menu

資格を外すと、ビジネスモデルが出来上がる

自分がどんなビジネスをやりたいのか?
独立・起業で最初にぶち当たる壁はここだそうです。

しかし、このメルマガ読者の多くは士業。
一番多いのは中小企業診断士ですが、
その他に、税理士や公認会計士、社労士などの方が
登録いただいています。


この士業というのが、ビジネスモデルを描くのに邪魔をするのです。
既に出来上がっているビジネスがあるからです。

・協会に入って、大先生や先輩についていれば、
何か仕事を振ってもらえるだろう
・今年も予算がたっぷり割り振られたから、
補助金事業に群がっていれば、仕事は得られるな
・あの人と仲良くなっておくと、仕事を紹介してくれるらしいよ

などなど。

こんなことをするをするために、独立を目指したのでしょうか?
少なくとも私には、上司にご機嫌をとっている会社員と
何ら変わりないように見えます。


こんな罠にハマらないようにするためには、

「この資格がなかったら、どうやって事業を設計するだろうか?」

と問うこと。

資格から始めるのではなく、たまたま自分には資格の属性があるというだけ。
資格は使えるところで使うくらいでちょうどいい、と思っています。

同じ資格者と無駄な競争に陥らないために、
それによって安い料金で仕事を請けることにならないために、
顧客にとっては資格者ではなく、あなたとして見てもらうために、

資格から始めるのではなく、あなた自身から始めましょう。

ロールモデルになったり、ライバル視されること

最初のゼロ→イチが最も大変

関連記事

  1. 協会に頼らない世界

    先日、中小企業診断士が集まる機会があり、そこに顔を出していました。皆さんの会話を聴いていて、…

  2. 直接営業と間接営業

    昨日は、士業には営業力がない、それが致命的だということを書きました。■では、どうやっ…

  3. 自分なりの鉄板フレームワークを持っていますか?

    コンサルティングのスキルを上げるなら、何か頼りどころになるフレームワークがあると良いでしょう…

  4. 企業に価値を伝える表現方法

    コンサルティングなどの企業を支援するサービスを企業に提示する場合、鉄板とも言える表現方法があ…

  5. 何よりも中小企業診断士に求められるチカラとは?

    先週行ったセミナーで、質問をいただきました。中小企業診断士でよく言われる仕事の分類、「診る、…

  6. 社長のプライベートを知っていますか?

    以前、社長から突然、妊娠していることを打ち明けられました。■まだ安定期には入っていな…

  7. 診断士がセミナーを自分で主催すべき理由

    こんにちは、渋屋です。「診断士のタマゴ」(実践編)でセミナー講師を行う方法について書いています。…

  8. 嬉しい紹介と厳しい紹介

    前回のメルマガで、紹介には嬉しい紹介と厳しい紹介があることを書きました。■一般的…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP