menu

「足りない」悩みは「与える」ことによって満たされる

突然ですが、「足りない」って感覚、ありますか?
私は物心がついた頃からずっとありました。

 

欠乏感に悩まされていませんか?

「足りない」「もっと欲しい」と感じること。
例えば、こんなことがあるのではないでしょうか?

  • スキルが足りない(あのスキルを身につけたい)
  • お金が足りない(もっと稼ぎたい)
  • 愛情が足りない(結婚したい)
  • ステータスが足りない(誰もが羨むステータスが欲しい)
  • 名声が欲しい(もっと皆に褒められたい)

etc

私がずっと悩まされてきたのはスキルです。
周りを見渡すと優秀な人がワンサカ居るのに、なんで自分はこんなに平凡なんだ。
おそらく中学生くらいの頃から、勉強・運動、
大人になってからは仕事、色んなところで劣等感に悩まされてきました。

欲しいものがあるのにお金が足りなくて泣く泣く諦めたり、
独立の直前直後は、やはりお金に苦労しました。

私は多少の欠乏感は健全だと思っています。
足らないものを埋めようとする行動力の原泉になるからです。

しかし、この欠乏感がときに深い悩みにまで達してしまったことがあります。
これからもあるかもしれません。
そのようなときには、対策と改善が必要だと感じています。

 

求めても、欠乏感は満たされない

「足らない」と思うと、他人に向かって「もっとくれ!」という感情が出てきてしまいます。

もっと褒めてくれ。
もっと買ってくれ。
もっと愛してくれ。
もっと尊敬してくれ。

もっと
もっと・・・

しかし、冷静に考えてみると分かります。
これらは、「もっとくれ」と言って、与えてもらえるものではありません。
言われる側の立場になってみれば、当然のことでしょう。

 

与えることで満たされる

お金も、愛情も名声も、全ては人が与えてくれるもの。
スキルは自分で身につけるものとも言えますが、
誰かから学んだ方が、確実に身につきます。
そういう意味では、スキルですら人から与えてもらうものと言えそうです。

頭のどこかでそれを理解しているから、
短絡的に「もっとくれ」と考えてしまうのでしょう。

最近、ふと気づいたことがありました。

  • 私がお金を与えている人(何かを買っている人)
  • 褒めたり尊敬したりする人
  • 応援したくなる人

こういう人たちは、「もっとくれ」とは対極にいるのです。
つまり、欲しているのではなく、与えているのです。

一番分かりやすいのが「感謝」。
すさまじい成果を上げている人ほど、自分の実績じゃなくて、

「周りの方が居たから」
「出会いに恵まれたから」
「運が良かったから」

「だから感謝」と仰るのです。

これは良く言われることですが、
アタマではなく実感として分かるようになってきました。

編集後記に毎日「感謝!!」と書いていますが、
今まで以上に感謝できるようになってきた感じです。
欠乏感に悩み続けるのではなく、悩むくらいなら、逆に与えてみよう。
そう考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日・今日は、あるコミュニティで合宿中でした。
私は早朝ミーティング後、顧客とのミーティングがあるため離脱しました。
残念ですが、これからの動きに向けて楽しくなってきました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

テクノロジーをどこまで戦略に組み込むか?

コンサルタント独立に必要な3つのモノ

関連記事

  1. 機会を掴むために必要なこと #511

    こんばんは。渋屋です。昨日(機会を逃さない #510)は、目の前に現れた…

  2. いくつの顔を持っていますか? #579

    おはようございます。渋屋です。昨日はあるメーカでセールストレーニングを受…

  3. 実務補習に向けて

    今日はタキプロさんの実務補習セミナーに行ってきました。既にTACの実務補習セミナーに行ってきてい…

  4. ルールを変えてみる #146

    こんばんは、duckです。相変わらず卓球仕事が続いています。チームとして、このままだとジリ貧、という…

  5. 自らの陳腐化

    先日、自分が書いた、同じ部署の若手向けのメッセージを読み返しました。「おぉ~、まぁまぁ良いこと書いて…

  6. 現金がなくなった世界

    先日のこと、あるオフィスビルで待ち合わせをしていた私は、少し早く着いたので、そのビル内にあるコンビニ…

  7. ランニングと子育ての共通点 #614

    おはようございます。渋屋です。昨日は、RUNをサポート頂いているチームア…

  8. ライフプランに時間軸を入れよう #688

    こんばんは。渋屋です。昨日は午後から、息子の保育園つながり3家族で、毎年…

最近の記事

PAGE TOP