menu

ランニングと子育ての共通点 #614

おはようございます。渋屋です。

 

昨日は、RUNをサポート頂いているチームアオヤマのトレーナーに、左肩を中心にカラダを診てもらいました。

RUNそのものをご指導くださるコーチと、カラダをケアしてくれるトレーナー。

この2人が連携してくれるのですから、なんだかアスリートにでもなったような気分です(^^;

 

トレーナーとRUNの話をしていて、ふと思ったことがあります。

ランニングと子育てには、共通点が多いと。

 

■見よう見まねではじめられてしまう

ランニングは、本当は、正しい立ち方、歩き方が出来て、

さらには最低限の体幹(腹筋)がついてからでないと、始めるべきではありません。

 

しかし、走ることが全くできない人は稀ですから、

とりあえず走ってみよう!ということで、我流のまま、走り始めてしまいます。

そして、間違った走り方のまま、ひたすら距離を走ってしまって、気付けば故障してしまうのです。

 

ゴルフはそうはいきません。

私のようなど素人が始めようと思ったら、絶対に人に習わないと、打ちっ放しすら行けません。

ランニングは、気軽に始められることが、人気を博している理由の1つかと思いますが、

その悪い面もあるということを認識する必要があります。

 

■子育ても同じです。

目の前に子供が居たら、全く世話ができないということはありません。

見よう見まね、そして自分が子供の頃の経験を合わせて、何とかその場をしのぐことはできてしまいます。

 

しかし、子供との関わり方、対話の仕方を学ばないまま、

何年も何年も、間違ったやり方を続けてしまうと、子供が大きくなった頃、自分の間違いに気付くのです。

ランニングは、やり直しができるかもしれませんが、子供との関わり方を間違ったら、やり直しをすることは非常に困難でしょう。

 

■どちらも、大事にすべき原理・原則はあると思います。

ランニングで言えば、基本的なカラダ作りとフォーム。

無駄をなくし、自分を高燃費のエンジンに変えつつ、同時に怪我・故障のない状態を作りこんでいく。

 

子育ての原理・原則は何でしょうか?

私自身は、「自分(親)のことではなく、子供の未来を考えて接する」こと。

そして、「自分(親)の目線でなく、子供の目線に立つ」ことを心掛けています。

そう簡単にはできず、いつも「また自分優先になってしまった・・・」と反省するのですが。

 

■その原理・原則を学ぶ場があります。

10月19日(土)16:30~18:00(東京近辺)にて勉強会があります。

 

学校教員として、今はチェンジ塾の代表として、

数多くの子供、そして親に接してきた根葉さんをお招きして、

「子どもとの関わり方」とテーマにお話し頂きます。

 

 

詳細・お申込はこちらからです。

 

■3Knot CLUBのFacebookページが出来ました!

「いいね!」で最新情報が届きます。

 

■終わりに

このところ、ややRUNのペースが落ちています。

会社員としての活動、起業に向けた活動、そしてRUN。

そう簡単には、全部を満足させることは難しいです。

昨日、トレーナーに薦められたので、今日は走りたいです。

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

サロネーゼに学ぶスタートアップ #613

多くのことを出来るようになったワケ #615

関連記事

  1. 世界が変わって見えてきた #348

    こんにちは。duckです。昨日も書きましたが、昨日は社内業務として1日講師をしました。当然、準備もあ…

  2. 箱の世界から飛び出す #406

    おはようございます。渋屋です。昨日はホワイトデー。朝食後、いつも仕事をしながら家事・育児と頑張ってい…

  3. イベントをやろう!

    こんにちは、渋屋です。ジムでラン&スイムを終えて外に出ると、激しい夕立でした。傘を持ってなか…

  4. ゆるめて、ほぐして、伸ばす #665

    こんばんは。渋屋です。■カラダのメンテナンス法水曜日ですが、ランニングの…

  5. アクセスの多かった「生き方、働き方」の記事

    こんにちは。渋屋です。今日は自宅からの投稿です。7時過ぎから自宅でのテレ…

  6. IPsecを学ぶなら

    IPsec徹底入門(2002/08)小早川 知昭西田 晴彦商品詳細を見る…

  7. なぜ楽な「お勉強」に流れてしまうのか?

    士業などの有資格者には、やたらと資格を持っている人がいます。「資格ソムリエ」「勉強法の達人」など…

  8. 勝手に私の今年トップニュース5 #687

    こんにちは。渋屋です。今年もあと9日。9日も残っているわけですが…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP