menu

攻めるだけでも、守るだけでも成長できない

経営者には、攻めが得意な人と、守りが得意な人がいます。
私自身は攻めが好き(得意とは言えませんが・・)な一方、ついつい守りを疎かにしてしまいがちです。

創業社長には、攻めが得意な人が多いです。
一方、士業には守りが得意だけれども攻められない、という例が多いように感じています。

企業をしっかりと継続して運営するには、攻めと守りのバランスが必要です。

 

攻めるためには基礎体力が必要

私の経験上ですが、攻めが得意な経営者は勘で動く人が多いように思います。
何らかのデータに基いて攻めるのではなく、いきなり「ここが攻めどきだ!」と突っ込んでいくのです。
新商品・サービスをリリースするときも、イベントを開催するときも、投資を行うときも、あるいは社員を採用するときも。

傍から見ると「えっ!?今ですか?」という感じで始めてしまいます。
おそらく、社員はもっとビックリしていることでしょう。
「また社長が・・」という呆れた声も聴こえてきそうです。

勘はただの当てずっぽうと思われがちです。
しかし、人間が過去から学んできたことを照会しつつ、本能的に判断されたものです。
実はちゃんと過去の経験というデータを活かしているのです。
(余談ですが、この能力は人工知能には当面、追いつかれない人間の能力だそうです)

ですから、致命傷を受けなければ、勘で突っ込んでいくことに問題はありません。
ただ、やみくもに攻めに行くだけでは、あまりに危険です。

過去の経験というデータがなければ、勘はただの無謀にすぎません。
経営者として様々な経験を積み重ねること。つまり基礎体力が必要なのです。

 

守りにはデータが効く

士業に守りが多いのは、データ分析が効くからではないでしょうか。
数字の読み方は勉強している人が多いですので。

  • 新商品・サービスの広告費はどこまでかけられるか
  • あと何年で借金を返済できるか
  • あと何人雇っても良いか

こういうことは、会社の数字を分析すれば、ある程度は答えが見えてきます。
また、国が公開しているデータなどから、業界平均値との乖離なども把握できます。

勘で社員を雇ってしまい、あとから固定費の急増に気づいても、その固定費を削減することは簡単ではありません。
やみくもに組織規模を大きくしたり、多額のお金を借りてしまって後から後悔するよりも、その前にしっかりとデータで判断できるようにしたいものです。

この点、創業社長には苦手な方が多いと感じます。
攻めの方が楽しいので、ついついそちらに惹かれてしまうのでしょう。

 

攻めと守りを統合する

事業を成長させるのであれば、攻めは欠かせません。
その一方で、足元をすくわれないために、守りも欠かせません。

長く続く経営を目指すのであれば、攻めと守りを両立させる必要があるのです。

一人で攻めと守りを良質できるのであれば良いですが、一般的には難しいことです。
お互いを補完できる人と組んで、組織として両立を目指しましょう。

攻めに偏った経営者であれば、守りが得意な士業に補佐をしてもらいます。
そのとき補佐の士業にとって気をつけるべきは、攻めに強い経営者を縛り付けるのではなく、「攻めるために守る」ことです。
攻めるリスクを数字で示すなどして、勘による判断を補足したり、ときには致命傷を負わないようにブレーキを踏みましょう。

守りが得意な経営者であれば、リスクを減らして確実に攻めるのが良いでしょう。
勘で攻めるのではなく、データを活用して攻めたり、攻めるための仕組みをつくり上げることです。
士業やコンサルタントに、私がマーケティングの仕組みをお伝えするのは、このためです。

得意なことを活かして、苦手なことを組織として補う。
経営の基本とも言えますが、攻めと守りについても同じことが言えます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
先週は出張だったり、そもそも調整の週だったのでトレーニングが少なめでした。
今週からまた負荷を上げていく週になるので、上手くやらねば。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

世の中に似たような商品・サービスが溢れかえってしまう理由

情報・データはお金同様の資産である(情報セキュリティのはじめの一歩)

関連記事

  1. IoT時代、良きパートナー開拓が肝になる

    「IoT」という言葉が一般紙などに書かれることが多くなりました。経済産業省が押しまくっているのも…

  2. 「出来る」と「出来ない」は、すごく僅差かもしれない

    何かが「出来る」、「出来ない」の差はとてつもなく大きく感じます。しかし、実はその差はすごく僅差な…

  3. 泥臭い作業を終えた先に見えるもの

    おはようございます。渋屋です。昨日に引き続き、ダイレクトレスポンスマーケティングのセミナーについ…

  4. PDCAをまわせないものは成長できない

    PDCAサイクルをまわせないものは、成長できないのだな。ということを実感しています。&n…

  5. 小学生サッカーから学ぶ組織論

    昨日は息子のサッカー試合で、応援に行ってきました。1試合、全後半合わせて30分なので、あっという…

  6. 「マーケティング=新規顧客獲得」ではない

    「マーケティング」と言うと、すぐに新規顧客の獲得の話だと捉えられてしまうと感じることがあります。…

  7. まず身につけたい情報リテラシーとは #407

    おはようございます。渋屋です。昨晩は久々に仕事で帰宅が遅くなってしまいました。残業癖が復…

  8. ビッグデータ #405

    おはようございます。渋屋です。昨日は金沢まで出張をしてきました。日帰りだったので…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP