menu

ポケモンGOに期待すること

ポケモンGO、流行っていますね。
流行りものには一度は乗っておきたい私ではありますが、
サーバー側が混雑していたためか、3回インストールを試みて、3回失敗したので、
「もういいや」と(笑)。結局、やらないままでした。

とは言え、せっかく社会現象になるほど流行ったのだから、
ポケモンGOから学んだことを、今後にも活かしていきたいものです。

 

AR(拡張現実)が一般市場に浸透しはじめた

私の理解では、ポケモンGOはAR(拡張現実)を広く一般市場に浸透させました。

AR(Augmented Reality:拡張現実)とは、現実世界で人が認識できる情報に、
何か別の情報を加え、現実を「拡張」表現する技術や手法のことです。

例えば、夜空にかざすと星座が分かるアプリや、
お店で商品にかざすとカタログが表示されるような使われ方をしています。

便利な使い方は色々と提案されているものの、
これだけ多くの人が夢中になる形でAR(拡張現実)が使われたのは、
私の知るところ初めてです。

 

ネットがリアルに人を動かすことが証明された

今回のポケモンGO騒ぎで、ネットがリアルの場において、実際に人を動かすことが証明されました。

  • 普段は出歩かない人たちが動いたり
  • 歩きスマホが社会問題化されたり
  • ポケモンが出現するしないで地域格差が叫ばれたり

良いことも悪いことも起きています。
ネット上のクレームを見ると、ポケモンGOを任天堂のゲームだと思っていたり、
(任天堂やGoogleが出資しているNianticという会社のゲームです。)
情報を正しく理解しないままクレームを発している人が多いのが気になります。

何れにせよ、AR(拡張現実)がゲームという形を取ることにより、
実社会にインパクトを与えることが分かったのです。

 

ポケモンGOに期待したいこと

ポケモンGOに直接関係するところで言えば、日本でのダウンロードが開始されてから
どのユーザがどこを動いたのか?という位置情報が、既に数多く入手できたはずです。
これから半年~1年くらいの間に、これら位置情報をどのように活かすのか?
次の動きに期待したいところです。

少なくともマーケティング視点で見れば、情報の宝庫でしょう。
これまでGoogleがAndroidを中心に入手してきた情報とは別の情報が
得られているはずです。

また、今回の騒動で地方にポケモンを!という声を何度もネット上で見ました。
その是非は、ポケモンGOをやっていないので現実的なのかどうか?は私には分かりません。
ただ、安易にポケモンに地方の運命を委ねるようなことは、ロクな結果につながらないと考えています。

ゆるキャラの例を見れば明らかでしょう。
ゆるキャラで成功している地方と、全く効果を生み出せていない地方とでは、その効果は全く異なります。
単に依存してしまったのか?あるいはその活用方法まで常に考え、改善し続けているのか?の違いでしょう。

これだけの人を実際に動かしたポケモンGO。
動かしてしまった以上、今度はそのプラットフォームをどう活用するのか?が楽しみなところです。
アマゾンは自分で商品を売るだけでなく、商品を売買できるプラットフォームになったことで、さらに成長しました。
ポケモンGOに多くに人が集まったことで、同じような発展が考えられるかもしれません。

AR(拡張現実)、位置情報、プラットフォーム化・・・etc

色んな発展が考えられる可能性を示したことが、ポケモンGOの貢献かな、と思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
2日間の両親・息子との家族旅行を終え、今日は普段通りの日曜日です。
私以上に過密スケジュールをこなす息子に脱帽です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

スタートは常に顧客から

独立前に身につけておきたい3つのスキル

関連記事

  1. フィリピンの情報端末

    おはようございます。渋屋です。昨日(フィリピンのITインフラ事情で気にな…

  2. 第4回「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました

    昨日、第4回となる「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました。初参加の2名を加えて、中…

  3. IT(情報通信)中小企業の研究開発を増やしたい

    IT(情報通信)業界は、一般的に他の産業と比べると研究開発費が多い産業とされています。&nb…

  4. 子どもにスマホを持たせるか?の議論が不思議に感じる

    今朝のラジオで「子どもにスマホを持たせるか?」を議論していました。私はこの議論を不思議に感じてな…

  5. クラウドサービスを活用した業務改善、典型的な3つの失敗パターン

    世の中、次々と新しく便利なクラウドサービスが生まれています。これらを活用して成果を上げる組織と、…

  6. ロボットの葬儀が行われる日

    こんにちは、渋屋です。最新号のAERAの特集は介護でした。子どもが居ない人は数多くいらっしゃ…

  7. クラウド上のシステム、他のシステムと連携できる?

    こんばんは、渋屋です。一昨日から、クラウド上でシステムを稼動させるに当た…

  8. IT(情報技術)はETに向かっているのかもしれない

    産業革命以降、最も世の中にインパクトを与えたことは何でしょうか?私はIT(情報技術)だと思います…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP