menu

日常の手間をテクノロジーで減らせないだろうか?

先日、ズボンを買いに出掛けたのに、買わずに帰ってきました。
ズボンの「試着」が面倒くさくなってしまったからです。

 

購入までのハードルを下げる

ウィンドウショッピング好きな女性からすると、私の気持ちは分からないかもしれませんが、
市場調査?を兼ねて、周りの同年代の男性に聴いてみました。
すると大半の人は同じ意見でした。
試着が面倒くさい、というのです。

一般的に何かを購入するまでに、顧客は以下の流れを辿ります。

知る→興味を持つ→比べる→購入する

この流れをスムーズに流れるようにすることが、マーケティングの基本的な考え方です。

ズボンの例に戻ると興味を持つ(店頭で手に取るなど)までは良いものの、
サイズや色などを比較するフェーズにおいて、試着が面倒くさくなり、
流れから外れてしまうことが分かります。

この面倒くさくなるポイントを減らすことが商売繁盛に繋がります。
では、どうすればこのハードルを下げられるでしょうか?
私はIT屋らしく、テクノロジーでハードルを下げたいと思います。

 

試着は本当に必要なのか?

買い物好きな人、アパレルショップに勤めるような人からすると考えにくいと思うのですが、
私個人的には、試着は手間以外の何物でもありません。

私のような人に物を買わせるのであれば、
「試着」をなくすことはできないか?をいう問いを立ててはいかがでしょうか?

試着をする理由は、サイズや動きやすさの確認だと思います。
プロになると肌の色と服の色を・・なんてやるようですが、私にはそんなことは分かりません。

で、サイズと動きやすさの確認だったら、3Dスキャナーがあればできるのではないか?と思うのです。
カラダのサイズを測る。普通に立っているとき姿勢を変えたときです。
そのデータにしたがって、最適なサイズを提案する。
(以前にセブン&アイが取り組んでいましたが、どうなったのでしょう?)
場合によっては、そのデータを元にその人に合った服を作ってしまうこともできるでしょう。

もっと言えば、そのデータは各社で保有するのではなく、アパレル業界全体で保持してもらいたいです。
服屋に行くたびに測定するのは面倒ですので。。

さらに、さらに言えば、体型の変化があるので、定期的な測定は必要でしょう。
健康診断に3Dスキャナーでの体型測定を入れれば、それによる健康チェックができますね。
どうせメタボ確認で腹回りとか測定されるので、3Dスキャナーでそれを代替させれば。
で、そのデータをアパレル業界に売るとか。
(もちろんデータの取扱には注意が必要ですが、私個人的には自分の体型データが流出したところで、何も気にしません)

 

日常の「面倒くさい」をテクノロジーで減らせないか?

試着の例が長くなりましたが・・(本当に面倒なので)
その他、日常的に面倒くさいことは多々あります。

例えば、朝起きてから、顔洗って、寝癖を直す時間。面倒です。
女性が毎朝、化粧するのも、面倒そうに見えます。(私だったら嫌だ)
もうすぐ春休み、子どもの弁当を作るのが面倒だ!という声が聴こえてきます。

このように面倒なこともテクノロジーで減らせないか?と思うのです。
朝、起きる時間になったら、勝手に顔を清潔にしてくれて、寝癖を直してくれる機械、欲しいです。
速攻で化粧してくれるロボットがあったら、売れるんじゃないでしょうか?
朝、冷凍庫から出すだけで、お昼にはいい感じのお弁当になる・・ってないんでしょうか。
(もっと言えば、詰替え不要がいい)

「どこまで怠けるんだ?」という声が上がりそうですが、
私は子どもの頃から超絶な面倒くさがり屋だったので、気にしません。
(チャンネルを変えるのが面倒という理由で、大人向けのテレビを観ていたことも)

何よりも、これからはやらなければならないことが本当に増えてきます。
労働人口が減り、少子高齢化で、現役世代の負担は2倍・3倍と増えていきます。
そんなときに、日常の些細なことに時間をかける余裕はなくなります。
そういう時間を減らし、いかに仕事や余暇など、人生の質を上げることに時間をかけられるか。

その点でテクノロジーに期待されていることは多いと思うのです。
そう、ビジネスチャンスだらけですよ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
同じ日、靴も買いに行ったのですが、同じく試着が面倒で買わず。
流石に妻に呆れられました。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

事業の目的を定め、意思決定基準を固める

まだコミットが足りなかった!

関連記事

  1. 経営戦略は、アナログか?デジタルか?ではなく、どっちも

    「ついに!」というか、「もう来たか!」というべきか。以前より推測されていたことではありましたが、…

  2. FAXは、そろそろ消えても良いんじゃないでしょうか?

    おはようございます。渋屋です。NTT東西がSOHO向け感熱紙FAXにネット対応の後継機を出したそ…

  3. 出版の新しいカタチ:『人工知能、ロボット、人の心。』

    おはようございます。渋屋です。今日はITトレンドを把握する上で外せない、「人工知能」についてです…

  4. ITでスモールビジネスを元気にする会(仮称)を設立します

    以前からやりたいと思いつつ、いつもの重い腰やら何やらで、やれていなかった会を立ち上げることにしました…

  5. ITは魔法の杖ではない

    システムを導入する現場を数多く見てきて感じることがあります。新たにシステムを導入しようとする人も…

  6. Facebookで不意にタグ付けされるのを防ぐ方法

    こんばんは、渋屋です。今日は妻がリレーマラソンに参加。妻は、家族…

  7. 紙の本と電子書籍はどちらが良いのか?

    実に良く聴く議論の1つ。「紙の書籍と電子書籍(Kindleなど)とどちらが良いか?」私は、こ…

  8. いつまでクラウドを怖がっているのですか?

    システムをクラウドに置く流れが加速しています。MUFGすらシステムをAWSに移すと。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP