menu

実績もスキルも足りないのですが、どうすれば、、?

「実績もスキルも足りないのですが、どうすれば良いでしょうか?」

良くいただく質問です。

 

顧客は誰か?

このような質問をいただいたときに、私が最初に感じるのは「顧客は誰か?」という問いです。
私に相談を下さる方の多くは、中小企業診断士・税理士・公認会計士などの士業、
あるいはコンサルタント、コーチ、ITエンジニアなどです。

話を聴いてみると、同業他社と比べて、実績やスキルが足りないと考えているケースがほぼ100%です。
確かに顧客から見れば、実績やスキルがある人に仕事をお願いしたいでしょう。
年間3件しか執刀しない外科医よりも、年間300件の実績がある外科医の方が、安心感がありますよね。

ただ、外科医の場合は実績が最優先事項かもしれませんが、
上記の士業、コンサルタント、コーチ、ITエンジニアの最優先事項は実績でしょうか?
必ずしもそうではないでしょう。

例えば、私が小さな会社の社長だったら、実績豊富だけど気難しい税理士よりも、気さくに相談できる税理士にお願いしたいものです。
難しい経理や会計のことを、専門用語をできるだけ使わず、分かりやすく表現してくれる人の方が嬉しいです。
この前提条件を満たす人が複数居たら、その次に見るのが実績だと思います。

士業から見ると、メインの顧客となる社長は、あなたの専門分野に関しては、素人であることがほとんどです。
つまり、スキルに関しては、資格試験を突破している時点で、あなたの方が上なのです。
同業と比べるから凹むのであって、仕事をする上では、顧客より分かっていれば、それで良いのです。

ちなみに税理士に関して言えば、私が書いた例のような話は、本当に良く聴きます。
記帳代行と決算・税務だけやってくれれば良いと割り切っている社長と、
もっと会社全体に対する提案が欲しいと期待している社長と、大きく2つに分かれます。
私は税理士じゃありませんので、話を聴くだけですが、後者の社長の期待に応えられる人が、
もっと増えれば良いのに、と日々感じています。

専門性を高めることも重要ですが、それ以上に顧客が満足するサービスを提供できるか?
その視点に立てば、実はスキルは既に十分備わっていることが多いのです。
あとは、やるか・やらないか、です。

 

実績やスキルが足らない今だからこそ、できることがある

実績やスキルが足らないと感じている今だからこそ、実はできることがあります。
まだまだ伸びしろのある分野は、素人の視点で学ぶことができるのです。
素人がつまずきやすい点を確認し、どうすれば理解しやすくなるのか?を研究することができます。

これが既に達観してしまっている分野では、素人の視点を持つことができません。
上述の通り、顧客は自分よりも素人であることが多いのですから、
その素人が分かりやすいように伝えることが、サービスの価値となるでしょう。

なお、顧客の社長は実践を積み重ねてきた方々ですから、
素人だからと言って、決して甘く見てはいけません。
むしろ、専門家には無い鋭い視点で質問や意見を投げかけてきます。
実は、それこそが最高の学びになります。

 

動きまくって可愛がられるのは、若いうち

冒頭の質問に戻りますと、「実績やスキルがない」という意見や質問に対して、
「じゃあ、どうしますか?」が私の返答です。

実績やスキルがないから、自分がやりたい仕事を黙って諦めるのか。
実績やスキルの不足を補って、今、自分ができることに集中するのか。

どちらを選ぶのも、その方次第です。
この点に関して、1つ補足をしておきます。

今、自分ができることに集中して、動きまくっていると、
その懸命さに惹かれて応援してくれる人が現れたりします。
ただ、こんな人が現れて可愛がってくれるのも、若いうちかな、と思います。
(あ、ちなみに私はまだ若い側にいると思い込んでいます。。)

自分が頑張っている若手を見て応援したくなるときのことを考えると、
自分より明らかに若かったり、実績が不足していたり、そういう点があるから応援できるんですよね。
これが自分より明らかに年上だったりすると、やや躊躇してしまいます。

だから若いうちに、動き始めた方が良いのです。
で、残りの人生で一番若いのは今日ですから、やるならさっさと動きましょう!と。
色々と書いてきましたが、冒頭の質問をいただいたときの結論は、「早くやりましょう!」なんです(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
支援している社長から連絡をいただきました。
昨年の売上は1年で約3,000万円だったところが、今年は6月末時点で4,000万円を超えたと。
社長、本当に頑張っていますからね。私も見習います。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

セミナー主催、段取りより大切なこと

エネルギー枯渇問題

関連記事

  1. 独立しているからこそ、雇われ仕事と自分の仕事を区別する

    独立して以来、様々な仕事をしています。そのなかでも、雇われ仕事なのか?自分でつくった仕事なのか?…

  2. 企画書のブラッシュアップ #315

    こんばんは、duckです。今朝はバタバタしてしまい、ブログを書くことが出来ませんでした。ようやく一息…

  3. 起業を決意したときに嬉しい仲間達

    こんにちは、渋屋です。今日はたまたま、近い将来の起業を志す複数の仲間とチャットなどで会話する…

  4. 99%の見えないことで勝負が決まっている

    士業だからなのか、こういう商売をしているからなのか、理由は分かりませんが、士業向けの広告が実によ…

  5. 中小企業診断士が独立しても稼げない理由

    独立してから、中小企業診断士にはそれなりに出会ってきました。でも残念ながら、しっかり稼いでいる雰…

  6. 情熱を持てない、没頭できない事業はやらない

    昨日は月に1度参加している定例のセミナー。キレイに昨日も一刀両断されました。前々回、キレイに…

  7. 今、稼ぐ仕事と、将来への投資のバランス

    最近の私の悩みは、今稼ぐ仕事と、将来に向かった活動のバランスをどうするか?です。…

  8. 分かったフリ撲滅運動 #466

    おはようございます。渋屋です。昨日は、一昨年に行われた会社の研修でお世話…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP