menu

高速 pDCA #643

おはようございます。渋屋です。

 

■ランニング仲間の行動の早さに驚愕!

マラソンを終えて、約3日間。

同じマラソンを走った仲間達が、早くも「次」に向かって動き始めました。

早い人は1月下旬の大会に既にエントリーしています。

 

こういうのを知ると、私もエントリーしたくなるのですが、ここはグッとガマンです。

今の回復期間を終えたら、11月下旬頃より、コーチに作成してもらった、12週間のトレーニングプログラムが始まります。

それが終わるのは2月下旬ですから、それまでフルマラソンは参加しません。

(練習の一環として、ハーフ参加はアリだと思っています。)

 

それにしても仲間の行動の早さには、とにかく驚きます。

時間軸の目盛が、私よりずっと細かいのだと思います。これは真似しなければなりません。

次は3月下旬の佐倉マラソンに参加の予定でしたが、3月中旬の古河マラソンにしようかと考えています。

 

■計画にかける時間を最少に

この行動の早さはランニングだけでなく、仕事においても必要だと感じています。

特に変化が多く、やってみなければ分からないことが多い現在は、「まずやってみる」のが大切でしょう。

 

計画を作るのに大量の時間をかけて、大層な計画ができ上がった途端に達成感を感じ、結局何もやらなかった。

そんなケースを、過去に何度も見てきました。

このような「計画疲れ」を防ぐ意味でも、計画にかける時間を最少に抑えるくらいのつもりで取り掛かるのが良いでしょう。

 

これをpDCAと表現します。どなたかのブログで拝見して、「なるほど!」と思ったので。

通常、PDCA(Plan→Do→Check→Action)と表現されますが、この計画(Plan)を最少化するので、Pを小文字にするのです。

 

■そして周りを巻き込む

計画を最少化するだけでなく、もう1つ重要なことがあります。

高速にグルグルとまわし続けることが改善・成長につながります。

 

実際に高速回転をさせるためには、周りを巻き込むことが有効です。

自分ひとりで行動し、行動を元に改善し、次の計画に繋げていくという活動を継続することは、困難です。(少なくとも私は、そんなに強い意志の強い人間ではありません。)

だから周りを巻き込むのです。

誰かに行動することを宣言し、仲間を募ってしまえば、その仲間を裏切ることはできません。いわゆる、「衆人環視」です。

 

計画を最少化し、周りを巻き込む。

そうやって、高速にpDCAをまわしていくことが、変化・成長への最短距離だと感じています。

 

■3Knot CLUBのFacebookページが出来ました!

「いいね!」で最新情報が届きます。

 

■終わりに

このところ、お客様と直接会話する機会が増えています。

今の部署では、機会が減りがちだったので、良い刺激になっています。

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

異なる繋がりのパワー #642

AERAから得たもの #644

関連記事

  1. 気軽に参加できる「よこはま月例マラソン」でランニングの習慣を

    私がランニングを習慣にできた理由の1つは、家族で「よこはま月例マラソン」に参加しているからです。…

  2. 働き方のフレームワークで考える、私がフリーランスになる理由

    以前、本ブログで4つの働き方を考えるフレームワークをご紹介しました。(働き方のフレームワークで、…

  3. 初マラソン、何とか完走したけど・・・ #639

    こんばんは。渋屋です。今日は初のフルマラソン(湘南国際マラソン)に参加し…

  4. 長期休暇の正しい休み方

    お盆で夏休みの方も多いと思います。私は今日の早朝から妻の実家に帰省しています。月曜日には、私…

  5. 掃除(整理整頓) #188

    おはようございます。duckです。昨晩から今朝にかけて涼しくて、とても過ごしやすいです。窓から気持ち…

  6. グループで本を読み、気づいたことを共有する効果

    昨晩、オープンイノベーションと題されたセミナーに参加してきました。この学び方は面白いと感じたので…

  7. Connecting the Dots #144

    こんばんは、duckです。仕事の「石の目」に近付いたかと思うと、また濁流の中に戻されて、ひたすらもが…

  8. 能力を伸ばしたいなら、負荷をかけるしかない

    神奈川マラソンの惨敗から、日が経つごとに悔しさがこみ上げてきています。「来年は絶対に…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP