menu

他者の健闘・苦闘に美を感じない環境は厳しすぎる

LINEで送る
Pocket

9月から月例で実施するマーケティングセミナーの募集を開始しました。

物騒な名前ですが(笑)、真っ当な経営塾です。
「マーケティング編」の他、いくつか企画をしていますが、まずはここからです。

昨日、ある会社の役員と飲んでいました。
一流大学を卒業し、期待の高かった新入社員が入ってきたときのこと。
その新人は、何度か失敗を繰り返すうちに失敗を恐れるようになり、だんだん動けなくなってしまった、と言う話を聴きました。

 

美的センスを失っている社会

この話を聞いて私は「あるあるケース」だなぁと感じました。
学校の勉強という偏差値社会で、決められたレールの上を歩き続けることと。
それと、正解のないビジネスの世界を進むことは同じではありません。
挫折を知らないまま社会人になってしまった一流学生に良くあるケースです。

ただ、今日の本題はそこではありません。
このような問題が起きてしまう原因は、本人にある以上に「失敗を許さない環境」にあると思うのです。
今のビジネス環境は他人の健闘や苦闘、あるいは失敗に対して「美しさ」を見出すことができない、と感じるからです。

 

完走者全てが勝者である

話は急に変わりますが、トライアスロンの世界には「完走者全てが勝者である」という基本精神があります。

皆それぞれが自分なりの目標を持ち、それに向かって全力を尽くす。
競争は他人とではなく、自分との戦いなのです。(もちろんライバルとの戦いで鼓舞されることはありますが)
そこには、これまでの経験や現在のレベルに関係なく、個々の選手それぞれが奮闘する姿から「美」を感じているのです。

実際には、完走した選手のみならず、リタイヤした選手に対しても、その健闘を讃える文化があります。
レースに参加し、ゴールを目指した。
その挑戦に対して、まずは尊敬の念が生まれるからでしょう。

足のつかない海で泳ぐ恐怖に立ち向かい、初めてのレースに挑戦したときのことは、今でも覚えています。
初めての人は初めてなりの目標があるでしょうし、熟練者には熟練者なりの目標があるでしょう。
トライアスロンに限らず、仕事ではなく、そういうチャレンジをしている姿には、感動するのです。

チャレンジの結果、目標を達成できなかった選手は、それぞれの課題を見つけます。
そして、次のレースに向かって、その課題を克服しようとします。
私自身、最近のレースは全く目標に届かず、反省ばかりです。

でもいつか、その課題を克服できれば、それまでの失敗は失敗ではなくなります。
失敗は成長のキッカケに過ぎないのです。

 

挑戦する姿に感動する環境づくりを

ようやく話は戻りまして・・
ビジネスの間でも同じことが言えると思うのです。

レールが引かれている偏差値社会での成功者は、必ずしも失敗に慣れているわけではありません。
その失敗から何を学び、次につなげるか?
そして、ビジネスの世界には必ずしも正解はないということ。

その現実を教えながら、次の挑戦を応援する環境づくりが大切です。
そういう環境をつくるのは、社長を筆頭とするマネジメント層の重要な役目だと思うのです。

ボトムアップでは、なかなか失敗を許容する環境づくりはできないものです。
トップから積極的に挑戦を応援し、失敗を次につなげる雰囲気をつくるよう務めたいものです。

そのためにもトップ自身が何らかのチャレンジをしていること。
そして失敗を繰り返しながら成長していることが、何よりの説得になるのでは、と考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
木更津トライアスロンで反省したはずなのに、早くも練習不足の日々。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

社員に認められる社長になるための、最もシンプルな方法

主体性を持たない限り、診断士試験には受かりません

関連記事

  1. 経営を支援する私たちが知っておきたいこと

    経営支援を仕事にしている私たちに、よく言われることの1つ。「顧客を分散してリスクを減らしなさ…

  2. 泥臭い作業を終えた先に見えるもの

    おはようございます。渋屋です。昨日に引き続き、ダイレクトレスポンスマーケティングのセミナーについ…

  3. IoT時代、良きパートナー開拓が肝になる

    「IoT」という言葉が一般紙などに書かれることが多くなりました。経済産業省が押しまくっているのも…

  4. まず身につけたい情報リテラシーとは #407

    おはようございます。渋屋です。昨晩は久々に仕事で帰宅が遅くなってしまいました。残業癖が復…

  5. あなたの感覚、死んでいませんか?

    エネルギーが不足してきたら食欲が出てきたり、睡眠が不足してたら眠くなったり。ちょっとした一言…

  6. 人生で最も長く、最も深い「旅」に出ています

    オリンピックや高校野球など、スポーツが盛り上がっていますね。私は普段、ほとんどテレビを観ない生活…

  7. なかなか「自分は頑張っている」と認められない理由を考えてみた

    「もっとやれるハズなのに」「どうして出来ないんだろう」正直、こういう感情を1日に1回…

  8. 顧客の声を集める理由 #479

    おはようございます。渋屋です。2日間の戦略BASiCSセミナーが終わりま…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP