ジョブズのプレゼンのように、面白さは不要なのです。
ビジネスブレゼンは、相手に分かりやすく伝わることが最重要です。

むしろ、プレゼンが上手すぎると、
そのパフォーマンスに目がいってしまいがちです。

聴いているときは楽しめるのですが、

「で、結局何だったんだっけ?」

ということになりかねません。

私自身、過去に参加したセミナーで、
何度かそういう目に遭ったことがあります。

講師がプレゼンスキルの高さに溺れた例です。

ビジネスのセミナー講師としては、
そのビジネスにおける知見を、丁寧に・真剣に相手に伝えれば大丈夫です。
別に笑いを取るセンスも不要です。

そう考えれば、自然と自信も湧いてくるのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

どうしてもセミナー講師になれない人は・・

人から学ぶときに気をつけたいこと

関連記事

  1. 仕事分類ごとのメリット・デメリット

    昨日、仕事の分類をご紹介しました。今日はその分類ごとのメリット・デメリットを挙げてみます。…

  2. クラウド会計ソフトfreeeを使い始めてみました

    今日は本題に入る前にご連絡です。3月頃から、退職に向けての引継ぎや、独立の準備を優先していた…

  3. 独立・起業するとき、家族(夫・妻)を安心させるためには?

    私が独立できたのは、単なるラッキーでした。妻の深い理解があったからです。独立する上で、家族(…

  4. 活動基地を持つとラクになる

    フリーランスとしてひとりでビジネスをやっていると、「活動基地」があるとラクになります。■…

  5. パラリンピックを観て気づくイノベーション

    息子がパラリンピックのデイリーハイライトを観ていてふと気づいたことがあります。■イノ…

  6. 自分という商品への想い

    コンサルタントに限らず、サービス業をひとりでやっていると、「自分」が商品であることを痛感します。…

  7. 独立して1ヶ月。振り返って良くなかったこと。

    独立して1ヶ月が経ちました。昨日の記事では、振り返って良かったことを挙げました。今日…

  8. 積極的ポジショントークの勧め

    「ポジショントーク」には、どういう印象をお持ちでしょうか。一般的には、「何かを買わされる」「…

最近の記事

PAGE TOP