menu

地力をジワジワ上げていくこと

今シーズンのフルマラソン、全3戦が終わりました。

  • 2014年11月23日・・・つくばマラソン(3時間47分51秒)
  • 2015年1月25日・・・勝田マラソン(3時間46分48秒)
  • 2015年3月15日・・・横浜マラソン(3時間41分53秒)

昨シーズンまでのベストが、

  • 2014年3月16日・・・古河はなももマラソン(3時間51分49秒)

でしたので、今シーズンで約10分、自己ベストを更新することができました。
(本当は3時間30分を切ることを、年初の目標に掲げていたのですが)

で、今日の主題はマラソン・ランニングというわけじゃなく、
「地力をジワジワと上げていく」ことについてです。

 

ランニングの練習量は減っている

この結果だけ見ると、2013年~2014年シーズンよりも、2014年~2015年シーズンの方が
練習していると感じるかもしれません。
しかし、記録を見ると、実は今シーズンの方が練習量が減っています。
9月~12月はあまり変わらないのですが、1月~3月の練習量が減っているのです。

練習量

その替わりに私がやってきたことが、地力を上げるための練習です。
具体的には、2014年5月から毎日のように続けているストレッチ。
そして、2013年9月頃から継続している体幹トレーニング(スイッチ)です。

この間に、体重7kg(64kg→57kg)、体脂肪率5%(約14%→9%)の変化がありました。
このように、必ずしも走る練習を増やさなくとも、結果につなげることができたのです。
(スピードを上げるためのインターバルトレーニングは、やったことがなく、
ビルドアップ走も数回チャレンジしたのみです)

 

他のことでも、地力を上げる活動を

私の場合、ガツンと最初から華々しい成果を上げるのは苦手です。
むしろ、はじめは他の人に出遅れることが大半です。
だからこそ、時間をかけながら地力をジワジワと上げていくようにしています。

例えば、先週のトライアスロンで苦手だと分かったバイクは、
地力を伸ばすためのトレーニングを取り入れています。

これから事業を営んでいくためにも、戦略、マーケティング、会計などの地力を、
他者からは分からない程度ですが、ジワジワと向上させるようにしています。
年間でマラソン10分程度の進捗かもしれません。
それでも、長い期間を経ることによって、自分の強みに化けるときがくると思って
取り組んでいます。

 

地力が上がると成果がぶれにくい

地力、つまり自分にとっての基本の力が伸びることによって、
(大成功はないかもしれませんが)大失敗をする確率が減っていきます。

派手さには欠けるのですが、それがスポーツをする上でも、
事業を営む上でも、確実に成果を上げていく方法だと思っています。

地力を上げるために自分がやるべきことは?
それを常に意識しながら活動したいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日のレースはふくらはぎの疲れがひどかったです。
今までのレースでは、あまりなかったことなのですが。
早く回復するように、栄養を取って、ストレッチして、寝ようと思います。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

これからは大企業を席巻する超小規模企業が増えていく

初開催:横浜マラソンの特徴

関連記事

  1. 仕事の人間関係は、信用から信頼へ

    最近、チームを組んで仕事をしています。チームと言っても、有志が集まっているだけです。&n…

  2. 新卒で入社したのが小さな会社で良かった

    初挑戦したトライアスロン、ネタはまだまだあるのですが、さすがにこの辺で止めて、通常ネタに戻してい…

  3. 道に迷ってもいいじゃない #90

    こんばんは、duckです。昨晩から、妻の実家に帰って1泊してきました。今日は買い物などをするなか、息…

  4. 結論を急ぐ思考のリスクを知っておきたい

    私は幼い頃から、「本質を押さえたい」という望みを持って生きてきました。ただ最近、この思考法にはリ…

  5. ランニングと経営に共通するフレームワーク

    フルマラソンを初めて走ってから2年以上経ちました。7回フルマラソンを完走し、全てのレースで自己ベ…

  6. 定点観測の効果 #473

    こんにちは。渋屋です。昨日は名古屋方面に日帰り出張し、最終の新幹線で帰宅…

  7. 静岡マラソン:苦渋の選択をします・・

    今日は静岡マラソンです。今年の最初に今シーズンのマラソンとトライアスロンの目標を掲げていました。…

  8. ベースラインを上げる #506

    こんばんは。渋屋です。今日は4時起き。コンフェデ杯を見るために早…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP