menu

中小企業のITは、GoogleかMicrosoftを主軸にサービスを選定すべし

大企業のITは、この20数年間、マイクロソフトに縛られてきました。
Window NTでユーザー管理をする仕組みとして「ドメイン」が生まれ、後にWindows 2000のActive Directory(AD)が登場。
大企業に置けるユーザーアカウント(ID)は、ADに統合されていきました。

<スポンサードリンク>



ITは(ユーザー)IDを中心に考える時代に

ADは、これまでは自社で構築したWindows Server上に構築されるものでした。
しかし、マイクロソフトが提供するクラウドサービス「Azure」「Office365」にADの機能が統合されてきています。

つまり企業は、自社でADを持たなくても、マイクロソフトが提供するクラウド上のADを利用できるようになっています。
特にOffice365を利用し始めた企業は、少しずつユーザーIDの管理がクラウド側にシフトしています。

このIDを押さえていることが、マイクロソフトが大企業ITを牛耳っている何よりの強みです。
クラウド市場を見ても、トップランナーのアマゾン(AWS)よりも、マイクロソフト(Azure)の方が成長率が高いのは、大企業のクラウドシフトがAzureに向かっているからでしょう。

「Windows」「Office」という従来の稼ぎ頭すら見せ玉にして、IDという武器を使って自社のクラウドに誘い込む。
そしてIDを武器に、次のサービスを次々と展開する。
例えば、モバイル管理をする「Intune」が登場したとき、マイクロソフトという会社の戦略性の高さに驚き、冷や汗が流れました。

ちなみにIDは今や、情報セキュリティの一丁目一番地です。
かつてはネットワークがセキュリティの中心でしたが、今やネットワークでセキュリティは守れないというのが、業界の常識になりつつあります。

 

中小企業のITはGoogleかMicrosoftを中心に展開する

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

中小企業の多くはActive Directoryのような制限がありません。
あったとしても、大企業のように何万人・何千人を管理する仕組みとして機能させているわけではないので、抜け出すのが簡単です。

ある意味、ゼロベースで決めることができます。
私は過去の情報資産がない中小企業の方が、ITは革新できると言い続けていますが、IDについても同じことです。

現実問題として、ID管理の中心となり得るのは、GoogleとMicrosoftです。
G Suite(Google版のOffice。以前はGoogle Appsという名称)か、Office365か。
どちらを中心に利用するのかによって決めましょう。

多くの企業が利用しているのはOffice365です。
他社とファイル共有するときもOfficeファイル(Word、Excelなど)であることが多いですね。
一方、他社と共同で編集することが多いなら、G Suite(Googleスプレッドシートなど)の方が便利です。

 

他クラウドサービスをID連携で選ぶ

また、他のクラウドサービスとIDが連携しているのか?を確認するのも良いでしょう。
例えば会計ソフトのfreeeでは、ログイン時にGoogleアカウントやMicrosoftアカウントと連携できます。

利用するクラウドごとに、別々のアカウント(ID)を取得すると、異動や退職があったときに迅速に対応できません。
ID管理はできる限りGoogleかMicrosoftに集中させて、他のサービスは連携させる方が、管理負担を減らせます。

逆に言うと、ID連携できるサービスを選ぶという基準もあります。
もちろん、まずはそのクラウドに求める機能があるのかが大事ですが。
機能面・価格面で差がなければ、楽にID連携できるサービスを選んでしまおう、と言うことです。

自社に設備としてサーバーなどを導入する必要性は、確実に減っています。
その変わり、数多くのクラウドを利用する以上、「選ぶ基準」が必要になってきています。
そのとき、今回のような「ID」を中心とする考え方が、現代の情報セキュリティの基本です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

今年のトレーニング目標

プログラミングなどITスキルを武器に、独立・起業することは可能なのか?

関連記事

  1. 中小企業は、どのくらいシステム投資(IT投資)が必要なのか?

    どんどんビジネスのデジタル化(IT化)が進む現代において、中小企業はどのくらいシステム投資(IT…

  2. IoT(Internet of Things)は、従来型企業とス…

    IoT(Internet of Things:モノのインターネット)という言葉を、日常的に一般紙で見…

  3. コミュニケーション手法を使い分けていますか?

    「最近の若者はコミュニケーションが下手だ」とまことしやかに語られることがあります。まぁ、今や高齢…

  4. OS無料化から読み取るビジネスモデルの変動 #630

    おはようございます。渋屋です。昨日は、中小企業診断士の資格を維持・更新す…

  5. ものづくりはソーシャルな活動だ #649

    おはようございます。渋屋です。■ウォーターフォールの問題点昨日の記事(新…

  6. ロボットの葬儀が行われる日

    こんにちは、渋屋です。最新号のAERAの特集は介護でした。子どもが居ない人は数多くいらっしゃ…

  7. カレーを注文された。カレーを出したら逆ギレされた。ITの現場のお…

    こちらの記事でご紹介した通り、スモールビジネスをITで元気にする会を行いました。https:…

  8. ITは、自然に近いモノに乗り換えていく

    以前にデジタルネイチャーという言葉に出会ったことがあります。「コンピュータと非コンピュータリソー…

最近の記事

PAGE TOP