menu

公的機関の仕事を選ぶときの基準

中小企業診断士などの士業は、公的機関の仕事を
紹介してもらいやすい立場にあります。


私も独立したとき、いくつか紹介され、
そのうち一部は実際にやってみました。

すぐに辞めたものもあれば、
今でも続けているものがあります。

その選択基準とは何でしょうか?

ちなみに昨日のブログでは、
収入面から見た紹介・公的機関業務の割合について
書きました。

紹介や公的機関の仕事の割合をコントロールする


公的機関の仕事は、ガチガチにその業務内容が
決められているものもあれば、比較的ゆるいものもあります。

私はガチガチなものは選びません。
工夫の余地がないからです。

提出する書類や、その様式までガッチリ決められていて、
社長と会ったときも、やることが決められてしまっている。

そんな仕事があります。

でも私は、そんなにガチガチに縛られるなら、
「誰が対応しても同じ」と思ってしまうのです。


公的機関の仕事は、上でご紹介したブログ記事でも
書きましたように、独立直後の生活費を稼ぐ役割があります。

その他には、自分では見つけにくい自分の強みを発見したり、
「顧客の声」をいただいたりすることもできるでしょう。
工夫をすることで、自分なりのサービスを作るネタにもなります。

ただ、これらはサービスの細かい内容は任されているものでしか
実施できません。

だから、私はゆるいサービスを選んでいるのです。
どうせやるなら、そこでも自分らしさを発揮しつつ、
顧客に貢献したいものですね。

社長が欲しいのは売上

アーリーリタイアなんてとんでもない!

関連記事

  1. やってみなければ分からないこと

    以前、「セミナーを主催するためのセミナー」を行いましたがつい先日、そのシェア会を行いました。…

  2. 先に価値を届けまくる

    事業を始めたばかりの頃は、あまり仕事が多くありません。どちらかと言えば、時間を持て余…

  3. コンサルタント独立に必要な3つのモノ

    コンサルタントとして独立するとき、それまでは頼っていた会社の看板がなくなることに気付きます。…

  4. 「森羅万象は学べない」からこそ必要なこと

    自分のやりたいこと、実現したいことのレベルが上がるにつれて、世の中の全てのこと(森羅万象…

  5. 補助金ビジネスに対する私のスタンス

    かつて、補助金のビジネスに関わっていました。でも、今はやっていません。私なりに理由があるから…

  6. 売れないのには、ワケがある

    残念な告白です。■残念ながら、私のコンサルティングの顧客全員が、売上をアップさせたわ…

  7. 「2:8」の世界から「1:99」の世界へ

    これからは、きっとこういう世の中になるんだろうな、というイメージがあります。■私は日…

  8. コンサルタントは労働集約な仕事

    コンサルティングだけをやっていると、自分の事業が労働集約型の仕事だとつくづく思います。私…

最近の記事

PAGE TOP