menu

情報発信でコンテンツ以上に求められるもの

LINEで送る
Pocket

私たち士業は、情報発信をするときに、
ついつい専門分野について書いてしまいます。


もちろん、専門家ですから、
専門分野について書くことは必要です。

ただ、専門分野の記事だけですと、
教科書を読むのと大差ありません。

顧客から見れば、「その他大勢」と同じ人として
扱われてしまうのです。


何より、顧客は情報発信者に対して構えています。

「変な物を売りつけられるんじゃないか?」

そういう目で、私たち情報発信者を見ています。

あなたが、新しいメルマガを購読するときも、
最初はそういう目を持っていませんか?

私は、間違いなく持っています。


だからこそ、単なる「情報」だけでなく、
あなたという「人間」を見せる必要があるのです。

このメルマガの最初に【活動報告】を書いているのは、
私の活動にリアリティを感じてもらうためです。

ブログにマラソンやトライアスロンの記事を書くのは、
私というキャラクターを知ってもらいたいからです。

顧客にとって、直接役立つ「情報」と、
その発信者である「私(キャラ)」を上手く織り交ぜて、

継続的な情報発信を目指しています。


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

メルマガ『非常識なコンサルタント』バックナンバー公開します

あなたのめざす影響範囲はどのくらいですか?

関連記事

  1. 「2:8」の世界から「1:99」の世界へ

    これからは、きっとこういう世の中になるんだろうな、というイメージがあります。■私は日…

  2. 積極的ポジショントークの勧め

    「ポジショントーク」には、どういう印象をお持ちでしょうか。一般的には、「何かを買わされる」「…

  3. 公的機関の仕事を選ぶときの基準

    中小企業診断士などの士業は、公的機関の仕事を紹介してもらいやすい立場にあります。■私…

  4. 明確な数値(売上)目標を掲げた効果

    1月の目標達成率が約90%に留まってしまった理由。1つは、年初に新しい仕事の立ち上げで思…

  5. セミナーを主催して得られること

    私はこれから独立を目指される方、あるいは副業から始めてみる方には、セミナーを主催することをお…

  6. 独立したら自分らしくありたい

    昨日、ブログのタイトルを変えました。■今までは「大きく考え、小さくはじめる」。ずっと…

  7. 組織から個へ、そして個からチームへ

    会社という組織から離れ、ひとりで働く道へ。このメルマガで最も多く出てくるシーンです。ただ…

  8. 無条件の理想を掲げる

    自分に対しても、顧客に対しても意識していること。■一切の制約条件を抜きにして、ありた…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP