menu

仕入れをやめてしまった八百屋の末路

先日、街中を歩いていると
昔ながらの八百屋さんがありました。


置いてある野菜や果物は、
パッと見で、どれも新鮮でおいしそうでした。

小さな店舗でしたが、お客さんも入っていて、
活気のあるお店だなぁ~と。


一方で、このご時勢、廃業に追い込まれる店舗も
非常に多いです。

廃業に行き着いてしまう最初の一歩は、
そのお店が殺伐とすることだと感じています。

店員の高齢化で
整理整頓が出来なくなってしまうのです。

そして、商品に鮮度を感じなくなります。
埃をかぶっていたり。

八百屋が仕入れを止めてしまったらどうなるでしょうか?

鮮度が勝負の食べ物ですから、
実際には仕入れを止めてしまうことはないでしょうが。


私たちコンサルタントは、
アタマの中にあるものの鮮度に気付きにくいものです。

それでも、顧客には分かってしまいます。

「あ、この人はもう、学ぶことを止めてしまったんだな」と。

士業の集まりなどに行くと、
とても偉そうにしている人に出会うことがあります。

過去の実績はすごいのかもしれませんが、
学びや成長が止まっている人でした。

失礼ながら、私はそういう方には興味を持てません。

過去の実績ゼロでも、まだまだ若くても、
何かが好きで、それを強烈な勢いで学んでいっている。

私が一緒に仕事をしたいな、と思うのは、
このようなタイプの方です。

知識や体験の仕入れを止めてしまった
コンサルタントになっていないか?

常に気をつけたいことです。

私が最も衝撃を受けた3人

セールスレターにおける仁義なき戦い

関連記事

  1. 社長が欲しいのは売上

    中小企業の社長、特に自分で事業を立ち上げた創業社長には、その嗅覚に驚かされることが多々ありました…

  2. ライバルを設定することで、成長を加速する

    他者と競争するよりも、過去の自分に打ち勝つこと。自分らしく生きることを追求するなら、それが基…

  3. どうしてもセミナー講師になれない人は・・

    「絶対にセミナー講師だけ嫌だ!」という人がいます。■もちろん働き方は個人の自由で…

  4. 先に価値を届けまくる

    事業を始めたばかりの頃は、あまり仕事が多くありません。どちらかと言えば、時間を持て余…

  5. 成果は誰のものか?

    顧客の成果を我が物顔で自慢されると、同じコンサルタントとしては、引いてしまいます。■…

  6. 「雇われない生き方」の次の時代

    『フリーエージェント社会の到来』という本があります。■2002年に出た本で、その後、…

  7. 普段から出来ないことは本番でもできない

    昨日参加した湘南国際マラソンで痛感したことです。■これまでに何度も何度も感じてきたことで…

  8. 中小企業診断士向けの最も簡単な問題集

    今日は中小企業診断士 受験生の方向けの記事です。■私の知る限り、診断士向けの問題集として…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP