menu

もう会社員には戻れないと感じる独立のメリット

息子が「自分の部屋が欲しい」と言い出しました。
そろそろ、そういうお年頃です。

今は和室に布団を引いて、妻と3人、川の字になって寝ているのですが、
この和室を息子の部屋に変える予定です。
まずは私、次いで妻が和室から追い出される計画。

私の部屋に新たにベッドを入れつつ、仕事環境とトレーニング環境を何とかするという無理難題プロジェクト。
仕事環境では、もう少し広い机と、もう少し大きいディスプレイが欲しいのです。
トレーニング環境では、ローラー台でバイクを漕ぐのですが、Zwiftの画面を見やすくしたいのです。

この2つだけでも手狭になっているのに、そこにベッドを入れるとか・・
でも、息子にとっても私にとっても、新たな区切りになりそうで、ワクワクしています。

さて、本ブログの毎日更新を止めてから何日か経ちますが、
「独立」をテーマにした記事は、引き続き本ブログにてご紹介していきます。

独立して4年目に入りました。
何事も2〜3年経験すると、色んなことが見えてきます。
現時点で感じている独立のメリット・デメリットを考えてみます。

 

もう会社員には戻れない3つの理由

現時点で、もう会社員には戻れないと感じています。

働き方が自由

1つ目の理由は、働き方が自由だからです。
会社員だと、上司もお客様も選べないでしょう。
今の私は、上司は居ませんし、お客様も選んでいます。
(もちろん、お客様側でも私のことを選んでいます)

働く時間も、働く場所も自由です。
通勤ラッシュの時間帯には、基本的に電車は乗りません。
あんな疲弊するもの、何も良いことがありませんので。

平日の日中にランニングすることもありますし、
逆に土日に仕事をすることもあります。
少なくとも土日もこのような記事は書いていますし、
平均すると土日も3〜6時間くらいは働いています。

どんな働き方をするかは、自分次第です。

 

投資が自由

会社員時代は、もらったお給料の中から、投資をしなければなりませんでした。
セミナーに行くのも、本を買うのも。

家庭と仕事の財布が一緒だったので、
お金が足りなくなったとき、貯蓄をそう簡単に崩すわけにも行きません。
泣く泣く諦めたセミナーやイベントが、いくつもありました。
これらが会社員時代は大きなストレスになっていました。

今は事業とプライベートのお財布は別です。
銀行口座も異なりますし、管理も別です。
(全体としては把握していますが)

知識労働者として、セミナーや本は、生きるために必要なインプットです。
それは会社員もフリーランスも同じなのですが、
経費として自由に投資できるようになり、随分ストレスがなくなりました。
よほど高額な投資でない限り、その場でポチることができるのです。

 

自分の人生を自分でデザインできる

ここまで書いてきたことを包含しますが、
何よりも自分の人生を自分でデザインして、生きている感覚があります。

  • 無意味な資料を作らされることもないですし、
  • 無意味なミーティングに呼ばれることもありません
  • 用もないのに9時にオフィスにいろとか言われませんし
  • 行きたくない飲み会に巻き込まれることもありません

自分にとって意味のある、有意義だと感じることに集中することができます。
言葉を変えると、自分の人生を自分でコントロールできるのです。

 

独立のデメリット

今のところデメリットは、「収入の不安定さ」しかありません(笑)

この3年間の間に、会社員時代の基本給を下回った月が1、2回ありました。
仕事の入れ替えをするときなど、収入が途絶えてしまうからです。
(もっと上手くやる方法もあるのでしょうが)

逆に大企業のボーナス以上を稼ぐ月もありますし、
私自身、独立1年目から、会社員時代よりは稼いでいます。

 

万人に独立は勧めません

ただ、万人に独立を勧めるかと言えば、そうではありません。
ここまで書いてきたように、全てを自分で決める必要があるからです。
「誰かの言う通りに従うのが心地よい」と感じる方には、独立は勧められないのです。

実は見かけ上、独立している人であっても、こういう人は多いのです。

  • 国の施策に従う
  • 誰かがつくった資格を取る
  • 紹介会社の言いなりになる

私の感覚では、士業の半数以上は、こういう感覚を持っているようです。
別に国の施策に反することを推奨するわけではありませんが、
誰かがつくったレールに乗るのではなく、自分でレールをつくる必要性を感じています。

まとめると独立は「自由」が得られる一方で、
自らビジネスをつくり出す「責任」が問われると感じています。
それを望むのであれば、独立しましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
先日、アツアツの鶏の唐揚げを食べた際、
口の中を火傷してしまいました。
何を食べても飲んでも痛くて、テンションが下がり気味です。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

3月のトレーニング記録と4月以降の計画

苦手なバイクを克服したい理由

関連記事

  1. 働き方の3段階を考えてみた

    昨日、ディズニーをオフィス化する記事を書きました。この記事をまとめながら、ふと働き方…

  2. 通勤電車、好きですか? #704

    おはようございます。渋屋です。■通勤電車は好きですか?突然、変な質問です…

  3. もう会社員には戻れない、と思う理由

    「もう会社員には戻れないなぁ」と良く感じます。■最初の理由は(言うまでもなく?)自由だか…

  4. セミナー主催の段取り【実施、セミナー後】

    これまでセミナーを主催するときの段取りについて書いてきました。3回目の今回で締めくくりです。…

  5. 【勉強会】その他の支払方法 #561

    こんにちは。渋屋です。■8月30日 3Knot CLUBの「大人の社会科…

  6. 士業が情報発信しないことは、デメリットだらけ

    士業は自らの言葉で情報発信した方が良い、と確信しています。独立しているなら、なおさらです。…

  7. 独立・起業直後の2年間を耐え抜くには?

    多くのビジネスで、独立・起業直後の2年程度はガマンの時期だと言われます。若くして独立・起業してい…

  8. コンサルタントやセミナー講師に必要な自信

    昨日の記事で、セミナー講師ができないなら、まずは司会などで慣れることをお勧めしました。■…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP