menu

資格を外すと、ビジネスモデルが出来上がる

自分がどんなビジネスをやりたいのか?
独立・起業で最初にぶち当たる壁はここだそうです。

しかし、このメルマガ読者の多くは士業。
一番多いのは中小企業診断士ですが、
その他に、税理士や公認会計士、社労士などの方が
登録いただいています。


この士業というのが、ビジネスモデルを描くのに邪魔をするのです。
既に出来上がっているビジネスがあるからです。

・協会に入って、大先生や先輩についていれば、
何か仕事を振ってもらえるだろう
・今年も予算がたっぷり割り振られたから、
補助金事業に群がっていれば、仕事は得られるな
・あの人と仲良くなっておくと、仕事を紹介してくれるらしいよ

などなど。

こんなことをするをするために、独立を目指したのでしょうか?
少なくとも私には、上司にご機嫌をとっている会社員と
何ら変わりないように見えます。


こんな罠にハマらないようにするためには、

「この資格がなかったら、どうやって事業を設計するだろうか?」

と問うこと。

資格から始めるのではなく、たまたま自分には資格の属性があるというだけ。
資格は使えるところで使うくらいでちょうどいい、と思っています。

同じ資格者と無駄な競争に陥らないために、
それによって安い料金で仕事を請けることにならないために、
顧客にとっては資格者ではなく、あなたとして見てもらうために、

資格から始めるのではなく、あなた自身から始めましょう。

ロールモデルになったり、ライバル視されること

最初のゼロ→イチが最も大変

関連記事

  1. いよいよ限界値が近づいてきました

    このところ、アポイントという意味ではスケジュールにゆとりがあるのですが、仕事の総量という…

  2. どうしてもセミナー講師になれない人は・・

    「絶対にセミナー講師だけ嫌だ!」という人がいます。■もちろん働き方は個人の自由で…

  3. 5年後の私は、公的機関での業務をやっていないでしょう

    「5年後の私は、公的機関では仕事をしていないだろうな」ある日、ふと思いました。本能で感じたこ…

  4. 診断士のスキルに何をアドオンしますか?

    こんばんは、渋屋です。中小企業診断士の2次口述試験が無事に終わったようです。その前の2次筆記…

  5. 他の中小企業診断士と異なることをしよう

    私は常々、他の中小企業診断士とは異なることをしよう!と考えながら、行動しています。&nbsp…

  6. 楽しくお金の話をできるようになる行動とは?

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(お金の話は明るく楽しく!)では、士業にはお金の話をする…

  7. 士業の世界と、大企業の世界の共通点

    昨日は司法書士の高杉さんとランチミーティング。田園調布のPASTA R1にて。今度ご一緒…

  8. 診断士がセミナー講師を目指す理由

    こんにちは、渋屋です。「診断士のタマゴ」実践編です。今日は診断士がセミナー講師になることをオ…

最近の記事

PAGE TOP