menu

平成27年度:企業経営理論 設問6(デファクト・スタンダードについて)

平成27年度:企業経営理論 設問6

デファクト・スタンダードに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

【解答群】
(ア) 自社規格がデファクト・スタンダードとなるためには、競合企業に対して規格をオープンにし、協定を締結することが必要となる。
(イ) 自社規格がデファクト・スタンダードとなるためには、公的な標準化機関の認定を必要としない。
(ウ) デファクト・スタンダードとなる規格が登場することによって、多くの企業が同一規格の製品を販売し、機能面での差別化競争や安さを売りにした低価格競争が激化することがある。
(工) デファクト・スタンダードとなる規格の登場は、市場の導入期から成長期への移行を加速させる。

 

 

デファクト・スタンダードとは?

デファクト・スタンダードとは、事実上の業界標準のことです。
(公的な機関によって標準である、とは認められていません)

パソコンのOSで言えば、Windowsが圧倒的なシェアを誇っています。
近年、個人ではMacを使う人も増えていますが、ビジネスでは、まだまだWindowsのシェアが圧倒的です。

このように圧倒的なシェアを確保すると、OS上で動くソフトウェアや、パソコンに繋げる周辺機器は、まずWindowsに対応することを目標とします。
ソフトウェアや周辺機器が充実することによって、ますますWindowsを使う人が増える、という(メーカーであるマイクロソフトにとっては)好循環に入ります。

OfficeソフトもマイクロソフトのWordやExcel、PowerPointなどがデファクト・スタンダードです。
そのため、例えばプレゼンテーションソフトをKeynoteに変えようと思っても、不便なことが増えてしまいます。
私の場合、自分でセミナーを開くだけでなく、研修会社さんと一緒に企業研修を行ったりします。
このときKeynoteでスライドをつくってしまうと、研修会社さんが中身を見られない、という問題が発生してしまいます。
結果的に、「みんなデファクト・スタンダード」を使う、という方向に力が働くのです。

他の例で言えば

  • ビデオ規格のVHS
  • インターネットの通信規格であるTCP/IP
  • ブルーレイ

などがあります。

これからに目を向けると、ガソリン車よりも電気自動車がデファクト(・スタンダード)になっていくでしょう。
それに伴って、ガソリンスタンドよりも、充電できる場所のニーズが高まっていくことも、予測されます。

ところで。
多くの人が使うことによって、より高い価値が生まれてくる・・
ここで何かを思い出しませんか?

 

ネットワーク外部性(ネットワーク効果)との関係性

そう。ネットワーク外部性(ネットワーク効果)です。
使っている人が増えるほどに、価値が生まれるもの。

電話を使うのが1人だけだったら、何の価値もありません。
2人しか使えなくても、やはり価値は低いです。
しかし、使う人が増えて、誰とでもやりとりできるようになると、その価値は非常に高くなります。

インターネットやTwitter・Facebook・Instagram・LINEなどのSNSも、そうやって広がってきました。
電子マネーや仮想通貨も、さらに広がっていくでしょう。

 

公的機関が定める標準

一方、公的に標準であると認められているものを、デジュリ・スタンダードとか、デジュール・スタンダードと言います。
JIS(日本工業規格)とか、ISO(国際標準化機構)などがあります。

ちなみに、既に国際標準の中で、IoTに関するセキュリティとか、ブロックチェーンなどについても検討が進んでいるようです。意外と動きの早い世界なんですね。

なお、国や自治体の調達対象は、デジュリ・スタンダードであることを求められるケースが、国際的に増えているようです。
したがって、国や自治体に買ってもらいたい商品・サービスは、デファクトを目指すだけでなく、公的機関に承認してもらった方が良いのですね。

上述のIoTセキュリティとか、ブロックチェーンの標準化が検討されているのも、そういうことなのでしょう。

 

解答

(ア)

ここまで読めばお分かりですね。
デファクトに「協定を締結」なんていらね〜よ、と。

試験対策Tips

選択肢(ウ)の「激化することがある」のような表現は、○と考えて良いでしょう。
「・・・ことがある」と言われて、「いや、100%ない」とは試験委員も言えないからです。

本問は不適切な選択肢を選ぶ問題ですから、選択肢(ウ)は正解にならない、と判断できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
「実践に役立つ過去問解説」を始めました。
単なる過去問解説は、世の中に溢れているので、
実践で役立つ知識を身につけられる解説を目指していきます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

中小企業診断士は研究者か、それとも教育者か

平成29年度:経営情報システム 設問5(オペレーティング・システムについて)

関連記事

  1. 中小企業診断士の取得後に知っておきたいこと

    昨日は、私とFacebookでつながってる方から、「官報に載りました!」という連絡が数多く投稿されて…

  2. SWOT分析は難しい

    世の中には、経営戦略・事業戦略を検討するためのフレームワークが、多々存在しています。その中でも、…

  3. フリーランスはリスクに伴った自由が欲しい

    おはようございます。渋屋です。今日も7日に行った診断士のパネルディスカッションで思ったことを。…

  4. 販売を甘く見ると、痛い目に遭う

    こんにちは、渋屋です。少し前に診断士を取得し、独立・起業を目指している方向けに記事を書きました。…

  5. 「勝つ」と思わなければ、勝てやしない #623

    こんばんは。渋屋です。■いよいよ、明後日は中小企業診断士の2次筆記試験。…

  6. 時間別、独立した中小企業診断士の仕事

    本ブログのこの記事に訪れていただく方が常に一定数あります。やはり、独立診断士の仕事は何を…

  7. 起業を決意したときに嬉しい仲間達

    こんにちは、渋屋です。今日はたまたま、近い将来の起業を志す複数の仲間とチャットなどで会話する…

  8. 独立するなら学び方を変えたい科目

    このブログ読者には、中小企業診断士だけでなく、診断士を目指す受験生も多くいらっしゃいます。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP