menu

受験者層で中小企業診断士の受験に有利・不利はあるのか?

「中小企業診断士試験に合格しやすい人」はいるのでしょうか?
試験運営者である協会が発表している統計情報(直近3年分)を元に、
性別・年齢・地域・職種(勤務先)に応じた合格率を見てみましょう。

<スポンサードリンク>



中小企業診断士受験に男女差はあるのか?

まずは男女差です。
中小企業診断士受験は、予備校に行ったり、受験会場に行けば分かりますが、ほぼ男子校です!笑
男子トイレは混雑しますが、女子トイレは並んでいませんでした(本人の経験のみ)。

まず受験者数ですが、1次試験では常に1桁異なるくらいです。
男女比で10:1くらいなので、男子校と感じたのもうなずけます。

1次試験の合格率は男性の方が常に高いです。
そのため2次試験の会場では、さらに男性比率が高まります。
ただ、2次試験の合格率は、逆転現象が起きて、女性の方が高くなります。

2次試験の事例は与件文や問題文を読み解く国語力が必要なので、
女性の方が適正があるのかもしれないですね。

受験会場は男子校と感じた割に、
独立後、周りには女性の中小企業診断士が結構いるので、何となく納得。
(私の知る女性診断士は、受験合格者がほとんど)

 

年齢差は中小企業診断士受験に影響するのか?

次に年齢差を見てみましょう。
歳を重ねるほどに受験勉強はつらくなると言いますが、結果にも現れているのでしょうか?

受験者数のボリュームゾーンは30代・40代です。
ある程度、仕事を経験した上で、受験する人が多いのでしょう。

次いで50代・20代と続きます。
ジワジワと20歳未満の受験者数が増えているのが興味深いです。

合格率を見ると全般的に、やはり若い方が有利なようです。

1次試験では50代までは大差なし。
60代以上はつらくなるようです。暗記も多いですし。

2次試験で見ると20代・30代が高く、40代からは少し落ちています。
40歳くらいから、少しずつ頭が固くなるんでしょうか。
気をつけたいものです。(筆者、40代です)

この3年間、70歳以上の2次合格者が出ていません。
チャレンジして欲しいです!

<スポンサードリンク>



中小企業診断士受験に地域差はあるのか?

地域差を見てみましょう。

那覇は1次試験だけ実施。
1次試験に合格した人は、2次試験を福岡他に受験するんでしょうか。。
この統計を見て初めて気づきました。
地方受験の大変さが感じられます。

直近3年分を見る限り、特に地域による特徴は感じられません。
少なくとも都会だから有利、地方だから不利ということは、結果だけを見る限りはなさそうです。
ネットを使った学習方法も広がっていますから、地域差は減っているのかもしれませんね。
(それを確かめるには、10年分くらいの統計を集めたいところですが・・)

 

職種や勤務先は、中小企業診断士受験結果を左右するのか?

最後に職種や勤務先による違いを見てみましょう。

圧倒的に数が多いのは民間企業勤務です。
コンサルや金融機関は別の項目があるので除かれていますが、あまりにもザクッとしているので、属性が分かりません。
私の知り合いはIT系の人が多いのですが、実際はどうなんでしょう?

1次試験は、税理士・公認会計士等自営業がグッと合格率が高まっている年があります。(平成28年・30年)
財務・会計の難易度が高くて、有利に働いたのかもしれません。
(科目合格者数を見れば分かるのですが、現時点では未確認です。)

2次試験で見ると経営コンサルタント事務所等勤務・政府系金融機関勤務の合格率が高めです。
日頃から中小企業の支援をしているからなのか、狭い世界なので、受験対策が流通しているのか。

また、学生の合格率が高いのが興味深いですね。
職務経験よりも、柔軟に与件文・問題文の意図に対応できる方が、大切なのかもしれません。

 

確率が低くても諦めない。むしろチャンス!

どうでしたか?
ご自身の属性と比べてみて、合格しやすいか・そうでもなかったか。

仮にご自身の属性の合格率が低くても、気にするのは止めましょう。
合格してしまえば、むしろ希少な存在となれるので、競争相手が減ります。
例えば、診断士は女性の方が少ないですが、それだけでニーズがあることも多いのです。

中小企業診断士を目指すのであれば、属性は関係なく、自分のやれることをやりましょう。
資格が全てではありません(本当に)が、得られるものの多い資格だと感じています。

最後に余談ですが、こういう統計情報はCSVやExcel、理想はJSON形式で公表してくれると、処理するのがとても助かります。
変に加工されているPDFだったので、手打ちするのが面倒でした。
追加でデータを取り入れるなら、OCR使おうかと。

データ活用を推進する意味では、重要なことです。
試験には出ない(と思う)けど、大事なこと!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

CRMが新しい「ビジネスのOS」と言われる3つの理由

個人のキャリア・スキルでも意識したいポジショニング

関連記事

  1. 受験時代の成績と合格後の活躍は、全く関係ありません

    受験生時代、予備校の教室に入ると、いつも最前列に座っている人たちがいました。いわゆる優等生たちで…

  2. 中小企業診断士、合格に確実に近付く勉強法

    おはようございます。渋屋です。診断士関連のイベント・セミナーに行くと、受験生にお会いすることが多…

  3. 中小企業診断士は合格したときが「真の学び」のスタート

    最近、強く感じていることです。中小企業診断士は、合格してからが本当の学びだなぁ~と。今、…

  4. 中小企業診断士試験:「経営情報システム」はコンセプトを見直すべき…

    中小企業診断士1次試験を受験された皆さま、お疲れ様でした。どうやら今年の情報システムも荒れたよう…

  5. 【中小企業診断士受験】勉強以前に必要なこと

    中小企業診断士 2次筆記試験の結果が公表されました。見事に突破された方は、気を緩めず口頭試験に臨…

  6. 診断士受験:週に20時間勉強してますか?

    新年度に入って、今までと異なる仕事をしています。そんななかで、中小企業診断士の受験生との接点が増…

  7. 中小企業診断士:試験に合格しない人の共通点

    こんばんは、渋屋です。今日は、あるビジネスを拡大させるためのディスカッション。盛り上がり過ぎ…

  8. 傾向から見る「経営情報システム」と、日常からできる試験対策

    普段からIT関わる仕事をしている人以外、「経営情報システム」は悩みのタネとなる科目ではないでしょうか…

最近の記事

PAGE TOP