menu

情報発信でコンテンツ以上に求められるもの

LINEで送る
Pocket

私たち士業は、情報発信をするときに、
ついつい専門分野について書いてしまいます。


もちろん、専門家ですから、
専門分野について書くことは必要です。

ただ、専門分野の記事だけですと、
教科書を読むのと大差ありません。

顧客から見れば、「その他大勢」と同じ人として
扱われてしまうのです。


何より、顧客は情報発信者に対して構えています。

「変な物を売りつけられるんじゃないか?」

そういう目で、私たち情報発信者を見ています。

あなたが、新しいメルマガを購読するときも、
最初はそういう目を持っていませんか?

私は、間違いなく持っています。


だからこそ、単なる「情報」だけでなく、
あなたという「人間」を見せる必要があるのです。

このメルマガの最初に【活動報告】を書いているのは、
私の活動にリアリティを感じてもらうためです。

ブログにマラソンやトライアスロンの記事を書くのは、
私というキャラクターを知ってもらいたいからです。

顧客にとって、直接役立つ「情報」と、
その発信者である「私(キャラ)」を上手く織り交ぜて、

継続的な情報発信を目指しています。


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

メルマガ『非常識なコンサルタント』バックナンバー公開します

あなたのめざす影響範囲はどのくらいですか?

関連記事

  1. 顧客のことをどれだけ知っているか?

    自分の顧客が誰か?を定義できたら、次に確認すべきは、顧客のことをどれだけ知っているか?…

  2. 真の課題を抽出するまでが勝負

    コンサルティングをする上で、一番注意するところはどこでしょうか?■私は真の課題を抽出…

  3. レベルアップが止まりません

    昨日は、コンサルティングをするものなら、知識や体験の仕入れを止めないようにしましょう、と…

  4. 絞る前に広げまくるのもアリでは

    昨日の午後は初めての経営革新計画の支援でした。珍しく、士業っぽい仕事です(笑)■この…

  5. 士業に欠けているもの

    このメルマガを読んで下さる方なので、既にお気付きのことと思いますが、士業には致命的な弱点…

  6. これまでの動きがつながった先

    昨日、あるセミナーの音声を聴きながら電車の外をボーっと眺めていたとき、突然衝撃が走りました。…

  7. 乗り越えたいライバルは居ますか?

    今年に入ってから、今までになかったほど、色々な方から学ばせていただいています。■ただ…

  8. 値決めとはセルフイメージとの戦い

    値決めは経営であるとは、稲盛さんの名言だと思います。■さらに付け加えたいのですが、…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP