menu

SEOとは何か?を根本からとらえなおす、『10年つかえるSEOの基本』

昨日に引き続き、書籍の紹介です。
今回はSEOという言葉の印象を根本から変えてしまう本をご紹介します。

 

『10年つかえる』と言い切る理由

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化のことです。
言葉のまま捉えるならば、自分(自社)のホームページを、
何らかのキーワード検索に対して、上位に表示させようとすることを示します。

検索エンジンの激しい変化に合わせて、SEOも変化することから、
『10年つかえる』という言葉に、強烈に惹かれて予約していたのです。

SEOという言葉の定義から変えてくれる

この本を読むと、SEOという言葉の定義から覆してくれます。
今まで一般的に言われていたSEOとは、本書によれば、「ブラックハットSEO」。
SEOの悪い面が強調されてしまっています。

それよりも、基本を理解して、テクニックに拠らない根本的な考え方を学ぶことができます。
実際には、根本的な考え方を学んだ上で、テクニックを学ぶ必要もでてくるのですが、
順番が大事(最初からテクニックに走らない)なことが分かれば、十分でしょう。

100ページ強しかなく、1~2時間もあれば、読み終えることが可能です。
だからと言って、内容が浅いわけではありません。
何事も本質というのはシンプルなものです。
その本質を、ゆっくりと諭すように教えてくれます。

 

SEOの基本を少しだけ

私たちが検索エンジンを利用するのは、何かの情報を探しているからです。
検索エンジンにとっての理想形は、私たちユーザが探している情報に
簡単にたどり着けることです。

ホームページやブログを書く側にとっては、

  • ユーザが知りたいと思うコンテンツを準備する
  • そのコンテンツの存在を検索エンジンに分かりやすく伝える

ことが出発点になります。
価値あるコンテンツも準備できていないのに、何かのキーワードで
上位に表示されるよう、テクニックを駆使することではないのです。

その他、基本として押さえておきたいことが書かれています。
私も少しずつ、本書に書かれていることを実践していこうと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
今日は久しぶりに大学の後輩達と会うことができました。
みんな元気そうで何よりでした。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

日本人のルーツを知る『日本のこころの教育』

IT導入と業務プロセス変更をセットで考える

関連記事

  1. 忘れてはいけない営業のカタチ

    営業本はあまり読まないのですが、間接的に存じ上げている方でもあり、気になったので読んでみました。…

  2. 「商人道」を学ぶ『「商い」で成功した江戸商人 「ビジネス」で苦し…

    欧米型「ビジネス」を学ぼうとするほど、何か自分の中に違和感を感じる。そんなことありませんか?…

  3. 『フリーランスのための一生仕事に困らない本』 著者セミナーに参加…

    こんにちは、渋屋です。昨日は公私ともども、お世話になりまくっている井ノ上さんのセミナーに参加して…

  4. LPIC Level 1取得のために

    この本だけで、LPIC Level 1を1発合格しました。Linux教科書 LP…

  5. 経営者が押さえておくべき「価値」の本質

    経営者にとって、「価値とは何か?」は非常に大切な問題です。企業価値は重要ですし、顧客に提供する価…

  6. 『あたらしいWebマーケティングの教科書』は簡単ながら、骨太です…

    おはようございます。渋屋です。Webを使ったマーケティングと言えば、ホームページやブログ、メ…

  7. マーケティング戦略から実践まで学ぶためにオススメする7冊(+α)…

    どんなビジネスを行う上でも避けられないのが「売ること」。今回は私がオススメするマーケティング関連…

  8. 弱い自分に「ゼロ秒思考」で立ち向かおう

    こんにちは、渋屋です。ようやく風邪のピークを越えたようです。つらさが半減してきました。明日、明後…

最近の記事

PAGE TOP