menu

客数を増やす必要ありますか?

こちらの記事で売上を伸ばすには、5つの方法があると書きました。


売上=客数×客単価 です。

客数を増やすのは、

・新規顧客を獲得する
・既存顧客を維持する(流出を止める)

の2つ。

客単価を増やすのは、

・購買頻度を上げる
・購買点数を増やす
・商品の単価を上げる

の3つです。

売上を上げるには、この5つを選び、組み合わせながら策を練る必要があります。


売上を伸ばしたいという方(会社)と話をすると、
だいたい、新規顧客を獲得するアイデアを出してきます。

他の4つの選択肢を検討した上で、新規顧客を開拓するという策に至ったのであれば問題ありません。
独立・起業直後は、新規開拓しないと始まりませんし。

でも独立・起業直後を除き、そんなケースには出会ったことがありません。
他の選択肢は考えられていないケースがほとんどです。


繰り返しますが、

売上=客数×客単価 です。

新規顧客を攻めずとも、できることは他にもあります。

一般的に、既存顧客に再度アプローチするコストは、
新規顧客にアプローチするコストよりも、圧倒的に安いものです。

一度離れてしまった顧客に再度アプローチする。
そしてあなたのファンになってもらう。

そのためにできることはないでしょうか?

新規顧客が足りないのではなく、
単に既存顧客を取りこぼしているという現実。

ここに目を向けなければ、穴の空いたバケツに水を入れ続ける苦労をすることになります。

新規顧客の獲得を考える前に、
既存顧客の流出を食い止める。

あらゆるビジネスに通じる原理原則だと考えています。

美しい商売を追い求めつつも・・

外部環境に目を向けてみると・・

関連記事

  1. 忙しすぎじゃないですか?

    公的支援機関で働く知人と会話していたときのこと。その彼は平日日中は、様々な支援機関でのス…

  2. まだコミットが足りなかった!

    一昨日、起業直後にも関わらず、あっという間に会社員時代の年収を上回る受注を獲得した若者のセミ…

  3. 自分の買い物経験を価値に変える

    マーケティングのコンサルタントに共通する特長は、買い物が多いことだと感じています。■…

  4. 情報発信で得られるもの

    独立している者として、情報発信をし続けてきたことによって得られるものの価値は、計り知れません…

  5. スキルアップは仕事ではない

    資格をとってまで勉強する人や、会社以外に大学・大学院・予備校にまで通う人は、本当に勉強熱心で…

  6. 巨人の肩に乗る

    私たちは過去の偉人たちが生み出した思想や知識の上で生活しています。■アイデアを出すときも同じ…

  7. 好きなことで独立できますか?

    こういう仕事をしているので、「好きなことで独立できますか?」と聴かれることがあります。…

  8. 公的機関の仕事を選ぶときの基準

    中小企業診断士などの士業は、公的機関の仕事を紹介してもらいやすい立場にあります。■私…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP