menu

夜・暗闇でのランニングを安全に行うには

LINEで送る
Pocket

昨晩のランニングはスピードトレーニング。
5kmほどカラダを慣らして、折り返してからスピードアップ。
フラットなところで4分17秒、その後の下りで4分2秒。

10km走り終えてから、その後の流しで5分10秒ペースが出たのが何よりの収穫です。
回復できる守りのスピードが、それくらいってことですから。
まだ長くは続けられなそうですが、いい感じにスピードに乗れるようになってきました。

昨シーズンはグダグダだったランニング。
もうすぐ始まる今シーズンは、一歩成長を感じたいところ。

さて、夜のランニングは何度やっても怖いです。
事故にあったり、転んだりしないように、私がやっていることを共有します。

 

夜・早朝、暗闇でのランニングの大前提

前提ですが、私はできる限り、暗い時間帯のランニングを避けたいと思っています。
やはり危ないからです。
とは言え、「夏は暑いから日が出ていると無理」とか「仕事時間を避けたら、冬は暗い時間しかない」とか、
暗い時間にトレーニングせざるを得ないこともあるでしょう。

私は暗い時間帯に走るときは、できる限り明るい大通り沿いを選んで走っています。
明るいときは、大通り沿いよりも自然に近い道(公園など)を選んでいます。
排気ガスを避けられますし、交通量が少ない方が、気持ちよく走れるからです。

ただ、夜は大通り沿いを選びます。
明るければ、それだけ事故のリスクも減りますし。
人が多いので、万が一倒れたりしても発見してもらえる可能性が高いです。

これくらいの場所を走るようにはしています。
特に女性は、あまり暗いところに行かない方が良いのでは、と思います。
また、可能だったら複数人数で走るのも良いですね。

 

周りに自分を見つけてもらうための装備

とは言え、大通りに出るまでとか、どうしても暗いところがあるのも事実です。
そのようなとき、私は以下の2点で装備を整えています。

  • 周り(人・自転車・車)から見て、自分を発見してもらえる
  • 自分から見て、足下を照らして走りやすくする

まずは前者です。

明るい色のウェアを着る

1つ目は明るい色のウェアを着ることです。
闇夜に黒いウェアを来ていたら、目立たないのは当然です。
目立つ色のウェアを来ましょう。
(私は明るい色の長袖を持っていないので、買いたくなってきました。)

ライト・反射板を前後につける

もう1つは、ライト(LED)や反射板(リフレクター)を前後につけることです。
私は自ら発光するライトの方が良いと思っています。
(合わせ技の方がもっと良いのでしょうが)
スポーツ店で探せば、見つかるでしょう。

ライト(LED)は、できる限り明るく発光するものを選びましょう。
遠くからでも目立った方が、特に車や自転車は自分を避けやすくなります。
またウェアに反射素材がついているものも増えてきたので、合わせて活用しましょう。

 

足下をしっかり照らすための装備

自分が発光するだけでは、足下が見えにくいことがあります。
ちょっとした段差に気づかないだけでも、転ぶ原因になり得ますので、対策をします。

私はこれを持っています。
頭につけるも良し、 腰につけて地面に近くしても良いです。

昨日ランニングしていたときも、何もつけてないランナーを何人も見かけました。
追い抜く or すれ違う直前にならないと気づかないから危ないです。
(しかもそういう人に限ってイヤホンをしていて、周りの音にも気づかない・・)

普通の歩行者や自転車に配慮して、気持ちよくランニングさせていただけるようにしたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
大企業関連でお会いする方は、私の前職とどこかでつながっていることが多いです。
今日もそんな出会いをいただきました。
勤めていた会社の偉大さ・影響力に改めて脱帽です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

中小企業診断士はどんな仕事をしているか?

ITエンジニアが経営に関わるメリット

関連記事

  1. 考えるだけで胸がキュッとするイベントがありますか?

    今週末から、3年目のトライアスロンシーズンが始まります。5月14日の横浜トライアスロン。6月…

  2. 身体もビジネスも、成長の肝は同じ

    昨日、バイク(自転車)をもっと上手くなるために、個人トレーニングを受けてきました。さすがプロ。あ…

  3. 普段から出来ないことは本番でもできない

    昨日参加した湘南国際マラソンで痛感したことです。■これまでに何度も何度も感じてきたことで…

  4. マラソン完走、比較的ラクな練習法

    こんにちは、渋屋です。昨日・今日とお尻が筋肉痛です。理由は本文にて。…

  5. プロとしての条件

    こんにちは、渋屋です。昨日、今日と面白いことがありました。「プロの姿」を…

  6. 楽しい!三浦半島サイクリング

    今日は早起きして、陽射しが強くなりすぎる前に、自宅から三浦半島まで行ってきました。バイク(自転車…

  7. 疲労抜きにオススメ、ハイキング #711

    おはようございます。渋屋です。■疲労が極限!先週から、フルマラソンに向け…

  8. スゴイ人がトライアスロンをやる理由が少しだけ分かったかもしれない…

    こんにちは、渋屋です。トライアスロンをやることに決めてから、少しずつ準備を進めています。未だ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP