menu

資格を外すと、ビジネスモデルが出来上がる

自分がどんなビジネスをやりたいのか?
独立・起業で最初にぶち当たる壁はここだそうです。

しかし、このメルマガ読者の多くは士業。
一番多いのは中小企業診断士ですが、
その他に、税理士や公認会計士、社労士などの方が
登録いただいています。


この士業というのが、ビジネスモデルを描くのに邪魔をするのです。
既に出来上がっているビジネスがあるからです。

・協会に入って、大先生や先輩についていれば、
何か仕事を振ってもらえるだろう
・今年も予算がたっぷり割り振られたから、
補助金事業に群がっていれば、仕事は得られるな
・あの人と仲良くなっておくと、仕事を紹介してくれるらしいよ

などなど。

こんなことをするをするために、独立を目指したのでしょうか?
少なくとも私には、上司にご機嫌をとっている会社員と
何ら変わりないように見えます。


こんな罠にハマらないようにするためには、

「この資格がなかったら、どうやって事業を設計するだろうか?」

と問うこと。

資格から始めるのではなく、たまたま自分には資格の属性があるというだけ。
資格は使えるところで使うくらいでちょうどいい、と思っています。

同じ資格者と無駄な競争に陥らないために、
それによって安い料金で仕事を請けることにならないために、
顧客にとっては資格者ではなく、あなたとして見てもらうために、

資格から始めるのではなく、あなた自身から始めましょう。

ロールモデルになったり、ライバル視されること

最初のゼロ→イチが最も大変

関連記事

  1. 仕事日をカレンダーに任せない

    独立すると仕事をする日、休む日を決めるのも自分自身です。■年末年始に入ったからと…

  2. 売れないのには、ワケがある

    残念な告白です。■残念ながら、私のコンサルティングの顧客全員が、売上をアップさせたわ…

  3. 独立時の商売ネタに困るのは、いたって普通のこと

    独立したいと考えている人にとって、一番の悩みは「商売のネタが思い浮かばない」ことだそうです。…

  4. 顧客のことをどれだけ知っているか?

    自分の顧客が誰か?を定義できたら、次に確認すべきは、顧客のことをどれだけ知っているか?…

  5. 理想の1日、1週間を描く

    独立したら、会社員と同じように働く必要はありません。いつ働くのか、どこで働くかは、全て自…

  6. 集団の同調圧力に負けない

    連休中に改めて痛感した出来事がありました。■私は集団行動に向いていないのだな、と。…

  7. 学校や資格の勉強を早く卒業すべき理由

    平成27年度 中小企業診断士試験の合格発表がありました。2次筆記試験を突破した時点で99%は合格…

  8. 診断士取得後のキャリアプラン

    おはようございます。渋屋です。一昨日、「通勤講座」を運営するKIYOラーニングさんのお招きで、…

最近の記事

PAGE TOP