menu

目標通りにいかないから、目標に意味がある

「目標なんか立てても、
思った通りに行くわけがないから、意味がない」

と仰る社長や、独立志望の方がいらっしゃいます。

確かに多くの会社、事業を見てきて、
立てた計画の通りに進んだケースなど、
見たことがありません。

あったとして、偶然に数字が近しいものになった、
という程度です。


じゃあ、目標を立てることに意味はないのか?というと、
私はそうは思いません。

上振れするにせよ、不足するにせよ
(大半は不足ですが)

目標との乖離があるということは、
そのギャップを認識することができます。

本当はここまで達成していなければならないのに、
実際には、ここまでしか来ていないじゃないか、と。


「じゃあ、足りない分をどうすれば良いのか?」

そういう思考が働かせられることに、
目標を立てる意味があるのだと感じています。

目標がなければ、今が良い状態なのか、
あるいはダメな状態なのかのモニタリングができません。

基準値があるからこそ、モニタリングをして、
行動を改善することができるのです。

すなわち、目標とは現在の事業状況を
把握するためのツールとも捉えられます。

ですから、目標を馬鹿にせず、
事業計画として持っておく方が良いのでは、

と私は考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ブログ連続2,000日更新で、私に起きた変化

その「高い技術力」をお客様の言葉に変えないと、売上にはならない

関連記事

  1. 会社員の方が合っている人もいる

    昨日は、独立した人のどれくらいが食べていけるのか?言い換えると再び雇われる道を選ぶ人がい…

  2. 99%の見えないことで勝負が決まっている

    士業だからなのか、こういう商売をしているからなのか、理由は分かりませんが、士業向けの広告が実によ…

  3. 分かりやすい・分かりにくいマーケティングの使い分け

    少し前に、「分かりにくさ」で参入障壁を築くマーケティング手法があるのではないかという記事を書きました…

  4. 自分の顧客に仕事を依頼したい

    このところ何度か書いていますが、仕事のペースが明らかに変わってきました。■そこで仕事…

  5. 商品力のインパクト

    このところ、「商品」の大切さを改めて考えています。■世の中、色んなマーケティング手法が生…

  6. 最初の課題は、真の課題ではない

    コンサルティングをする上で、一番気にしているのは、顧客が言う課題の奥底を読むことです。…

  7. 価格に自分を合わせて成長させる

    このメルマガでは、自分で顧客を開拓することを提唱しています。他の誰かから仕事をもらうので…

  8. 最初に向き合うべきは自分

    様々な戦略フレームワークは「顧客」からスタートするものが多いです。私自身、顧客の支援をさ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP