menu

神奈川・横浜でIT企業支援の仲間を集めます

LINEで送る
Pocket

経営支援の対象をIT関連企業に特化させてから数ヶ月。
幅広く様々な業界を支援していたときに比べて、よりきめ細かな課題が見えてきました。

IT企業を一緒に支援する仲間を増やすために、まずは定期的なセミナー&ミーティングを始めることにしました。

 

IT企業が抱える課題例

他の業界同様、資金繰りや人材、あるいは販売促進の課題は、多かれ少なかれ、どの会社にもあります。

その上で、例えば受託開発を生業とする企業の場合は、無駄な価格の叩き合いがあります。
未だに価値ではなく、時間を売ってしまうのです。
見積金額の叩き合いをすることで、その時間を削ってしまう。

でも、顧客がシステムに求める要件は実際には減らないことがほとんど。
結果として安い金額で、必死にシステムを開発することになってしまうのです。
そして、システム開発をするエンジニアが疲弊していくことにつながります。

こんな悲しいニュースが出るのも、このような業界構造に拠るものです。
いい加減、業界構造を変えるほどのテコ入れが必要なときだと感じています。

この他にも、具体的な問題が多々あります。
でも、私一人では何もできません。
それに1社1社、個別に支援していくにも限界があります。

個の支援だけでなく、面の支援が必要なのでしょう。
そのため、思いを共にする仲間を増やしていく必要性を感じています。

 

想定する仲間・スキル・マインド

想定する仲間は、以下のようなスキルを持った人たちです。

  • 中小企業診断士
  • 税理士・公認会計士
  • 社会保険労務士
  • 弁護士
  • 弁理士
  • 行政書士
  • エンジニア
  • マーケティング
  • デザイナー
  • Web制作

全て、私がIT企業を支援していて、「仲間に居てくれたらなぁ〜」と感じたことがあるスキル(資格)です。
言うまでもなく、上記のうち、私ができることはごく一部です。

ただ、特に士業はITに疎い人が多いのが実情です。
IT業界に詳しい人となると、さらに数が減ってきます。

例えば受託開発をしている企業が、オフショアを活用しようとしたとき、どんなリスクが発生するか?
今までウォーターフォール型で開発していた会社がアジャイル開発にシフトしたら?
そういうことをイメージできる士業には、ほとんど出会ったことがありません。

だからセミナーをやりながら、仲間を募ることにしたのです。
マインドとしては、新しいことにチャレンジできる人。
変化を受け入れられる人。
自分一人の成功にこだわるのではなく、皆の成功に貢献できる人です。

 

ITセミナーを始めます

そんなわけで、「IT企業を支援したい!」「IT業界を変えたい!」という想いのある方を対象に、セミナーを始めます。
現時点でのIT企業支援の実績は一切問いません。
今は何も分からなくても、興味があるというだけで結構です。

IT業界で飛び交う不思議な用語を理解するために、私がセミナーで基本的なことをお伝えします。
少しずつIT企業支援の経験者が集まることで、ノウハウも共有できるようになるかもしれません。
(既に中小企業診断士を中心に、士業数名の仲間ができてきています)

なお、私が支援しているのは神奈川、特に横浜のIT企業が多いため、セミナーも横浜周辺でやります。

あ、もちろん士業だけでなく、上述したスキルをお持ちの方。
特にエンジニア、マーケティング(Web)、デザイナーはウェルカムです!
楽しく、世の中を変える集団を作りたいと思いますので、お楽しみに!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
午前中はバイクのパンク修理講座に参加。
初めて自分の手でやってみました。
もう何度かやってみないと、スムーズにはできるようにならないですね。。
(何事も経験ですね、本当に)

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

人間と人工知能(アルファ碁)をエネルギー効率から比較してみる

IT企業同士のオープン・イノベーションを起こしたい

関連記事

  1. 捨てることができる強さ

    おはようございます。渋屋です。引き続きサンフランシスコ出張中です。今日は捨てることが…

  2. 「人は環境の動物」から始める経営

    先週、今週と多くの会社を訪問しています。フリーランス、数人からなる小さな会社から、上場している大…

  3. デバイスは私たちの身体に取り込まれていく

    コンピュータの登場から今日まで、そのデバイスの歴史を辿ると、これから先の流れも想像できます。…

  4. 書籍を作ったときに利用した4つのツール

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(小さな会社のIT活用は、とにかく事例を知ること)では、…

  5. 仕事を細分化してゴールを共有、「残業のない職場を生みだすためのワ…

    昨晩、ビジネスモデル・キャンバスを使ったビジネスモデルデザイン講座に参加してきました。私は普段、…

  6. 真の競争優位性とは #696

    おはようございます。渋屋です。今更ながら、『俺のイタリアン、俺のフレンチ…

  7. セグメント会計、はじめの一歩

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(売上が目標の組織は続かない)では、売上を目標に掲げ…

  8. 経営支援とは1から0(ゼロ)への引き算なのかもしれない

    昨日、経営支援の本質とは、1を差し引いて0(ゼロ)へ戻すことなのかもしれない、と感じました。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP