menu

フリーランスにとって「資格取得」の意義とは?

私は独立して以来、1つだけ資格取得しています。
アジャイルソフトウェア開発技術者検定試験です。

会社に勤めていたエンジニアだった頃、私はどちらかというと資格マニアでした。
自分の仕事に関係する、あるいは将来役立ちそうな資格は、積極的に学び、取得しました。
(会社の報奨金制度に随分とあやかったものです・・)

しかし今は、目的のない資格取得はやらないように気をつけています。

 

「IoT検定」を受検するかどうか迷った

最近、IoT関連の仕事に関わることが多いので、知識を整理したいと考えていました。
これまでも様々な本を読んだり、セミナーを聴いたりしています。
また、私自身、ITトレンドに関する研修をする際には、IoTを説明することもあります。
ですから、ある程度の前提知識はあるつもりです。

それでもIoTは非常に幅広いので、苦手な分野(デバイス周り)があります。
それを補足したかったのです。
たまたま見つけたのは「IoT検定」。
早速、書籍を買い、内容を確認しました。

おかげで自分がどういう内容が苦手なのか?どの分野は概ね理解しているのか?などの整理ができました。
ただ、別にIoT検定を取らずとも、必要に応じて足りない知識を補足していけば良い、と判断しました。
(本当に資格が必要だと感じたら、そのときに取るかもしれませんが)

 

敢えて勉強する機会をつくるかどうか?

アジャイル検定は勉強して、資格取得しました。
IoT検定は(軽く)勉強したものの、資格取得は見送りました。
この2つの差は、日常的に触れる機会があるかどうかでした。

アジャイル開発は、日常的と言えるほどは触れないので、ちゃんと知識・お作法を知っておきたかったのです。
おかげでアジャイル開発は単なる開発手法などではなく、働き方であり、プロジェクトマネジメント方法でもあることが理解できました。

一方、IoTはある程度、日常的に触れているので、必要に応じて知識を加えていくことが可能です。
敢えて時間とお金をかけて、受験という機会をつくる必要はないだろう、と判断しました。

このように、フリーランスである私の資格取得の基準の1つは、「ちゃんと勉強する機会を”敢えて”設ける必要があるかどうか?」です。

 

私が資格取得する基準

その他にも、資格取得する基準があるとしたら、以下のようなものです。

  1. 現在の仕事に役立つ
  2. 将来、役に立つと思われる知識が身につく
  3. 趣味、あるいは教養として、しっかり知識を身につけたい
  4. (オマケ)たまには受験生として、しっかり学ぶ機会をつくる

この上で、単に勉強までやって終わりにするのか、試験まで受けるのか?という判断がなされます。
ある程度、勉強してみなければ、資格の必要性も分からないので、まずは気楽に勉強してしまいます。

ちなみに独立したとき、情報処理技術者の未取得のものを全部取ってしまおうか?と考えたことがあります。
しかし、私の仕事内容(将来も含めて)を考えると、勉強時間がもったいないな、と感じてやめました。

最近、今後のことを考えるとちゃんと学びたい分野がいくつかあります。
そのうち1つか2つは、関連する資格の勉強をしても良いのでは?と考え始めています。
(上記の理由で言えば、2番目か3番目です)
もし受験したら、またブログ記事にします。

フリーランスにとって、もっとも貴重な資源の1つが「時間」です。
資格を取ろうと思ったら、簡単な資格でも10時間程度の勉強時間は必要になるでしょう。
「本当にそれが必要なのか?」自問しつつ、本当に必要なものだけに絞って目指していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
天気が悪いので、よこはま月例マラソンへの参加は断念。
ふだん週末は息子が忙しいので、久しぶりに家族で出られるチャンスだったのですが、仕方ないですね・・

代わりに技術館で遊んでから近所のジムへ。
妻と息子が遊んでいるうちにトレッドミルで1時間ランニング。
その後は息子と2時間近く卓球で遊んでから、仕上げにスイム練習でした。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

新技術が出まくりですけど、別に使わなくても良いんです

トレッドミルとロード(外ランニング)の使い分け

関連記事

  1. 心構えから自分を変える

    すごく内容の濃い本です。仕事で人は成長する(2007/05/22)高井 …

  2. 資格の肩書きにとらわれていませんか?

    先週開催したセミナーに参加下さった中村さんが、ご自身のメルマガで感想を書いて下さいました。(中村さん…

  3. 技じゃなくてもいいから覚えてもらう

    昨日は資格以外の技を持ちましょう、と書きました。■特別なスキルではなくとも、…

  4. 会社を辞めることはオススメできないけど。。。

    このところ、会社を辞めるに至った経緯書いていますが、それらの記事は興味を惹くらしく、アクセスも増…

  5. 独立を目指したら行いたいこと

    独立のタイミングは本当に大変です。それまでの会社もできる限り円満に退職するため、仕事を全…

  6. フリーランスは、周囲のイベントに流されない

    こんばんは、渋屋です。今回は「診断士のタマゴ」(マインド編)です。大型連…

  7. 中小企業診断士が自分の強みを発見するために

    私は中小企業診断士を取得した後、悩みに悩んでいました。戦略、マーケティング、財務・会計、情報シス…

  8. 99%の見えないことで勝負が決まっている

    士業だからなのか、こういう商売をしているからなのか、理由は分かりませんが、士業向けの広告が実によ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP