menu

情報発信でコンテンツ以上に求められるもの

私たち士業は、情報発信をするときに、
ついつい専門分野について書いてしまいます。


もちろん、専門家ですから、
専門分野について書くことは必要です。

ただ、専門分野の記事だけですと、
教科書を読むのと大差ありません。

顧客から見れば、「その他大勢」と同じ人として
扱われてしまうのです。


何より、顧客は情報発信者に対して構えています。

「変な物を売りつけられるんじゃないか?」

そういう目で、私たち情報発信者を見ています。

あなたが、新しいメルマガを購読するときも、
最初はそういう目を持っていませんか?

私は、間違いなく持っています。


だからこそ、単なる「情報」だけでなく、
あなたという「人間」を見せる必要があるのです。

このメルマガの最初に【活動報告】を書いているのは、
私の活動にリアリティを感じてもらうためです。

ブログにマラソンやトライアスロンの記事を書くのは、
私というキャラクターを知ってもらいたいからです。

顧客にとって、直接役立つ「情報」と、
その発信者である「私(キャラ)」を上手く織り交ぜて、

継続的な情報発信を目指しています。

メルマガ『非常識なコンサルタント』バックナンバー公開します

あなたのめざす影響範囲はどのくらいですか?

関連記事

  1. 賢くなりすぎるリスク(考え過ぎの落とし穴)

    先日、あるところで士業(ほとんどが診断士)が集まっていました。■あるプロジェクトを進…

  2. 商品構成を最適化する

    私が独立を決意したとき、そのことを当時ボランティアで支援をしていた会社の社長に伝えると、…

  3. 売れないのには、ワケがある

    残念な告白です。■残念ながら、私のコンサルティングの顧客全員が、売上をアップさせたわ…

  4. 顧客のことをどれだけ知っているか?

    自分の顧客が誰か?を定義できたら、次に確認すべきは、顧客のことをどれだけ知っているか?…

  5. 1ヶ月にいくら必要ですか?

    先日、ある方と会話をしていたとき、「手取り最低年収で3,000万円ないと、人として生きて…

  6. まだコミットが足りなかった!

    一昨日、起業直後にも関わらず、あっという間に会社員時代の年収を上回る受注を獲得した若者のセミ…

  7. IT企業の支援者育成の場を作ります

    こちらの記事でも書いたのですが、IT企業を支援する仲間づくりを始めます。■…

  8. コンサルティング直後にメモを書く

    私はコンサルティング直後にメモを書くようにしています。■最初は、某公的機関での経営指導員…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP