メルマガ:非常識なコンサルタント

ビジネスの肝は期待値コントロール

以前、メンターの一人に

「ビジネスの肝は何ですか?」

と質問したことがあります。


その答えは、

「期待値コントロールっすよ~」

でした。(飲みの席だったので、軽~い回答、、)

軽~い回答でしたが、
後になって考えれば考えるほど、的を射た回答だと思うのです。


顧客の期待値を高め過ぎると、
集客は上手くいくかもしれませんが、

お越し頂いた顧客は、サービスレベルの低さに
2度と来なくなってしまうかもしれません。

逆に期待値が低すぎると、
そもそも顧客がお越し頂けなくなってしまい、
商売になりません。


そう考えると、期待値を絶妙なところに設定できると、
顧客に関心を持って頂きつつ、
サービスにも満足して頂けるようになります。

言うは易し、行なうは難し。

いい練習相手は、配偶者だったりします。
期待値を低め低めに設定し、
それをほんの少しだけ超える。

ただ期待値設定が低すぎると、
最初から「ダメ夫・ダメ妻」の烙印を押されてしまいます。。

こちらも絶妙なコントロールが必要なのですが、
顧客と、果たしてどちらが難しいのでしょうか。

ビジネスの肝だけに、永遠のテーマだと感じています。