menu

コンサルタント独立に必要な3つのモノ

コンサルタントとして独立するとき、
それまでは頼っていた会社の看板がなくなることに気付きます。


個人として仕事を獲得するためには、
2つの選択肢があります。

  • どこかの組織(中小企業診断士協会のような)に仕事を斡旋してもらう
  • 自分で直接顧客を獲得する

士業の資格を持っている場合、前者が上手く活用できるでしょう。
特に実績がない独立直後は、前者で経験・実績と
お金が得られるので、ありがたいものです。

この辺りのことは、このブログ記事で
私の考え方を紹介しました。

 


後者の「自分で直接顧客を獲得する」を実現しようと思うと、
3つのモノが必要になります。

・プロフィール
あなたは誰で、どんな想いを持って事業を営んでいるのか?

・サービスメニュー
あなたが提供してくれるものは何で、
顧客が得られるメリットは何なのか?
それはいくらで提供されるのか?

・顧客の声
売り手のあなたではなく、買い手と同じ顧客は
どのような感想を抱いているのか?


それぞれ、どう書けば良いのか?悩むことが多いでしょう。

プロフィール1つ取ってみても、
例えば「中小企業診断士」しか書かなければ、
当然のことながら、他の中小企業診断士との価格競争に埋もれるのです。

顧客からの信頼や共感を得つつ、
価格競争に埋もれないようなプロフィールが必要となります。

メニューにも同様に気をつけるポイントがあります。

顧客の声は自分でいくら考えても無駄ですから、
アンケートなどで顧客に働きかける業務フローを
作り上げる必要があります。

私の場合は、「じぶん戦略マップ」というものを書きながら、
プロフィールとメニューを自分に合ったものにしていきます。
(セミナーやコンサルティングに参加された方にご紹介しているものと同じです)

「足りない」悩みは「与える」ことによって満たされる

ディズニーをオフィス化してみたら?

関連記事

  1. アイデアはなくとも事例は必要

    昨日の記事では、コンサルタントはアイデアを出せなくても良い、と提案をしてみました。…

  2. コンサルティング直後にメモを書く

    私はコンサルティング直後にメモを書くようにしています。■最初は、某公的機関での経営指導員…

  3. どこを使って売っていますか?

    昨日は、戦略うんぬん以前に、顧客のことをもっと知りましょう。そのために顧客に会い、リサーチし…

  4. 営業できないと避けられないこと

    このメルマガでも、ブログでも何度も書いていますが、士業の多くが「営業ができない」という致命的な弱…

  5. 顧客のことをどれだけ知っているか?

    自分の顧客が誰か?を定義できたら、次に確認すべきは、顧客のことをどれだけ知っているか?…

  6. 新商品・事業のアイデアを出すフレームワーク

    商品やビジネスを企画するとき、何を題材に企画のアイデアをひねり出すか?私は「世の中の変化…

  7. 士業界における致命的な弱点とは

    これから士業を目指す方にとっては残念な記事かもしれません。■私の知る限り、現在の士業…

  8. 私がこのメルマガで作りたい世界

    私は士業を中心に、コンサルティングをビジネスの軸として活躍されたい方を支援するために、こ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP