menu

商品企画におけるシミュレーションの進め方(全体像~コスト算出)

先日、「商品企画に関するシミュレーションの意義」を記事にしたら、思った以上にアクセスがありました。

商品企画は単なる「アイデア出し」ではありません。
アイデアを実行レベルに落とし込むためにシミュレーションを行なうのです。

今回は、シミュレーションの具体的な手順(全体像からコスト算出まで)を説明します。

 

シミュレーションを行なう流れ

大きな流れは下の図で示しています。

まずは、その商品をつくり、販売するために掛かる全てのコストを洗い出します。
そして価格を設定しつつ、目標とする月々の売上を立てます。

その結果、単月・累積の粗利益・営業利益が出ますので、数値を修正します。
例えば価格を変更したり、販売目標数を変えたり。
あるいはコストを抑えることができないか?を考えたりします。

実行可能性を感じられるようになるまで数字を変更しながら、必要な予算・体制を洗い出していきます。

 

コストの算出方法

まず最初はコストを洗い出します。
大きくは外に対してお金を払うものと、人が動くコストがあるでしょう。

まずは金額はザックリと

外に対してお金を払うものは、見積を取ったり、市場価格を見れば、すぐに金額を把握できるでしょう。
最初の段階では精緻に金額を出すことよりも、「桁は合っている」くらいの感覚で十分です。

最後に数値の調整をするときに着目するのは、「最も桁が大きい」(=高い)コストだからです。
コストが高い1位~3位くらいまでを、どうすれば減らせるかを考えることになります。
逆に桁の小さい(=安い)コストは、収益に与えるインパクトが少ないので「だいたいこんなもの」で良いのです。

人件費は顧客に提示している「販売価格」ではなく、「社内原価」で計算します。

  • 時間当たりいくらか?
  • その人が新商品の開発・販売などにどう関わるのか

が分かれば、人件費も算出できます。

抜け・漏れがないように

金額はザックリとで良いのですが、項目に抜け・漏れがないようにしましょう。
コストに見落としがあると、「売っても売っても儲からない」モデルをつくることになりかねません。
価格を決め、販売開始した後になると価格の修正が難しくなります。

抜け・漏れをなくすためには、商品をつくり・提供する上で、

  • 必要なプロセスを洗い出し、個々のプロセスにかかるコストを挙げる
  • 必要な体制を洗い出し、それぞれの人員や外部の会社にかかるコストを挙げる

などをすると良いでしょう。

それでも、自社だけでは算出できないこともあります。
例えばシステム開発が必要になった場合は「相場観すら分からない」ことがあります。
そのようなときは専門家に相談してみましょう。

なお、システム開発など大型の投資がある場合には、減価償却を考慮してコスト算出することになります。
詳細はここでは割愛します。

変動費と固定費に分ける

最後にコストを変動費と固定費に分けます。

変動費は、商品が1つ売れるたびに掛かるコストです。
ラーメン屋の場合、ラーメンが一杯売れるたびに、麺がひと玉消費されます。
ですから麺にかかるコストは変動費です。

固定費は、商品が売れても売れなくても掛かるコストです。
同じくラーメン屋の場合、店舗の賃貸料は売上に関わらず、毎月一定です。
人件費もほぼ一定でしょう。
これらのコストは固定費です。

変動費と固定費に分けておく理由は、
後で損益分岐点売上高(黒字になるのにどれだけ売れば良いか?)が分かるので便利なのです。
一般的に企業では、新たな投資の判断をするには

  • 損益分岐点売上高
  • 投資回収までの期間

が必要です。コストを洗い出す時点で、その下準備をしておきましょう。
収益をエクセルで計算するときに、変動費/固定費を分けておくと入力が楽、ということもあります。
最後に、こんな感じのエクセルにまとめておきましょう。

上手では変動費を売上原価、固定費を販管費としています。
会計的には同義語ではありませんが、商品企画をする立場から見れば、概ね同じです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日に引き続き、今日も新規案件のミーティングでした。
このところ、色んなお問い合わせをいただいて、ありがたいです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

マイナンバーで新たに事務処理が生まれるツラさ・・

商品企画におけるシミュレーションの進め方(価格と販売数から売上を決める)

関連記事

  1. 商品企画の全体像とシミュレーションの意義

    商品企画をするとき、どのような流れで進めるのでしょうか。また、その際に行う、売上目標や収益予測の…

  2. 「分かりにくさ」という参入障壁・ブルーオーシャン

    自社をアピールするには「分かりやすさ」が一般的に求められます。誰に向けて、どんなメッセージを…

  3. 商品企画におけるシミュレーションの進め方(価格と販売数から売上を…

    商品企画をする際のシミュレーション方法について連載しています。まずは、シミュレーションをする…

  4. 情報発信のやり方を変えていきます

    いつも本ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。突然ですが、少しずつ、情報発信のやり…

  5. マーケティングの習得を猛烈に勧める理由

    「もっと会社を良くしたい。」「独立・起業したい。」「成長したい。」このような方々に対…

  6. ビジネスを安定させるためのマーケティングとは?

    先週行なったマーケティング塾の内容をご紹介します。リソースの限られている中小企業においては特に、…

  7. 商品・サービスの説明よりも、「価値」を伝える努力をしよう

    経営者は自社の商品・サービスを通じて提供している「価値」について、考慮する必要があることを、昨日ご紹…

  8. マーケティングセンスを身につけられる、誰にできる方法

    マーケティング・センスは、全てのビジネスパーソンに求められます。これから何が売れるのか?を考える…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP