menu

「雇われない生き方」の次の時代

LINEで送る
Pocket

『フリーエージェント社会の到来』という本があります。


2002年に出た本で、その後、アメリカでは本当に
フリーで働く人が増えたそうです。

日本でも最近はフリーで働く人は増えていて、
その辺りの情報は中小企業白書・小規模企業白書にも
書かれるようになってきました。

いわば、「雇われない生き方」の時代になっているのです。

このメルマガも、見方を変えれば「雇われない生き方」の
実現を支援するメディアとも言えます。
まだまだ「雇われない生き方」を目指す人は増えるでしょう。


ただ、実際にフリーで働いていて感じることなのですが、
そろそろ、「雇われない生き方」の次の時代を
見据えておいても良いのでは、と。

私はチームで動いたときのパワーを知っています。

例えば、先月参加したトライアスロンのレース。
自分ひとりだったら、絶対に途中でリタイアしていました。
仲間がいたからこそ、出し切れたのです。

何か美味しいものを食べたとき、
「ウマっ!!」と皆で感動を分かち合えるのも
周りに仲間がいるからです。
ひとりだったら、そこまでテンションは上がらないでしょう。

感動は、仲間がいれば、それだけ倍増するのです。


そう考えると、「雇われない生き方」が実現した次の時代は、
感動をシェアできる小さなチームの時代が来るのかも。

実際、ひとりでできる仕事には限りがあります。
私自身、各方面の専門家を頼る仕事も多いのです。
ただ、このつながりが専門性だけでなく、
感動のような感情面で、強くなっていくのでは、と感じています。

現実に、凄まじいパフォーマンスを発揮する小さなチームの存在を
目にすることが増えてきたと感じています。
小さな会社の場合もあれば、フリーランスの集まりのときもあります。

7人の侍とか、アベンジャーズのようなイメージでしょうか。

人とつながることによって、ひとりで働くときと比べて、
精神的な自由が損なわれるかもしれません。
その辺りのバランスを取りながら、
時代や個々人は変化していくでしょう。



【セミナー】
12月18日(月)経営塾

モノよりもココロの時代だからこそ自己探求を

試験に対する反応で分かる、合格後に活躍する人・しない人

関連記事

  1. ビジネスを発展させるただ1つの方法

    ビジネスを発展させるためには。昨日、友人と話をしていて、つくづく感じました。■結…

  2. 世間が休みのときにどう過ごしたか

    フリーランスの働き方は自由です。GWのように大型連休のときほど、その働き方に差が出るのではな…

  3. 気づいてもらうのに必要なこと

    「教えないコンサルティング」シリーズが続いています(笑)■顧客の成果にフォーカスするから…

  4. 考えるよりも、感じること

    私は何か新しいことを身につけるときに大切にしている方法があります。■最初は考えて身に…

  5. 確定申告という無理ゲーを終わらせたい

    この時期、私の周りのフリーランスは確定申告に追われているようです。■私は毎日、自分の…

  6. スキルアップは仕事ではない

    資格をとってまで勉強する人や、会社以外に大学・大学院・予備校にまで通う人は、本当に勉強熱心で…

  7. コンサルタント以外の名前を探してみる

    社長の中には、「コンサルタント」という名前を徹底的に毛嫌いしている人がいらっしゃると感じています…

  8. 会社員に戻るという選択肢はあるのか?

    少し前のこと。私の1年後に診断士合格した仲間が独立しました。■ある公的機関での仕事に…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP