menu

最初の課題は、真の課題ではない

LINEで送る
Pocket

コンサルティングをする上で、一番気にしているのは、
顧客が言う課題の奥底を読むことです。


というのも、顧客が最初に言う課題の99%は、
真の課題ではありません。

私自身がコンサルを受けるときも、
今まで一度の例外もなく、真の課題を後から指摘されるか、
話していて、自分で気付くかです。
それだけ、最初に思い浮かんだ課題は、真の課題ではないのです。

考えてみれば当然なのですが、潜在意識に隠れている
課題は、自分ひとりの力で発見するのは大変です。
日頃考えている、表面的なことしか出て来ないんですね。

それにコンサルティングとは言え、コミュニケーションですから、
心のどこかで最初から重たいものを投げかけられないという、
心理的なブロックがかかっているのかもしれません。


そんなわけで、コンサルの成否は、
真の課題探しにかかっていると感じています。

まずは話をしっかり聴いて、
顧客が話しやすい環境を作ること。
途中でさえぎったりせずに、最後まで聴くように
気をつけています。

また、うなづきながら話を聴くだけでなく、
時折、質問を投げかけるようにしています。
そうすることで、顧客が真の課題にたどり着くことを
サポートできます。

ここで大事なのが、先日ご紹介した、
コンサルティングの「型」を持つことです。
流れを作り、適切な質問を投げかける
仕組みをコンサルティングの中に埋め込むようにします。

これは量稽古が必要ですから、
私自身、まだまだ練習中です。


ちなみに、最初に出てきた課題は、
真の課題に対するシグナルだと思っています。

何か課題を感じるということは、
その奥底に何かが眠っているということ。
だから、その奥底を探っていくのです。

悩み事が生まれるたびに「面倒だ」と思うのではなく、
「真の課題に取り組むチャンス」と考えられれば、
いち早く、次のフェーズにたどり着けそうですね。



【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

大企業の役職者は意識を変えないと危険

真摯さが求められる背景:ドラッカー読書勉強会レポート

関連記事

  1. 公的機関の仕事を選ぶときの基準

    中小企業診断士などの士業は、公的機関の仕事を紹介してもらいやすい立場にあります。■私…

  2. 仕事日をカレンダーに任せない

    独立すると仕事をする日、休む日を決めるのも自分自身です。■年末年始に入ったからと…

  3. 資格を外すと、ビジネスモデルが出来上がる

    自分がどんなビジネスをやりたいのか?独立・起業で最初にぶち当たる壁はここだそうです。しか…

  4. コンサルタントやセミナー講師に必要な自信

    昨日の記事で、セミナー講師ができないなら、まずは司会などで慣れることをお勧めしました。■…

  5. 時間軸を先に飛ばせるか

    仕事のできる方に共通しているのは、時間軸を遠くに飛ばせることでしょう。■コンサルタン…

  6. セミナーをやるときに意外とハマること

    初めて自分でセミナーを主催したとき、思わぬところでハマり、なかなか開催できませんでした。…

  7. どっちかじゃなくて、どっちも

    ポケモンGoの爆発的人気で、拡張現実(AR)が世の中一般的に受け入れられました。こんなブ…

  8. 勝手にメールを送りつける嫌がらせはしません

    色々なところで人と出会い、名刺交換していると、避けられない「迷惑」があります。■お願…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP