メルマガ:非常識なコンサルタント

夢を見せる仕事

ユニバーサルスタジオ・シンガポールに行ったときに感じたことを。

こういうところに来ると、
「夢を見せる仕事」って良いな、と感じてしまいます。


ところで私たちコンサルタントも夢を見せる仕事です。

舞台の上に立って、歌って踊って感動させて
夢を見せるのとは違いますが。

それでも、「夢を見せる」のは、
コンサルタントの大事な仕事だと思っています。

それどころか、夢を見せた上で、
実現・達成可能だと思わせる必要もあるのでは、と。


私自身、様々な方のコンサルティングを受けてきましたが、

夢を見せてもらい、
それが実現可能であると信じさせてもらえました。

少なからず今日までやってこれたのは、
これらの方々のコンサルティングがあったからです。

コンサルタントという仕事に大きな力を感じている
理由の1つです。


ちなみにコンサルタントが見せる夢は、
舞台の上に立つ人のように、その人自身が見せる必要はありません。

クライアントに適切な質問を投げかけること。

そしてクライアントが内観し、
自分の内側に隠れている夢の発見を手伝うこと。

そうやって自分の中から夢を見つけてもらいこともできます。

自分自身が人様の夢になるとか、ロールモデルになるとか、
それができないとコンサルタントになれないと言われると
厳しいですしね。

「夢は顧客自身の中にある」

そのことに気づいてから、私はずいぶんと楽になりました。