menu

やっぱりストレッチと体幹トレーニング

おはようございます。渋屋です。
昨日は東京辰巳国際水泳場にて、スイムのセミナーに参加してきました。
今までスイムに関しては、蹴伸び(けのび)程度しか教わったことがなく、
小学生の頃に習ったときの遺産だけで泳いでいました。

地上や水中で撮って頂いた自分の泳ぎを観て愕然。。
もっとマトモな泳ぎ方していると思っていましたが。
そりゃ、すぐに疲れるハズです。

このままでは長距離泳げないので、
バイクだけでなく、スイムもちゃんとトレーニングしないと!

 

まずは柔軟性と体幹が大事

ランニングのときと全く同じことを言われました。
つまり、結局のところ、柔軟性と体幹が大事ということです。

キレイなフォームを身につけるためには、
柔軟性が必要で、かつ体幹を上手くコントロールしなければなりません。
ストレッチとスイッチ(体幹トレーニング&動き作り)が基礎なんですね。

私の場合、今日教わったストレッチやスイッチは、
既に毎日行っているものばかりでした。
(ただ、一部の動き作りは、スイムを意識する必要がありそうです。)

 

フォームは自然に修正する

泳いでいる途中で、「ここを直したほうが良い」と言われても、
急に修正するのは難しいものです。

ランニングだって、走りながらフォーム修正するのは、ほぼ無理です。
ストレッチとスイッチを、正しいフォームを意識して繰り返した結果、
ランニングのフォームが「自然と」変わってきました。
どうやらスイムでも同じことをする必要がありそうです。

今までスイッチを行うときには、ランニングを意識しながら行っていましたが、
これからは一部の動き作りは、スイムを意識しながら行おうと思います。

ただ、スイムは自然に任せ切りではフォームの修正に時間が掛かりそうです。
これからは泳ぐ前に、水の中でも動きの基礎作りをやっていきます。

 

大事なことは、みんな同じだった

ランだけでなく、バイクやスイムをやり始めて、
大事なことは、みんな同じだったと感じています。
トライアスロン3種目の場合は、柔軟性と体幹、そして動き作りです。

考えてみれば、ビジネスでも何でも同じなんですね。
基礎ができあがっていない状態で、応用はおろか、実践なんてできるわけがありません。

一番地味な基礎を作るトレーニングを、地道に日々重ねていく。
結局、これが遠回りに見えて、一番の近道なんじゃないかと。

地味な基礎トレーニングは、1回やるのは簡単です。
問題は、日々継続していくことでしょう。
だからこそ、トライアスロンで言えばレースに参加するように、
どんなことでも目標が必要なんだと思います。
目標があれば、地味で面白くない基礎固めも、毎日行うことができます。

これこそ、このブログのタイトル「大きく考え、小さくはじめる」が伝えたいことです。

私はまだ、トライアスロンの練習を始めたばかりです。
それでもこうして、 大事なことをカラダで身に染みて感じることができ、
チャレンジしてみて良かったと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

トライアスロンの練習をするたびに、自分の未熟な点が見つかります。。
本当にこんなのでレースに間に合うんだろうか?と。
ただ、未熟な点が見つかったということは、課題が見つかったということ。
課題が見つかれば、対策を打って成長できます。
まだまだダメなところが見つかり、凹むと思いますが、
それらは全て、前進です!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

フリーランスはリスクに伴った自由が欲しい

診断士協会の活用事例

関連記事

  1. LSDでフルマラソンに耐えられるカラダを作る

    この週末は長い距離をゆっくり走る練習を行いました。2週間後に今シーズン初のフルマラソンがあるから…

  2. 結論を急ぐ思考のリスクを知っておきたい

    私は幼い頃から、「本質を押さえたい」という望みを持って生きてきました。ただ最近、この思考法にはリ…

  3. 選ばれること

    先日、仕事でのことです。ある仕事の依頼をされ、部内でのメンバーアサインをしていたところ、「あなたに…

  4. 40歳を控えて思うこと

    こんにちは、渋屋です。雨がようやく止みましたが、湿度の高い週末ですね。私は横浜に行ったと…

  5. 実務補習セミナー

    今日はTAC渋谷校で実務補習に向けたセミナーを受講してきました。以下、そのメモ書きです。出られなか…

  6. 目標をもう一段、引き上げよう!

    2008年北京オリンピック、ソフトボールで優勝した日本代表チームと、平昌オリンピックで活躍してい…

  7. 成功法則に振りまわされない

    失敗しました。何人かの先輩に相談して、得ていたアドバイスを鵜呑みにしていました。私もアドバイ…

  8. 気付いたら自分の基準値が変わっていた件

    ふと過去を振り返ったとき、自分の基準値が大きく変わっていることに気付きました。私のランニング歴を…

最近の記事

PAGE TOP