menu

夜・暗闇でのランニングを安全に行うには

LINEで送る
Pocket

昨晩のランニングはスピードトレーニング。
5kmほどカラダを慣らして、折り返してからスピードアップ。
フラットなところで4分17秒、その後の下りで4分2秒。

10km走り終えてから、その後の流しで5分10秒ペースが出たのが何よりの収穫です。
回復できる守りのスピードが、それくらいってことですから。
まだ長くは続けられなそうですが、いい感じにスピードに乗れるようになってきました。

昨シーズンはグダグダだったランニング。
もうすぐ始まる今シーズンは、一歩成長を感じたいところ。

さて、夜のランニングは何度やっても怖いです。
事故にあったり、転んだりしないように、私がやっていることを共有します。

 

夜・早朝、暗闇でのランニングの大前提

前提ですが、私はできる限り、暗い時間帯のランニングを避けたいと思っています。
やはり危ないからです。
とは言え、「夏は暑いから日が出ていると無理」とか「仕事時間を避けたら、冬は暗い時間しかない」とか、
暗い時間にトレーニングせざるを得ないこともあるでしょう。

私は暗い時間帯に走るときは、できる限り明るい大通り沿いを選んで走っています。
明るいときは、大通り沿いよりも自然に近い道(公園など)を選んでいます。
排気ガスを避けられますし、交通量が少ない方が、気持ちよく走れるからです。

ただ、夜は大通り沿いを選びます。
明るければ、それだけ事故のリスクも減りますし。
人が多いので、万が一倒れたりしても発見してもらえる可能性が高いです。

これくらいの場所を走るようにはしています。
特に女性は、あまり暗いところに行かない方が良いのでは、と思います。
また、可能だったら複数人数で走るのも良いですね。

 

周りに自分を見つけてもらうための装備

とは言え、大通りに出るまでとか、どうしても暗いところがあるのも事実です。
そのようなとき、私は以下の2点で装備を整えています。

  • 周り(人・自転車・車)から見て、自分を発見してもらえる
  • 自分から見て、足下を照らして走りやすくする

まずは前者です。

明るい色のウェアを着る

1つ目は明るい色のウェアを着ることです。
闇夜に黒いウェアを来ていたら、目立たないのは当然です。
目立つ色のウェアを来ましょう。
(私は明るい色の長袖を持っていないので、買いたくなってきました。)

ライト・反射板を前後につける

もう1つは、ライト(LED)や反射板(リフレクター)を前後につけることです。
私は自ら発光するライトの方が良いと思っています。
(合わせ技の方がもっと良いのでしょうが)
スポーツ店で探せば、見つかるでしょう。

ライト(LED)は、できる限り明るく発光するものを選びましょう。
遠くからでも目立った方が、特に車や自転車は自分を避けやすくなります。
またウェアに反射素材がついているものも増えてきたので、合わせて活用しましょう。

 

足下をしっかり照らすための装備

自分が発光するだけでは、足下が見えにくいことがあります。
ちょっとした段差に気づかないだけでも、転ぶ原因になり得ますので、対策をします。

私はこれを持っています。
頭につけるも良し、 腰につけて地面に近くしても良いです。

昨日ランニングしていたときも、何もつけてないランナーを何人も見かけました。
追い抜く or すれ違う直前にならないと気づかないから危ないです。
(しかもそういう人に限ってイヤホンをしていて、周りの音にも気づかない・・)

普通の歩行者や自転車に配慮して、気持ちよくランニングさせていただけるようにしたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
大企業関連でお会いする方は、私の前職とどこかでつながっていることが多いです。
今日もそんな出会いをいただきました。
勤めていた会社の偉大さ・影響力に改めて脱帽です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

中小企業診断士はどんな仕事をしているか?

ITエンジニアが経営に関わるメリット

関連記事

  1. 福岡トライアスロン、第1回大会参加レポート

    第1回大会だった福岡トライアスロンに参加してきました。私の体験を踏まえて、スイム・バイク・ラン、…

  2. サイクルトレインで行く、木更津トライアスロン「きさトラ」体験記

    昨日は木更津トライアスロンに初めて参加してきました。首都圏から日帰りで行ける貴重なレースの1つで…

  3. 積極的「停滞」を!バイク180.2kmの戦い【バラモンキング20…

    6月14日に行われた、五島長崎 国際トライアスロン(スイム:3.8km、バイク:180.2km、ラン…

  4. 人生2度目のハーフマラソン挑戦記(その3)

    こんにちは。渋屋です。人生2度目となったハーフマラソンの挑戦記が続いてい…

  5. つくばマラソン体験記:練習不足を補って自己ベストを出した方法①

    こんにちは。渋屋です。昨日はつくばマラソンに参加してきました。つくば大学周辺は、紅葉が進んで…

  6. LSDでフルマラソンに耐えられるカラダを作る

    この週末は長い距離をゆっくり走る練習を行いました。2週間後に今シーズン初のフルマラソンがあるから…

  7. ランニングはチームで参加すると面白い

    週末にランニングチームの仲間達とリレーマラソンに出てきました。参加したイベントはこちらのエンタラ…

  8. あいまいな目標は効果がない

    最近の私自身のマラソン、トライアスロンの結果を見て、つくづく「目標って大事だな」と感じています。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP