menu

スイムは押さえに押さえて【バラモンキング2018 完走記3】

4回目となるバラモンキング。
準備を終えて、いよいよスタートだ。

 

今年の作戦

今年のレースの作戦。「無駄な力を使わない」

過去のレースは、多少の差はあれど、早々に体力を使い切ってしまった。
そのためバイクの後半は地獄と化し、ランは未だにまともに走れたことがない。

特にスイムでは、徹底的に省エネで行く作戦に。
ストロークを遅く、前でしっかりと伸びて水に乗れるように。
バトルに巻き込まれそうになったら、いち早くかわす。

スタート5分前を切ったころ、陸からスタート地点の海に向かう。
バラモンキングのAタイプは、海に浮かんだ状態から始めるフローティングスタート方式。

(五島市のFacebookページの写真より)

去年は前から2列目くらいからスタートした。
今年はもう少し後ろ。
のんびり行くつもりなので、周りに迷惑をかけないように。

スタート地点まで着いたら、大の字になって空を見上げる。
ウェットスーツを着ているので、すんなりと浮く。
ここでも省エネで。

空が明るくてキレイ。周りの森が、昇ってきた太陽に照らされている。
今年もこの場に居られることに感謝。心が穏やかになる。

周りに流されて焦らないように、
あくまでもマイペースでのんびりと。

(五島市のFacebookページの写真より)

「ファ~~~~~~」
トライアスロン特有のスタートの合図。
ガーミンのスタートボタンを押して、前の人との距離を詰め過ぎないよう、ゆっくりとスタートした。

 

順調なスイム

スイムはややいびつな形をしたコースを2周。
1周目は、海からスタートするので約1.8km。
2周目が約2km。

水温は高めで、波や潮の流れは、ほとんどないように見える。
まずは第1ブイまでの350メートル。
スタート直後が一番、トラブルが多いため、ここは集中して。

まだ周りにスピードも泳力も異なる選手たちが、ごちゃごちゃと混ざっている。
無駄な力を使わないよう、前方に注意して、バトルに巻き込まれる前に、コースを微妙に変える。

ブイの近くは人が集まり過ぎるので、少し遠回りする方が、結果、効率はいい。
最初からブイの外側、5メートルくらいを狙って進む。
それでも第1ブイは、まだまだ混雑しており、多少、バトルに巻き込まれる。

第2ブイまでの200メートルでも、まだ人は多い。
ここを曲がると、次の直線は540メートル。
去年はこの辺りから波を感じたり、潮の流れを感じたりしたものの、今年は全く変化なし。
泳ぎやすく、記録が出やすい海の状態だろう。

そんなことを思いつつ、今年は超スロー・マイペース作戦なので、気にせずのんびり行く。
イメージは、シュノーケリングしながら、海底のサンゴ礁や魚を観察しているような。
キックは小さく、心拍数は上げず、プッシュでも力は使わない。
プルも力ではなくタイミングで、リカバリーは肘の高さを低くして、ウェットスーツの負担を感じないように。

水面を太陽が照らす。
さわやかな朝の空が澄んでいる。
「今、みんな何してるかなぁ~」

少しずつ、周りが同じスピードの選手たちにまとまってきたので、
ここで焦らないよう、意識をレース以外に向けてみる。

第3ブイを曲がると、第4ブイまでは20メートル。
細かなカーブが続くので、ここは意識をレースに戻して。
第4ブイを曲がった後、コース上の最短距離を取るのが難しい。

過去のレースで何回か蛇行してしまったことを思い出しつつ、
最後の第5ブイの位置を確認する。

ブイの位置を確認するためにヘッドアップした瞬間、
腰に嫌な痛みが走る。
今年は年間を通じて腰痛に悩まされているが、まさかスイムで出るとは・・

プールで泳ぐときは滅多にヘッドアップしないので、
まだまだスムーズなヘッドアップができていない証拠。
反省しつつ、腰に負担がかからないよう、できる限り目だけを出すヘッドアップにする。

1周目終了。
水から上がった瞬間は、34分になる直前だった。
ペースを押さえていたはずが、去年とそう変わらないタイム。
やはり、海のコンディションが良いのだろう。

息は全く上がっていない。
カラダの負担も少ない。
前日から調子の悪かったお腹も、今のところ問題ない。

水温が暑かったので、ここでしっかりと水分を取る。
カラダに異変がなくとも、ここでいったん、リセットするために屈伸やストレッチを軽く。
さぁ、2周目に行こうか。

 

2周目はもっとのんびりと

2周目になると、もう周りは同じ速さの選手ばかり。
人数も絞られてきているので、バトルもなし。
たまにコースを見失って、斜めに泳ぐ選手がいるものの、
さらっと手を使って目の前から払いだしてあげれば、問題なし。

2ストロークごとに呼吸していたのを
4ストロークごとに変える。
今までよりも、さらに水中で伸びる時間を長く。

全くゼーゼーハーハーしていないので、
のんびり行くことができた。
海底を観察したり、空や山を眺めたり。

最後の第5ブイを曲がる少し前に、
1時間10分後にスタートするBタイプの音が聞こえた。
去年は第5ブイを曲がった後に聞いたので、去年より少し遅いか。
でも、焦らない。

最後、陸に上がって重力を感じた瞬間、負荷が高くなることもあるが、
今回は問題なし。
1時間14分でスイムアップした。

のんびり泳いで1時間20分が目標だったので、いい感じ。
バイクの荷物をピックアップして、更衣テントに向かう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
ここまでは順調だったんですよね~

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

スタート前のレース会場【バラモンキング2018 完走記2】

スピードアップしないバイク【バラモンキング2018 完走記4】

関連記事

  1. 私の「Garmin Connect」徹底活用法(楽しむ・追い込む…

    私は普段の生活からガーミン(Garmin Forathelete 935)という腕時計をしています。…

  2. 好タイムが狙える!?神奈川マラソン(ハーフ)

    神奈川マラソンに出てきました。このレースは私が初めて参加したハーフマラソンで、毎年出場、今日で5…

  3. フルマラソン、サブ4を達成するための年間練習プラン

    フルマラソンで、サブ4(4時間を切ってゴール)を達成するのは、多くのランナーにとっての憧れです。…

  4. レース・トレーニング後に素早くリカバリー(回復)する3つの方法

    マラソンやトライアスロンをしていると、「どんなトレーニングをしているか?」と同じくらい、「どうや…

  5. 勝田マラソン体験記:勝田マラソンの特徴

    おはようございます。渋屋です。昨日は、茨城県の勝田にてマラソンに参加してきました。&nb…

  6. 東京マラソンまでに準備してきたこと

    ついに東京マラソンの日がやってきてしまいました!去年、自分の中で勝手に盛り上がり、サブ3.5(3…

  7. 坂道最速王決定戦!標高差981m 平均勾配7%、ターンパイク箱根…

    坂道最速王決定戦2018なるレースに参加してきました。気楽に参加したのですが、参加するなら、ある…

  8. 足し算だけじゃなく、引き算した方が良いこと

    この週末、トライアスロンのトレーニングで、南房総に来ています。指導を受けるなかで、「なるほどなぁ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP