menu

商売人としてコレがなければ始まらない

事業を始め、軌道に乗せていくために、
「これだけは」と思うことがあります。


それは、「たった1人の顧客を連れてくること」です。

1人の顧客を連れてくることができなければ、
それ以上の顧客を連れてくることはできません。

1人を連れてくるためには、

・その顧客と出会い
・信頼関係を構築し
・自分が提供できる価値を伝え
・相手の興味・関心に応え
・相手が必要としたときに手を差し伸べる

必要があります。


ただ、最初の1人に対して、
これらをゼロから行なうのは大変です。

初めてやるセミナーなどでは、
知り合いに声をかけてきてもらった、ということもあるでしょう。

それが現実的な始め方でしょうし、私もそうしました。
私の周りの方も、事業立ち上げの時期は、
知り合いなどに声をかけているケースを多く見かけます。
既に出会い、信頼関係がある人に来てもらう方が簡単です。

逆に言えば、最初の1人は知り合いだろうが何だろうが、
とにかく連れてくる「覚悟」が必要になります。


これをネットだけで行なおうとすると大変です。
顧客はいつ来てくれるか、分からないからです。

情報伝達の手段としてネットを使うのは良いですが、
私の場合は事業立ち上げフェーズでは、
リアルな出会いも重要視しています。

先日、お会いした方はネットで広告は打っているのですが、
リアルな人との出会いはしていませんでした。

「なかなか初受注に至らない」と仰っていましたが、
理由はリアルに人とお会いすることを拒んでいるからだ、と
感じました。

初受注(初セミナーに来てもらうなど)までに必要なのは
ネットではありません。
むしろ今の人間関係を大事にすること。

最初の1人が来て下されば、感想をいただくなどして、
次のアクションにつなげることができます。

そう、最初の1人が最も大変なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

私がインサイトマップ・セッションを始めた理由

「私には○○しかない」は弱みではなく、圧倒的な強み

関連記事

  1. 公的機関の仕事を選ぶときの基準

    中小企業診断士などの士業は、公的機関の仕事を紹介してもらいやすい立場にあります。■私…

  2. 顧客を絞り込むことで期待値を超える

    ここまで数回に渡って、期待値のことについて書いてきました。■まとめますと、顧…

  3. 公的機関の仕事はすぐに受けられる?

    質問を頂きました。「公的機関の仕事はすぐに受けられるのでしょうか?」という内容です。…

  4. 全てに陰と陽がある

    コンサルタントとして社長と接していると、意見を求められることがあります。「この新規事業、…

  5. 明確な数値(売上)目標を掲げた効果

    1月の目標達成率が約90%に留まってしまった理由。1つは、年初に新しい仕事の立ち上げで思…

  6. 確定申告という無理ゲーを終わらせたい

    この時期、私の周りのフリーランスは確定申告に追われているようです。■私は毎日、自分の…

  7. 新しい仕入れをしていますか?

    ゴールデンウィークの間、今まで参加していたのとは毛色の異なるセミナーに参加していました。…

  8. 気づいてもらうのに必要なこと

    「教えないコンサルティング」シリーズが続いています(笑)■顧客の成果にフォーカスするから…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP