menu

オススメ!大人の合宿!!

子どもたちを見ていると、合宿があったり、遠足があったり、
普段の学校とは別の、変化をつけるイベントが多々あります。
普段とは異なるイベントを通じて、彼らは何かを学び、成長しているのでしょう。

一方、大人の私たちはどうでしょうか?

 

大人も合宿に行こう

子どもを連れて、家族で旅行をする人は多いと思います。
それはそれで、色んな体験を家族で共有する、素晴らしい時間です。

ただ今回オススメしたいのは、親としての旅行ではなく、
私たちが子どもだった頃のように、刺激的な合宿&遠足です。

ここで「合宿」の定義を確認してみましょう。
合宿(がっしゅく)は、同じ目的の学習や訓練、研修などを1ヶ所(または複数)の宿舎等に宿泊しながら一定の期間行うこと。(Wikipediaより)
だそうです。

「同じ目的」を持つことが必要なんです。
で、学習や訓練などを行うと。
これを会社から強要されるとゲンナリしますが、自主的にやると、とても楽しいことになります。

 

メンバーの多様さから学ぶ

私が最近、参加した合宿と言えば

  • 2015年3月、久米島トライアスロン
  • 2015年5月、バイク合宿(南房総)
  • 2015年6月、五島トライアスロン

です。いい大人になってから、家族以外の人たちと、1つの部屋で過ごす経験は稀でしょう。
子どもの頃と異なるのは、参加者の多様性です。

子どもの頃は、周りの友達は、多少の習慣の違いはあれど、大体同じ環境で過ごしています。
合宿や遠足では、友達から学ぶというよりも、協力することにより学ぶことが多かったのでは、と感じています。

一方、大人の合宿はメンバーが多様になります。
生活習慣も考え方も、その人生経験に比例して多様化していきます。
年齢も職業も、会社員もフリーランスも社長も、異なる人たちが集まるのです。

上記3つの合宿は、トライアスロンチーム「ポセイ丼」のメンバーと行っています。
(3月の久米島のときは、みよっしーの奥様も同じ部屋で過ごしました)
色んな人たちが集まって、数日を共に過ごすだけで、色々な学びがあります。

単純に、こんな風に肉を食すのも、

11041519_759660744152042_4059637297775331416_n

鉄板焼きを囲むのも、

IMG_4954

楽しいものです。

 

皆で協力し、同時に切磋琢磨することから学ぶ

そして、合宿の真骨頂はこちらです。
レース完走という共通の目的を達成するための作業です。

バイクを組み立てる仲間達。

IMG_0756-1024x768

困ったことがあれば、共同作業して助け合います。
(このときは、どうしようもなくなって、メカニック行きになったのですが)

IMG_5443

そしてレース。
円陣を組んで掛け声を張り上げるなんて、何10年振りでしょうか。
学生のとき以上に、心が震える一瞬です。

IMG_4961

レース中も、仲間とすれ違うときには、声を掛け合います。
お互いを応援しつつ、心のどこかではお互いに負けたくないという気持ちを持って、
切磋琢磨しているのです。

そうやって共通の目的に向かい、共に戦った仲間たちは、
子どもの頃の合宿以上に、固い絆で結ばれることになります。
お互いの、最も苦しいとき、それを乗り越えるときを知っているので、信頼感が生まれるからです。

目的がトライアスロンである必要はないのですが、
何か共通の目的を持って行う「大人の合宿」、オススメです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
昨日は、早朝ラン、午後はジムでバイクトレーニング、夕方は家族でスイミング。
トライアスリートらしい1日でした(^_^;
今、バイクが自宅にないので、ジムのトレーニングに参加したのですが、これがかなりヤバく。。
たった40分で、あり得ないほど追い込まれました。今日は激しく筋肉痛です。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

横浜の企業を元気にしたい

ITの利用(技術進化)と人間性の両立をはかろう

関連記事

  1. 「習慣」を捉えなおす #656

    おはようございます。渋屋です。昨日は経営人倶楽部に参加してきました。…

  2. これからやること

    なんだか、これからやることを整理している人が多いので、私も■すぐにやること・パソコン買う実務補習でも…

  3. 【ペース走】本番レースのペースを決める練習方法

    こんばんは、渋屋です。週末恒例?のランニングネタです。あなたは、ランニングの練習で何種類くら…

  4. 人は慣れ、そして惰性になるからこそ、イベントを立てる

    人は成長し、大人になるにつれて、新しいチャレンジをしなくなります。そして変化のない日常に慣れてい…

  5. 自責 #166

    おはようございます。duckです。昨日に引き続き、『7つの習慣』から気付いたことを。その前に、本書の…

  6. 文系と理系?もはや死語と考えましょう

    私は昔から「専門家になりたいのになれない」という切実な悩みがありました。少しずつ書き進めている「…

  7. 何事にも陰と陽があることを知る

    このところ深く考えさせられていることがあります。「何事にも陰と陽がある」さらには、陽…

  8. バイクから最後のランへ。残り42.2km【バラモンキング2015…

    6月14日に行われた、五島長崎 国際トライアスロン(スイム:3.8km、バイク:180.2km、ラン…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP