menu

ひとり社長の経理の基本(から奥義まで)

おはようございます。渋屋です。

 

出張で、アメリカ・サンノゼに来ています。

 

IMG_2988

 

陽射しが暑いのと、時差で弱り気味です。。

 

今日は、ランニングやブログを初め、多くの点でいつもお世話になっている井ノ上さんが出版された著書『ひとり社長の経理の基本』のご紹介です。(出版されて1ヶ月も経ってのご紹介となってしまいました。。。)

 

本書のポイント

ひとりで事業を営んでいる社長は、とにかく忙しいです。

経理まで手を出している暇はないと感じている方も、多くいらっしゃることでしょう。

そこで著者の井ノ上さんは、1日5分、そして月に1度30分で実施できる経理を本書で提唱されています。

 

「集める」、「記録する」、「チェックする」という3ステップに分けて、とにかく効率良く経理を行うことを説かれています。

日頃から井ノ上さんとお会いしていると、同じことや無意味なことを繰り返すのを、本当に嫌って(苦手として?)いるように感じられます。

そんな井ノ上さんが毎日続けられる経理ですから、これまで人任せにしてきた社長も、もう1度チャレンジできそうです。

 

本書の背景

「おわりに」で、井ノ上さんは「税理士は、経理代行を捨てるべき」と言い切っています。

昔ながらの古い方法で、教科書に書かれた方法で、経理のやり方を教えることで、古い税理士や会計士が、経理を難しくしているのでしょう。

「経理は難しいもの」という意識を、彼らが社長に刷り込んでいるとも言えそうです。

 

しかし、ITが発達した今、「経理は難しくない、ひとり社長でもできる!」と書かれています。

この本のタイトルは『経理の基本』ですが、私が読んだところ、井ノ上さん自身が実践されたノウハウがギュギュっと凝縮されています。

「基本」を押さえるだけでなく、その先の井ノ上さんの「奥義」まで書かれているように感じました。

 

この方法を実践した結果、社長が自社の数字を把握して、動けるようになったら鬼に金棒です。

そのような状態に、多くの社長がなることを目指して、井ノ上さんは本書で社長達を応援しています。

 

オススメする人

経理に興味のある人。会社で経理をやっていても、その業務の全体像を把握することができない場合があります。

それでも本書を読めば、経理の流れ全体を把握できるようになると思います。

 

もちろん、ひとり社長。

ひとりだけでなく、小規模企業の社長にとっても、もちろん意義のある内容になっています。

 

経理に興味のある士業、あるいは士業受験生。

リアルな現場で培われた実践的なガイドを通じて、経理を深く理解することができそうです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

もう寝たいのですが、もうすぐ夕御飯です。。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

自分にとっての中小企業診断士の位置付け(自分と資格の関係)

私がブログで得られたモノ

関連記事

  1. 商品を作るときの視点

    商品を作るとき、1つ1つの商品に着目することも大切ですが、それ以前にその商品の「位置付け」を…

  2. 40代よりもっと早くから読みたかった本に出会いました

    恥ずかしながら、新 将命(あたらし まさみ)さんの本をはじめて読みました。ブックライターの上坂さ…

  3. 自分のアタマで考えよう #676

    おはようございます。渋屋です。少し前の本なのですが、こちらの本を読みまし…

  4. 診断士は、笑顔を増やしてみたら?

    こんにちは、渋屋です。このところ読むビジネス書は、何度も読まれるような古典を中心にしています。…

  5. マネジメントの根本問題を無視したシステム開発

    今日は経営に携わる方、ITに携わる方、全員に読んで頂きたい本のご紹介です。ド…

  6. ビジネス書から飛び出したらアイデアが出てきた

    何かの専門家として、その専門分野を学び続けるのは当然として、私はこれまで、読む本の対象は、ほぼ全…

  7. 教育という一大事業 #570

    こんばんは。渋屋です。今日は社内の勉強会講師として、丸1日プレゼンテーシ…

  8. ビジネスにも繋がる子育て本

    子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わる ほめ方・叱り方(2010/06/22…

最近の記事

PAGE TOP