menu

中小企業診断士(士業)の仕事分類

LINEで送る
Pocket

中小企業診断士の仕事は、他の士業と比べると
多様性が著しく高いのではないか?と思います。

独占業務や専門性が全くないからです。


とは言え、他の士業やコンサルタントが見ても
使えるのでは、という仕事の分類をしてみます。

1つは顧客が誰か?という視点です。

・法人
・個人
・自治体などの公的機関

私はこの3つに分けて仕事をしています。

ひとり社長を法人とするか、個人とするかは微妙ですが、
個人はフリーランスや会社員などが対象です。

私の場合、現時点では法人売上の割合が最も高く、
個人・自治体が月によって上下します。


次の軸は、自分がどういう関わり方をするか?です。

こちらの方が分類に悩んでいるのですが、大まかには

・マネージャー
・サポーター
・作業者(プレイヤー)

と位置付けています。

コンサルティング(面談)を行って、
顧客に主体的に動いてもらうのは、サポーターです。

顧客先に入り込んで、プロジェクトの一員として動くのが
作業者(プレイヤー)です。

私は今まで、この2つを仕事によって使い分けていました。
ここにもう1つ、マネージャーという層を追加してみました。

狭義の「管理」という意味ではなく、
広い意味で「人を動かす」立場として定義しています。

つい最近、このマネージャーの仕事を増やしたのです。


2つの軸を掛け合わせると9つの仕事分類ができます。

・法人向け
・マネージャー
・サポーター●
・作業者(プレイヤー)●

・個人向け
・マネージャー
・サポーター●
・作業者(プレイヤー)

・自治体などの公的機関向け
・マネージャー●
・サポーター●
・作業者(プレイヤー)

私が現在やっているのは、●の印をつけた5種類の仕事です。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、
自分にとって最も居心地のいい
ポートフォリオを組もうとしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

生涯現役であり続けたい

オフショアの利用には「期限」がある

関連記事

  1. なぜ安いコンサルティングでは効果が出ないのか?

    士業を全面に押し出すと、相場の価格感に支配されてしまいます。「あ、中小企業診断士だったら、2…

  2. 戦友って、ホントに大事

    昨日、あるビジネス系セミナーで一緒だった方と4年振りに再会しました。年齢が一緒。元シ…

  3. コンサルタントを使い尽くす

    コンサルティングを受ける人にも大きく分けて2種類いると感じるようになりました。コンサルを…

  4. 独立後、再び会社員に戻る人

    読者の方よりご質問をいただきました。「独立後食べていけるまでになる方は 全体の何割くらい…

  5. 取り敢えず門を叩いてみれば、道は開ける

    一昨日のセミナーでご質問を頂きました。■「顧客とつながっている組織に入ることのメリッ…

  6. 独立して、いくらの売上が必要ですか?

    あなたは、毎月いくらの売上が必要ですか?■セミナーやコンサルティングのときなど、この…

  7. 売りに来る人と、買いに来る人

    昨日、多くの社長が集まる場所に居たので、ふと「売りに来る人」と「買いに来る人」が居るのではないか…

  8. 資格以外の技を持っていますか?

    資格を取ると、それ自体が1つのスキルになります。■中小企業診断士であれば、経営コンサルタ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP