menu

情報発信でコンテンツ以上に求められるもの

LINEで送る
Pocket

私たち士業は、情報発信をするときに、
ついつい専門分野について書いてしまいます。


もちろん、専門家ですから、
専門分野について書くことは必要です。

ただ、専門分野の記事だけですと、
教科書を読むのと大差ありません。

顧客から見れば、「その他大勢」と同じ人として
扱われてしまうのです。


何より、顧客は情報発信者に対して構えています。

「変な物を売りつけられるんじゃないか?」

そういう目で、私たち情報発信者を見ています。

あなたが、新しいメルマガを購読するときも、
最初はそういう目を持っていませんか?

私は、間違いなく持っています。


だからこそ、単なる「情報」だけでなく、
あなたという「人間」を見せる必要があるのです。

このメルマガの最初に【活動報告】を書いているのは、
私の活動にリアリティを感じてもらうためです。

ブログにマラソンやトライアスロンの記事を書くのは、
私というキャラクターを知ってもらいたいからです。

顧客にとって、直接役立つ「情報」と、
その発信者である「私(キャラ)」を上手く織り交ぜて、

継続的な情報発信を目指しています。


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

メルマガ『非常識なコンサルタント』バックナンバー公開します

あなたのめざす影響範囲はどのくらいですか?

関連記事

  1. 社長が積極的に卒業する時代

    このところ、社長が会社を卒業するケースを何件も見ました。■どのケースにも共通しているのは…

  2. 自分で仕事を獲得する、たった1つの方法

    独立を検討している方とお会いすると、ほぼ100%聞かれること。「どうやって仕事を獲得して…

  3. 独立時の商売ネタに困るのは、いたって普通のこと

    独立したいと考えている人にとって、一番の悩みは「商売のネタが思い浮かばない」ことだそうです。…

  4. 左脳と右脳の両刀遣いでコンサルティングが変わる

    コンサルタントと言えば、左脳を使う論理的な仕事。「ロジカルシンキング」とか、外資系コンサルとかが…

  5. コンサル合戦が面白い

    昨日、仲間5名で集まって、お互いにコンサルティングを行いました。■1回30分とい…

  6. 活動基地を持つとラクになる

    フリーランスとしてひとりでビジネスをやっていると、「活動基地」があるとラクになります。■…

  7. コンサルティングの「型」を持つ

    何事にも、最初にチャレンジするときには「型」を身につける必要があります。■ランニング…

  8. 自分という商品への想い

    コンサルタントに限らず、サービス業をひとりでやっていると、「自分」が商品であることを痛感します。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP