メルマガ:非常識なコンサルタント

スタートは常に顧客から

戦略論云々といった小難しいことはさておき、
ビジネスを考える上でのスタート地点は
常に顧客です。


周囲を見ると、現状分析から始めるケースが
多いように感じています。

中小企業診断士協会が運営する実務補習
(試験合格者が資格を付与される前に
 経験しなければならない実務)
においても、SWOT分析から始めようと書かれていました。
私が受けたときの話ですが。

しかし私は、

・顧客は誰か?
・顧客が手に入れたいもの(価値)

が不明確なまま、SWOTや3C分析をやろうとも、
机上の空論に過ぎないと感じています。


売上を伸ばしたい社長、
これから独立したい士業、

様々な方の支援をしていますが、
自分のことや競合のことばかりに目が行ってしまいがち。

しかし、本当にやるべきは顧客をもっと知ること。
そのためには顧客がどこにいるのかをリサーチして、
実際に会いにいく。

既に事業を行なわれている方であれば、
顧客に直接聞いてみるのです。
「なぜ、うちを選んだのでしょうか?」と。

顧客は意外なほど、あっさりと教えてくれますが、
そこから新たな発見があることも少なくありません。


まずは顧客を徹底的に知ること。

それができれば、次の一手は、必然的に見えてきます。
逆に言えば、見えてこないということは、
顧客との対話が少ないということでしょう。

自戒を込めて記事にしてみました。