menu

【アップグレード!!Vol.10】CCIEを見据えたCCNPの受け方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アップグレード!!ネットワークエンジニア】
            (毎週月曜日発行)2009.04.20 Vol.10
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆INDEX◆
 1.はじめに
 2.CCIEを見据えたCCNPの受け方
----------------------------------------------------------------------
◆はじめに◆
 おはようございます。Ritzです。
 昨日は情報処理試験でした。
 IT業界に関係する方は、なんらかの試験を受験された方も
 いらっしゃるのではないでしょうか?
 私はプロジェクトマネージャに挑戦してきました。
 論文形式の試験は初めてだったのですが、
 時間が足りずに慌てまくってしまいました。
 明らかに準備不足でした、、
 受験されていない方も、秋のネットワークスペシャリスト等、
 目指してみてはいかがでしょうか?
 Cisco試験とは異なった視点で、知識が身につくと思います。
----------------------------------------------------------------------
◆CCIEを見据えたCCNPの受け方◆
 これまで何回か、LAN案件について考えてみました。
 もう少し続きがあるのですが、ここらで少し箸休め的なネタを
 用意してみました。
 突然ですが、Cisco試験と言っても、実はこんなにたくさんの種類が
 あるのをご存じですか?
 http://www.cisco.com/web/JP/event/tra_ccc/ccc/certprog/paths/home.html
 一般的に良く知られているCCNA、CCNP、CCIEは
 『ルーティング&スイッチング』という領域の試験です。
 他にも、『セキュリティ』『ボイス』『ワイヤレス』など
 全部で7つの領域があります。
 その他に『スペシャリスト認定』と呼ばれる資格もあります。
 http://www.cisco.com/web/JP/event/tra_ccc/ccc/certprog/cqs.html
 (個人的には、データセンター系が面白そうです。)
 書店で見かける書籍も、大体は『ルーティング&スイッチング』の
 ものですし、Cisco資格保有者の大部分は、この領域の方々です。
 (私も『ルーティング&スイッチング』以外の領域は保有していません)
 ですので、今回の話についても、『ルーティング&スイッチング』の
 試験について、述べたいと思います。
 お題は
 【CCIEを見据えたCCNPの受け方】
 です。以下、3点について述べたいと思います。
 ○基本的な勉強は日本語でも英語でも良い
 ○問題集は英語で解く
 ○試験も英語で受験する
 ここまで読んで、英語嫌いな方、『ゲッ!!』と思って読むのを
 止めないで下さい(笑)
 実は試験で有利になる、あまり知られていない
 裏ワザ的な情報も入っています。
 では、一つずつ見ていきましょう。
 ○基本的な勉強は日本語でも英語でも良い
 既にある程度、試験範囲についての知識がある方、
 あるいは英語が得意で、知らないことを英語で勉強出来る方、
 躊躇せずに英語のCisco Press等を購入し、勉強すると良いと思います。
 早い段階から、英語で技術のことが理解出来るようになると、
 色々とメリットがあります。
 ・Ciscoのサイトは日本語よりも英語(US)サイトの方が
  情報が早く充実している
 ・他のネットワーク技術関連、IT全般のニュースも英語の方が早い
 ・RFC等、一般的な情報も英語ならば手に入りやすい
 ・技術情報は、基本的に英語で書かれており、
  日本語はあくまでも翻訳である
 したがって、英語で勉強出来る方は、英語で突き進みましょう。
 しかし、ゼロから勉強する方で、英語が苦手な方にとっては
 あまりにも効率が悪くなります。
 そのような場合、基礎をしっかりと固めるまでは、
 日本語書籍などで勉強しましょう。
 ○問題集は英語で解く
 後述しますが、試験は英語で受けた方が良いです。
 (特にBSCI)
 試験本番で初めて英語に触れるのは、あまりに厳しいですから、
 問題集を解く段階から、英語で解くようにしましょう。
 ○試験も英語で受験する
 何故、英語で試験を受けるのでしょうか?
 今回の題目は
 【CCIEを見据えたCCNPの受け方】
 です。CCIEは筆記試験もラボも、全て英語です。
 CCIEは技術的に難しい試験ですが、同時に英語の壁にぶち当たる方が
 多いのも事実です。
 したがって、CCNPの勉強をするときから、英語で勉強・受験することに
 慣れてしまおう!ということです。
 そして、ここからが裏ワザです。
 英語でCCNPを受験すると、得をすることがあります!
 CCNPの必須科目であるBSCIは非常に試験問題が多く、
 時間が足りない試験です。次いでBCMSNも足りないかもしれません。
 しかし、我々日本人が英語で受験をする場合、
 試験時間が30分追加されるのです。
 90分では時間が足りない試験も、120分あれば、何とかなるでしょう。
 私も実はひょんなことから、1年ほど前にBSCIを受けたのですが、
 日本語で受験していたら、絶対に時間が足りませんでした。
 全問題を解き終わるまで、105分程かかりました。
 しっかり試験に合格するためにも、CCIE受験に向けて準備を
 するためにも、英語でも勉強と受験、おススメです!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<今号のポイント>
 ○CCNPの勉強は出来る限り英語で行う
 ○CCNPの受験は英語で行うとお得!!
 ○CCIEは全て英語、CCNPの段階から準備をしておこう
 今回(Vol.10)の内容はいかがだったでしょうか。
 是非、こちらまでご意見をお願い致します。
 http://form.mag2.com/thapitraph
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
 今回の紹介は試験対策です。
 ONTの試験準備は、この本がおススメです。
 ●徹底攻略 Cisco CCNP ONT 問題集 [642-845J]対応
 http://www.amazon.co.jp/dp/484432425X/ref=nosim/?tag=ritz0c-22
 いわゆる黒本。問題集なのに日本語です(本文と矛盾していますが、、)
 試験では、この本に含まれている問題に近い問題がたくさんでます。
                                 [PR]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆編集後記
 試験対策に特化し過ぎるのは、本質から外れるので、
 あまり好きではありません。
 ただ、何かの資格を持っているか否かで、人が自分を見る目が
 変わってくるのも事実。
 昨日受験したプロマネも、試験対策をおろそかに
 し過ぎたための、時間切れだったと思います。
 受験する以上は、もっとその試験を知るべき、と反省しました。
 そんな気分の中、今日はCCNP対策でした。
 ご購読、ありがとうございました。

【アップグレード!!Vol.9】LAN案件で管理・調整能力を身につける

【アップグレード!!Vol.11】案件の全体を把握しよう

関連記事

  1. 準備8割 #157

    こんばんは、duckです。中小企業診断士、実務従事の3社目が終わりました。3社目なのに、私のプレゼン…

  2. 新たな活動!?

    こんばんは、duckです。ここ最近、色んなことが動き出しました4月から新たに色んな経験が出来ると思う…

  3. レスポンス #195

    こんにちは、duckです。昨日は診断士関連の仲間と飲み会でした。朝、4:30起きだったので、夜が長い…

  4. 自責(その2) #167

    こんばんは、duckです。今朝ジョギングしたら、ブログを書く時間が無くなり、またいつも通りの夜に戻っ…

  5. モチベーションは下がらない #260

    おはようございます。duckです。今朝は久しぶりに寝坊をしてしまいました。何とか早起き生活を維持する…

  6. 表現力の改善 #239

    こんばんは、duckです。今日は法事で妻の田舎に帰省しています。明日は田舎の近くで遊ぶ予定だったので…

  7. 【アップグレード!!Vol.82】Brocade One

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【アップグレード!!ネットワ…

  8. 知識は単なる知識

    昨日・今日と2日間、会社の研修でした。全部で4回やるうちの3回目。次回は1月に実施。そして2月には…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP