menu

忙しすぎじゃないですか?

公的支援機関で働く知人と会話していたときのこと。

その彼は平日日中は、
様々な支援機関でのスケジュールが入っています。

月曜日は支援機関A。
火曜日はB。
水曜日は基本的にAなんだけど、
合間にBの仕事。

等など。
休みは会社員同様、土日です。


それを知った別の知人(女性)が、

「え〜、私、そんなに働けない。
基本、週休3日にしてるから。」

と。色んな考え方の人がいるもんだなと感じました。

私はと言うと、どちらの働き方も合いません。

月曜から金曜まで公的支援機関の仕事を入れてしまうと、
スケジュールにゆとりがなくなってしまいます。

急に対応したい仕事や、
参加したいセミナー、イベント、趣味があったとき、
諦めるしかなくなってしまうのです。

それでは独立して自由を得た意味がなくなってしまいます。


もうひとりの女性の考え方の方が、
ゆとりがあるという意味では賛同できますが、

公的支援機関の仕事を週に4日やるだけでは、
明らかに収入が足りません。
(5日でも一緒ですが)

ここでの問題は、
マーケティング・営業を他者(公的機関)に任せて、
単価の低い仕事しかできていないこと。


単価が低くなれば、時間のゆとりがなくなるのは当然です。

ある程度のゆとりを確保しつつ、
目標とする売上を上げるためには、

単価を上げたサービスをつくり、
それを自分で売るのがベストな選択肢だと考えています。

せっかく独立するのなら、
お金と時間の問題は自分で解決したいもの。

もし公的機関などから仕事をもらうだけで
忙しくなっているのなら、
何ができるのか?を考えてみましょう。

なお、公的支援機関での仕事にもメリットがあります。
だから私も最大で週に2日、売上で3割程度を上限に、
公的支援機関での仕事をしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

タスクリストをパッケージ化することで仕事の質とスピードを高める

経営支援とは1から0(ゼロ)への引き算なのかもしれない

関連記事

  1. もっと人の力を借りた方が良い

    「もっと人の力を借りた方がいいな」そんなことをふと感じています。一人…

  2. 4ヶ月で凄まじく変化した人たち

    私はこの4ヶ月、自己探求や自己統合について学んでいました。■まずは基本的な理論を身につけ…

  3. 夢を見せる仕事

    ユニバーサルスタジオ・シンガポールに行ったときに感じたことを。こういうところに来ると、「…

  4. 集中と迅さ #646

    こんばんは、渋屋です。■やりたいことが山積み先週までは、初マラソンに向け…

  5. 商品力のインパクト

    このところ、「商品」の大切さを改めて考えています。■世の中、色んなマーケティング手法が生…

  6. コンサルティング直後にメモを書く

    私はコンサルティング直後にメモを書くようにしています。■最初は、某公的機関での経営指導員…

  7. 中小企業診断士を取得し、独立・起業する前に知っておくべきこと

    こんばんは、渋屋です。昨日・今日の2日間、中村 仁さんのダイレクトレスポンスマーケティングセミナ…

  8. 私が一番お役に立てていると思うこと

    来週に実施するセミナーですが、残席2名となりました。割引でお申し込みできるのは今日までですので、…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP