menu

社員より上に立ちたがる社長、そのコミュニケーションに問題があります

LINEで送る
Pocket

社長と社員のコミュニケーション。
社長の悩みトップ3に入ることではないでしょうか。

表面的には「社員が思うように働いてくれない」「もっと自主的に動いて欲しい」という悩みであっても、
その深層を掘り下げていくと、大概、コミュニケーションの問題に辿り着きます。

そんなコミュニケーションの問題ですが、
大前提として、社長の「立ち位置」が問題になっていることがあります。

 

王様になりたがる社長

社長は社長です。
「何、当たり前のことを」と言われるかもしれませんが、
社長が社長であることなんて、主張しなくても社員は分かっています。

にも関わらず、「俺(私)は社長だぞ!」という姿勢を社員に見せ付ける社長に、
幾度となくお会いしたことがあります。

社員の立場からすれば、そんな主張などしなくとも、分かりきっているのです。
なのに、無駄な主張を繰り返されることで、無理やり人の上に立とうとする姿を見て、
信頼する気も、尊敬する気も失っていきます。

なお、こういう社長は、お客様を前にすると、恐ろしく腰が低くなる特徴があります。
お客様と自分の間にも上下の関係を意識しているのです。

 

社長と社員は、横の関係

社長・社員とか、上司・部下などという「縦の関係」を無理やり作り出すことに、何の意味があるでしょうか?

確かに社員と比べると、社長の責務は重いものです。
何か事故があったとき、法的な問題が発生したとき、キャッシュが底を突いたとき、
その責任は社長の肩に重くのしかかってきます。

社員にも言えない苦しみ。
そんな話を聴くたびに、私は世の中の社長達を心から尊敬しますし、応援したくなります。

ただ、その苦しみを社員が本当に理解することは、ほとんどできないのです。
「親の心子知らず」ではありませんが、社長と社員の間には圧倒的な情報の差があります。
そして覚悟の差もあります。

社長の責任の重さ。
これは紛れもない事実ですが、だからと言って社員との間に「縦の関係」を作り出すのは、別の話でしょう。

社長と社員の関係は、役割の違いでしかありません。
そう捉えた方が、社員とのコミュニケーションは上手くいくと感じています。
コミュニケーションの上手い社長は、縦ではなく「横の関係」を社員との間に築いています。

 

社長として経営をする

では、どうやって横の関係を築くのでしょうか?
私は社長が社長としての役割を全うすることだと思っています。

  • 社長としてミッション・ビジョンを掲げる
  • 社長として戦略を描く
  • 社長としてトップ営業を行なう

etc

得意・不得意はあるでしょうが、こういったことを社員に丸投げしてはいけません。

しかし、「売上目標は昨年比20%アップで!」という戦略も何もない目標を掲げて、
(つまり頭を全く使っておらず)
あとの行動は社員任せ、というような丸投げスタイルを何度も見て来ました。

社員は恐ろしいほど、こういうところをよく見ています。
社長が社長の役割を果たしていないのに、「縦の関係」を築こうとするから、
コミュニケーションが上手くいかないのです。
社長・社員に関わらず、お互い人間同士ですから、コミュニケーションの根底にあるのは「信頼」です。

まずは社長としての役割を果たそうとする。
もちろん、完璧である必要はありませんし、社員に意見を求めた方が良いでしょう。
ただ、あくまでも社長としての役割を全うするのは、最後は社長です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
一昨日レース後、予想以上の筋肉痛が。。
昨晩も早く寝ましたが、今朝もまだまだカラダが痛いです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
9月25日(月) マーケティング塾(第1回)

今シーズンの締めくくりに!日帰りできる東扇島トライアスロン体験記

社長が社員のやる気を削ぎ落としてしまう組織運営とは

関連記事

  1. 人とのつながりから、これまでの活動を振り返ってみる

    昨日は、アイデンティティの専門家である生田知久さんをお招きしてセミナーを行いました。参加頂いた皆…

  2. 利益を目標とする会社は崩れやすい(東芝のニュースから感じたこと)…

    連日、東芝のニュースが流れていますね。事実がちゃんと整理されていない状況なので、それに対して直接…

  3. 社長の姿勢が組織に影響する「こんな小さな会社ですみません・・」っ…

    色んな会社を訪問し、コンサルティングをする中で、社長と社員の間のコミュニケーションに疑問を抱くこ…

  4. 「自己ベスト更新」を応援する組織

    一昨日、アジャイル開発の実践者である戸田さんのお話を聞いてきました。私が惹かれたのは、システム開…

  5. 普通の人で良かった

    最近、「自分が普通の人で良かった」と心から思っています。持たざる者私は幼…

  6. 企業活動と情報システムの関係

    昨日は企業活動の基本について書きました。今日は、その企業活動と情報システムがどのよう…

  7. 「満員電車ゼロ」に必要なのは電車などのインフラ整備ではない

    小池都知事の公約「満員電車ゼロ」が話題になっています。満員電車が多くの人にとっての大きなストレス…

  8. その顧客が裏に望むこと #488

    おはようございます。渋屋です。このところ、連日帰宅が遅かったのですが、昨…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP