menu

中小企業診断士(士業)の仕事分類

中小企業診断士の仕事は、他の士業と比べると
多様性が著しく高いのではないか?と思います。

独占業務や専門性が全くないからです。


とは言え、他の士業やコンサルタントが見ても
使えるのでは、という仕事の分類をしてみます。

1つは顧客が誰か?という視点です。

・法人
・個人
・自治体などの公的機関

私はこの3つに分けて仕事をしています。

ひとり社長を法人とするか、個人とするかは微妙ですが、
個人はフリーランスや会社員などが対象です。

私の場合、現時点では法人売上の割合が最も高く、
個人・自治体が月によって上下します。


次の軸は、自分がどういう関わり方をするか?です。

こちらの方が分類に悩んでいるのですが、大まかには

・マネージャー
・サポーター
・作業者(プレイヤー)

と位置付けています。

コンサルティング(面談)を行って、
顧客に主体的に動いてもらうのは、サポーターです。

顧客先に入り込んで、プロジェクトの一員として動くのが
作業者(プレイヤー)です。

私は今まで、この2つを仕事によって使い分けていました。
ここにもう1つ、マネージャーという層を追加してみました。

狭義の「管理」という意味ではなく、
広い意味で「人を動かす」立場として定義しています。

つい最近、このマネージャーの仕事を増やしたのです。


2つの軸を掛け合わせると9つの仕事分類ができます。

・法人向け
・マネージャー
・サポーター●
・作業者(プレイヤー)●

・個人向け
・マネージャー
・サポーター●
・作業者(プレイヤー)

・自治体などの公的機関向け
・マネージャー●
・サポーター●
・作業者(プレイヤー)

私が現在やっているのは、●の印をつけた5種類の仕事です。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、
自分にとって最も居心地のいい
ポートフォリオを組もうとしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

生涯現役であり続けたい

オフショアの利用には「期限」がある

関連記事

  1. 仕事は人の間で流れている

    独立を検討していた会社員の頃、ある方から「仕事は同じ層の人たちの中で対流している」…

  2. フリーランスとは総合格闘家である

    久しぶりに年末にテレビで格闘技をやっていました。旅行中だったのでビデオに録画し、昨日から観ていま…

  3. 診断士がセミナー主催を成功させるステップ(その1)

    こんにちは、渋屋です。「診断士のタマゴ」(実践編)、セミナー主催について書いています。セ…

  4. 中小企業診断士とブログの関係

    昨日は、中小企業診断士に良く読まれている雑誌『企業診断』の座談会でした。テーマは「ブログ」。…

  5. 自分の意思決定基準をつくる

    私が経営者や独立志望の方に「インサイトマップセッション」を行なうのは理由があります。…

  6. 士業が稼げないのは、お金の使い方が間違っているから

    士業の集まりに行くと、こう書いては何ですが、「貧乏くさい」と感じてしまうことがあります。当然です…

  7. 中小企業診断士受験:時間を一気に省略する方法

    私の師の言葉に「お金で時間を買う」があります。人生で唯一と言っても良い有限な資源である「時間」を…

  8. 顧客と直接の関係を結ぶことが最初のステップ

    昨日、中小企業診断士を取得した(する予定)の方々に向けてメッセージを書きました。自分…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP