menu

スタートは常に顧客から

戦略論云々といった小難しいことはさておき、
ビジネスを考える上でのスタート地点は
常に顧客です。


周囲を見ると、現状分析から始めるケースが
多いように感じています。

中小企業診断士協会が運営する実務補習
(試験合格者が資格を付与される前に
 経験しなければならない実務)
においても、SWOT分析から始めようと書かれていました。
私が受けたときの話ですが。

しかし私は、

・顧客は誰か?
・顧客が手に入れたいもの(価値)

が不明確なまま、SWOTや3C分析をやろうとも、
机上の空論に過ぎないと感じています。


売上を伸ばしたい社長、
これから独立したい士業、

様々な方の支援をしていますが、
自分のことや競合のことばかりに目が行ってしまいがち。

しかし、本当にやるべきは顧客をもっと知ること。
そのためには顧客がどこにいるのかをリサーチして、
実際に会いにいく。

既に事業を行なわれている方であれば、
顧客に直接聞いてみるのです。
「なぜ、うちを選んだのでしょうか?」と。

顧客は意外なほど、あっさりと教えてくれますが、
そこから新たな発見があることも少なくありません。


まずは顧客を徹底的に知ること。

それができれば、次の一手は、必然的に見えてきます。
逆に言えば、見えてこないということは、
顧客との対話が少ないということでしょう。

自戒を込めて記事にしてみました。

ふとしたキッカケで、見える世界は変わる

ポケモンGOに期待すること

関連記事

  1. アピールするなら自分の売上よりも顧客の成果

    最近、士業・先生業向けの広告があまりに多くて、目にするのが嫌になってきました。■例え…

  2. コンサルである前に経営者である

    私たちは独立・起業してコンサルティングをビジネスとしている、あるいはしようとしている人です。…

  3. 独立したら自分らしくありたい

    昨日、ブログのタイトルを変えました。■今までは「大きく考え、小さくはじめる」。ずっと…

  4. 覚悟を決めたら楽になった話

    先日、ある顧客に対して、私自身の覚悟を明確に示してみました。■具体的なことは書けませ…

  5. コンサルタント独立に必要な3つのモノ

    コンサルタントとして独立するとき、それまでは頼っていた会社の看板がなくなることに気付きます。…

  6. 会社員に戻るという選択肢はあるのか?

    少し前のこと。私の1年後に診断士合格した仲間が独立しました。■ある公的機関での仕事に…

  7. 夢を発掘するためのコンサルティング

    前回は、夢を見せることはコンサルタントの大切な仕事であることを書きました。■知識や体…

  8. コンサル合戦が面白い

    昨日、仲間5名で集まって、お互いにコンサルティングを行いました。■1回30分とい…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP